2018年02月26日

久々の再会

学生時代の友人と数年ぶりに会いました。
最後に会ったのは、共通の友人の結婚祝いのプレゼントを一緒に見た時以来で、、たぶん7年くらいは経っていたと思います。
お互いの家から電車で30分のところで落ち合える距離に住んでいながら、なんだかんだと忙しくしているうちに連絡を取らなくなっていました。
毎年送りあう年賀状に「今年は会いたいね!」と書く、自分の行動力のなさが自分でもいやになり(苦笑)こちらから連絡を取ったのでした。

高校1年生の時のクラスメートで、高校卒業後の進学先の土地に一緒に出てきて(学校は違います)、そのまま就職して、結婚して、、という貴重な友人です。

わたしの地元には、幼稚園時代、小学校時代から付き合いの続いている友人がいます。
キキやシナモンが成長するにつれ、今、まわりにいる友人の中から同じように長く付き合いの続く友人ができるのかな?と思うとわくわくしますね。
社会人になってからできた友人の方が多い人もいるそうですが、わたしに限って言えば断然学生時代の友人の方が多いです。

*****

中学校の卒業がいよいよ2週間後に迫ってきたキキ。
この3年間、中学校生活を存分に楽しんできました。
話を聞いていると、わたしの中学校生活より何倍も楽しそうです。
クラスの男女の仲もいいので、いろんな話をするみたい。
中学校を卒業して、クラスの友だち、部活の仲間と離れ離れになるのはさみしいと言っていますが、昔と違って今は、進路が違っても、ずっと繋がっていられるツールがあるからいいですよね。
posted by ナツメグ at 12:42| Comment(0) | わたしのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

期末テスト中とは思えない

キキの中学校、今日が期末テスト3日目(最終日)です。
こんなに気楽な感じで迎えている期末テストって今までなかったです。
なぜかって、今回の期末テストはもう内申点に響かないので、、
あっさりしたものですが、これが現実。
実技教科の勉強をするくらいなら、受験に必要な5教科をやろうよという空気が学年全体に充満しています。
それはそうでしょう。
キキも普段どおりに受験勉強をしながら期末テストを迎えました。
5教科はもちろん受験にも必要なので、結局はテスト勉強=受験勉強ですが、実技教科は前日の夜にぱっと流し読みする程度。
今までなら大量の暗記に追われて苦労していた実技教科ですが、いい感じです。

かくいうわたしも、キキのテスト期間中にこんなに楽な気持ちでいられるのははじめて。
思えばキキの初めての中間テストの時は、本人以上に緊張していたものです。
特に初日はね。
仕事しながら、テストを受けているであろうキキのことが心配で心配で。
今では笑い話ですが。
母がそんなに緊張してどうするんだって。

受験勉強が板についてきて、いつもどおりの勉強をしているキキを見ていれば、期末テスト用の勉強をしていなくてもノンストレスな母です。
posted by ナツメグ at 12:48| Comment(0) | キキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

耐える母

キキの突き指した手を病院で診てもらいました。
幸い骨折してはおらず、またひびも入っていないとのこと。
ただ、内出血が結構ひどいので、器具を使って指を固定することになりました。

利き手なので不便極まりない。

はい、昨日の保健室の先生からの連絡では左手と聞いていましたが、実際には右手でした。(涙)
小指を薬指と一緒に固定しているのですが、手のひらまで固定器具が接触しているので、手を握る動作ができません。(=手を開きっぱなし)
これが結構疲れるそうです。
痛みがひいて、腫れもなくなれば、骨に異常はないのなら割とすぐに器具は外してもらえるのではないかと楽観的に考えていますが、どうなることやら。

思うように鉛筆が握れない、食事はスプーンとフォークで、、
入浴もさぞ不便なことでしょう。
(あまりいろいろ言い過ぎると本人も嫌がると思うので、シャンプーとか洗顔をどうしたのかは、あえて聞きませんでした)

体育の見学のために生徒手帳に保護者のひとことが必要なのですが、自分からそれを出さないので、わたしから「生徒手帳を出しといてよー」(朝に急に出されてバタバタするのがいやなので)と声を掛けるも「よろしく」もなにもなく、テーブルの上に無言で放置。

ひとこと書いて、印鑑を押して、テーブルの上に置いていた生徒手帳を見てもしらっとしてるので、「書いといたよー」と声を掛けるも「ありがとう」もなく無言で持って行く。

、、、、、、、、、、。
これがわたしにはストレスだったりします。

好きでこんなことになったわけじゃないのは分かる。
イライラするのも分かる。
でも、それで八つ当たりするのはどうなのよ?

それでも結局なにも言えなくて、がまんしています。
大変なのも分かるから。
しんどいのも分かるから。

ただ、そんな時でも、いつものペースで受験勉強をしようとするキキには感心します。

最近、特にがんばっているキキに神様が与えた試練なのかも?なんて思ったり。
これを乗り越えて第一志望の高校に合格したら、この突き指もきっといい話になることでしょう。

ああ、それにしてもバスケットボール中の突き指が、プレー中のできごとではなく、審判している時で、しかもコートの外でぼーっとしている時に突然バウントしてきたボールが小指に当たったのが原因で起きただなんて、あまりにも気を抜きすぎじゃありませんか?
審判なら、ボールの行方を誰よりも目で追っていないといけない立場のはずなのに??
もちろんキキには言ってませんけどね。(苦笑)
ラベル:突き指
posted by ナツメグ at 12:52| Comment(0) | キキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

突き指したらしい(涙)

勤務中に見慣れない電話番号からの着信が。
いやーな予感がして電話を取ると、キキの中学校の保健室の先生から。
(学校の代表番号じゃなかったので、分からなかっただけ)

いやーな予感が確信に変わるまで、わずか数秒でした。
体育の授業でバスケットボールをやっていて、突き指しましたとのこと。

受験前のこの大切な時期にやっちゃいましたね、、
利き手じゃない方の小指ということが、せめてもの救い。

保健室で負傷した指はとりあえず固定してくれているそうですので、今日帰宅したら病院へ連れて行こうと思います。

朝、家を出る時は「今日が最後のバスケットボールやねん♪」と楽しそうに言ってたのにな。あぁ。
posted by ナツメグ at 12:42| Comment(0) | キキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

高校生になれることが確定しました

キキが、すべりどめの高校に合格しました。
とりあえず、ほっとしました。
すべりどめですから、ある程度の余裕をもって受験できる学校を選んでいたので、もちろんこの結果が出ることで間違いないと思って受験してはいたけれど、それでも万が一ってこともありますから、通勤からの帰りの電車の中、キキからの電話で合格を知った時はやっぱり安堵いたしました。

ネット上でパスワードを入力するとポンッと表示されるんですね。時代も変わったものです。

学校や塾の友人の中には、私立高校を第一希望としている人もいて、すでに合格通知をもらった子は受験終了とのこと。
心底うらやましそうです。(苦笑)
でも、それとは裏腹に、キキの勉強熱は下がることなく、毎日よく勉強しています。
学校から帰ってきたら洗濯物(体操服)をすぐに出してくれさえすれば、言うことないのですが、、
(洗濯時にすぐに洗面所に持ってくるように言ったら、無言でかごに放り込み、その後不機嫌になりました
⇒催促されて洗濯してもらってるのだから、「遅くなってごめんね」とか「これもお願い」とかのひとことがどうして言えないのっ?とキレそうになる気持ちを母は必死で抑えました。
言ったらまた険悪な雰囲気になるだけなので、、受験生だからもう気を遣いまくります、ほんとに。)


これだけ勉強してるから、もうどこの高校でもいいと思ってる。
キキが昨日ぽつりと言ったひとこと。

「受験に失敗はない、あるのは成功と学びである。」
後悔のない受験ができることが、長い人生の中でいい経験として生きてくると思います。
きっとどんな結果が出ても、もっと勉強しとけばよかった、と悔やむことはなさそうです。
posted by ナツメグ at 12:46| Comment(0) | キキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする