2017年03月15日

思い切りがよすぎて、、

キキが学校から帰ってくるなり「もうLINEはやめるっ」と。
いつもなら、夕食の支度ができるまでの間はもちろん、勉強をすませて少しでも時間ができると画面を見ていたキキ。
あんまり度が過ぎる時はわたしも「そろそろやめた方がいいんじゃない?」とやんわり忠告をしたりしていましたが、約束の成績はキープできているのでやめなさいと言ったことはこれまでありませんでした。

でも、こんなに急にやめると言われると、こっちが逆に焦ります。
なんでやめるの?ということもあるけれど、なにかあった?なにか言われた?ということが非常に気になる。
しつこく聞かれるのはいやだろうから、話があれば聞くよ〜というスタンスで構えていたけど、特にこれといった話はなく。
「もうこんなものに時間を取られるのがばかばかしくなった」というだけ。
正直、ほんとにそれが理由なの?と勘ぐってしまいます。
LINEを突然やめることで、今後の友人関係は大丈夫なのか?とか。

もともとLINEを始めることに反対してたのに、いざ娘がやめるとなると心配になる母。(苦笑)

今後、LINEで決まったことは、特定の友だちにメールで確認をすることにするようです。
今回のことだけじゃなく、「突然・極端・やるときは徹底的」というキーワードがキキにはぴったりなのですが、ここまであっさりやめるとはねえ、、、
タグ:line
posted by ナツメグ at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | キキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

ナイスプレー

市内の中学で予選を勝ち抜いたので、県大会に出場できることになったキキの中学校のソフトボール部。
正直にいって、市内の中学校のレベルはそれほど高くはありません。
でも、県大会に出場する他校は、自治体によってはかなりの強豪チームだったりします。
(ソフトボール部がある中学校が多い自治体からは、強いチームが出場する傾向があります。うちの自治体は、残念ながらソフトボール部は減少傾向)
顧問の先生からも「たぶんあなたたちが一番弱いチームだから、思い切ってやっておいで!」と。(苦笑)

そうは言っても、やっぱり自分の娘がエラーをしたりするのを見るのは親として辛いものがあります。
キキの方向にボールが飛んでくるたびにエラーしないかと内心ドキドキで、、、(キキには失礼な話ですが)
案の定、1試合目で負けてしまい、キキはエラーとはいかないまでも「それは捕球できたのでは??」というボールを1球取り損なっていました。(ボールは外野の仲間が捕球)

ただひとつ、この試合で一生忘れないと思えるナイスバッティングがありました。
2アウト、2・3塁の場面。
3塁ランナーは、この試合で始めて出塁したランナーだったのですが、2年生に交じって唯一出場していた1年生。
その後、2年生が出塁していました。
相手チームが強かったので、ほとんどヒットが出なかったこともあり、ヒットを打って出塁しただけでも大したものだ!!という空気が流れていたくらいです。
ランナーが2人、でも2アウト、、、
微妙な難しい場面でまわってきたキキの打順。
うー、、ヒットを打ってほしい、、でもこの日は1本もヒットが打ててない、、、2アウトか、、、がんばって〜、、と心の中で応援を。(実際には一緒に観戦していただんなさまと小声でつぶやいていました)

その時!
キキが強い当たりのヒットをライト前へ。
3塁ランナーはホームへ戻り1点が入り、キキは1塁へ、、と思ったら、当たりが強かったせいでライトの子がボールの処理をもたついていて。
その間にキキは2塁をまわり、3塁をまわり、、、キキはどんどん進塁していきました。
気がつけばそれまで静かに応援していたわたし達も大声で「早くー、早くー!!走ってー!!!」
あっという間にキキは3塁からホームへ。
同時にボールもホームへ投げ返されていたけれど、タッチの差で見事セーフッ!
結果的にランニングホームランになったのでした。

というか、今のナイスプレーをしたのが自分の娘ということが信じられませんでした。
どれほど興奮したか、、

その日の試合には負けてしまったけど、あんないいプレーをこの目で見ることができて、わたしもだんなさまもとても幸せな気持ちで。
いいものを見せてくれたキキに感謝の気持ちでいっぱいです。

あとで打席に入った時の心境を聞くと「この場面で自分がヒットを打たなかったら、出塁した1年生がほめられて終わるだけになる。それは2年生としてくやしかったから、絶対ヒットを打とうと思った」とのこと。
先輩としても威厳を保ちたい、、キキもそんなことを思うような年齢になったんだな、と。

その日の夕食はステーキを焼き、家族でお疲れさまの会を。
夕食後には塾があり、おつかれのところをブツブツ言いながらも行きました。
勉強も部活も全力でがんばってるキキ、親として誇らしいです。
posted by ナツメグ at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | キキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

宿題は終わりました

シナモンが先週から塾に通い始めたこともあり、1週間があっという間でした。
送り迎えでバタバタで、、なんてことをいつまでも言っていられず、宿題のまるつけと進み具合のチェックをしっかりとしていかなくてはいません。

前の記事でも書きましたが、やりなおしをするのをものすごーくめんどくさがるので、そこをなんとかやらせるのが大変で、、
さらに宿題を終わらせるだけで終わり!ではなく、宿題の中から次回の授業で行われる小テストで合格するために、そのテスト勉強もしておかなくてはいけない。

週末に宿題を全部終わらせておいて、残りの日数で不完全なところをテスト勉強で完璧にする流れで進めていくことにしたのですが、土曜日の朝食後に「さあ、残りの宿題をやろうか〜!」と声掛けをしたら、ぽろぽろとシナモンの目から涙が。
怒涛の宿題に小テスト、これまでの人生で経験がなかったことだけに、息つく暇もないんだろうけど、そこは心を鬼にして、どうしてシナモンが中学受験をすることにしたのかという初心の話をすると、決心したように黙ってうなずいていました。
またいずれそんなことも忘れて「やだー」ということもあるでしょうけど、今はこの声掛けの積み重ねが大事だと思っています。
タグ:
posted by ナツメグ at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

通塾2日目

塾に通い始めて2日目の授業がありました。
1日目もそうだったけど、塾が終わって、迎えの車に乗り込むときは満面の笑みで「楽しかった〜」というシナモン。
塾で勉強して疲れた後に、母の顔を見て安堵しているところもあると思いますが、それほど辛かったという感想は言いません。

ただ、、、帰宅後が。
塾から出ている宿題を早々にやろうとする姿勢はいいと思うのだけど、学校の宿題とは違うので、解けない問題が出てくる。
こういう時、キキなら「お母さーん、ここ分からない〜(だから教えて)」って感じだったんだけど、シナモンの場合、解けない問題が出てくると途端にそれがストレスなのか?イライライライライライラ、、、
結果、「こんなの解けるわけないやん!」とブチ切れる。

解けなくてもいいから、落ち着いて、解ける問題は文字を丁寧に書いて、、と伝えるのですが、
いかんせん、文字を書くのを非常にめんどくさがる性格がよくない方向に出ています。
今までもずっと同じことを言ってはきたんですが、学校の先生はそれでもマルをくれるのです。(困ったことに)
塾ではきちんとした文字じゃなければマルはくれません。
受験の合否がかかってるから当たり前のことですよね。

母の思いとして、受験に関係なく、文字はきれいに書いてほしい。
男性も女性も、文字がきれいなのはいいことだと思うので。

漢字を書いてもやりなおしがたくさん、、
算数は解けない問題があればブチ切れ、、、
イヤになるのは仕方ないかもしれませんが、通塾2日目を終えた時点で、シナモンがこんなに苦戦するとは思っていませんでした。
もう少し楽しんでくれるだろうと予想していたのですが。

ただし、文字のきれいさがあまり重視されない算数の文章題の問題などは、楽しんで解いています。
この分野は、わたしが以前から一番と言っていいほど力を入れてきたところなので、親としてもうれしいこと。
問題を解く楽しみを知っている子は、早く解答を書くために文字(数字)が汚くなりがちだということを、ずっと前に虹色教室のなおみ先生から言われたことがあるのですが、まさにそんな感じです。
だからと言って、それでいいと思っているわけではありませんが。

今日は3日目の通塾日。
科目の都合で、夜9時までの授業です。
シナモン曰く「学校の午前中授業と同じ時間、夕方からまた勉強するってことやろ?」
ええ、確かに言われてみればそうですね。(苦笑)

通塾はシナモンも納得して始めたので、必要なことは本人も分かっているはず、、
一日も早くこのリズムに慣れてほしい母です。
そして宿題を最後までブチ切れずに取り組んでほしいものです。
タグ:
posted by ナツメグ at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | シナモンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

通塾 新学期初日

キキは新学年の中3クラス、シナモンは新学年の小5クラスの通塾がスタートしました。

たまたま二人の初日が同じ日でした。
初めての通塾なので、わたしは早めに帰宅しておいて、まずはシナモンと一緒に自宅を出発。
家を出る時間、電車に乗る時間、道中で気をつけないといけないポイントなどなど、いろいろ話をしながら最寄駅まで徒歩で。
そこから電車に乗って塾まで行きました。
シナモンが教室を案内するところまで見届けてから、ひとりで帰宅。

そこから夕食の支度。
キキが部活から帰ってくるまでに食べられるように。
キキはいつも帰ってきてからシャワーを浴びて、夕食を食べて塾に行きます。
18時半頃に帰宅してきたので、夕食の段取りを簡単に説明して、わたしはシナモンを塾まで迎えに車で出発。
(キキはひとりで夕食)

塾が終わったシナモンを19時過ぎに乗せて帰宅。
20分くらいで夕食をあわてて食べ、今度はキキを塾へ車で送り、帰宅。

食器の片づけ、洗濯はそこからで、、、
正直、初日ですでに「やれやれ〜」な状態です。(苦笑)
少しずつシナモンにはひとりで塾に行ってもらうし、帰りも最寄駅までは電車で帰ってきてもらうので、ここまでわたしが家を出入りすることはなくなってくる予定ですが、それでもなかなかハードです。

で、その日はキキの帰りの迎えはだんなさまが行けた(迎えの時間までに帰宅できたから)けど、
仕事で帰りが遅かったり、出張して不在だったりする時は、わたしが迎えにも行かないといけません。

このハードな送迎はとりあえず今年1年間。
(来年、キキが高校に入学してからも「塾に通いたい♪」なんて言ってくれるのなら、もちろん継続してがんばりますよ)
とりあえず初日が終わり、あまりの慌ただしさに、少しでも家事を減らしたくて、ルンバを買いたくなりました。
だんなさまに相談したら「ん〜、、いるかあ?」って感じだった。(+_+)

塾の送迎と、それと並行してこなさないといけない家事をやるのは思ったよりも大変ですが、
なにより、キキとシナモンのふたりには勉強をがんばってもらいたいわけで、、
わたしはぐちぐち言わずに、この1年を楽しみながら乗り切りたいと思います。
posted by ナツメグ at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | キキとシナモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする