2017年07月03日

11歳

誕生日には少し早いのですが、シナモンの11歳の誕生日のお祝いをしました。
土曜日に部活と塾があり、日曜日も部活が入ることが多いキキがいて、ただでさえ平日はだんなさまの帰宅が遅く、家族がそろえるのは週末に限定されているので、ちょうど部活がオフになった日曜日の夜に。

誕生日プレゼント、本当にほしいものは「ニンテンドー スイッチ」だそうですが、ゲームを今以上にさせたくないわたしがOKするはずもなく、次にほしいものということでshishamoのCDになりました。
シナモンはCDだけでいいと言ったのですが、だんなさまと相談してこっそりライブDVDも追加購入。
よろこんでくれるといいな♪

誕生日会の後、久しぶりにシナモンが1歳半頃の動画をみんなで鑑賞。
シナモンの動画なので、当然キキも出てくるのですが、ふたりの動きがまあおもしろいこと!
キキは4歳くらいで、小さなお人形さんみたいだし、
シナモンは小動物のようで、、ビデオ鑑賞しながら、家族みんなで涙を流しながら大笑いしました。
ビデオって残しておくものですね。(しみじみ)

すっかり大きくなったキキとシナモンと一緒にこういう時間を過ごせることに幸せを感じたひとときでした。
posted by ナツメグ at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | シナモンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

オープンスクール

この1カ月、毎週のように、キキとシナモンの授業参観と高校受験に関する説明会と個人懇談が開催されます。
ありがたいと言えばありがたいのですが、小学校と中学校でそれらが週替わりでずれているので、結果として毎週休暇を取らせてもらっています。職場にも感謝です。

期末テストも終わり、部活の引退も近づき、夏休みが迫っていることもあり、高校受験に関する説明会が学校で開催されたので行ってきました。
学校の紹介や受験に関するトピックを、配布されたプリントを熟読しながら聞いてきました。
今の住まいは、わたしの出身地ではない上、時代の違いもあり、高校受験の制度そのものから研究が必要なのです。
まあ、こういうの、わたしは全然きらいじゃないので、話はまじめに聞いています。

時代の違いで一番顕著(だとわたしは思うのですが)なのが、高校で開催される「オープンスクール」。
公立高校でも各学校でふつうに開催されていて、受験生は申し込みさえすれば、どこでも(基本的には)自由に参加することができるようです。
(わたしの出身地では、当時こんなことをしている高校はありませんでした。地元の友人によると、今はどこもやっているらしい。)
ホームページからでは見えにくい学校のことが、先生や在校生から聞ける貴重な機会です。
単に学校の場所を確認できたり、施設の様子(新しい、古い)も目で見えますしね。
受験する時に初めて行って「こんな学校だと思わなかった〜」というミスマッチを防ぐ目的もあるようです。

主な学校の第1回目の開催はすでに行われたところが多いのですが、その時期はちょうど中学校で中間テストが近かったり、重なっていたりしたので、わがやはパスしたのですが、最近、夏休み中のオープンスクールの申し込みが少しずつ始まったようで、今回はじめて希望校の申し込みをしました。
ネットでらくらく申し込み、受付もメールで返ってきて。
便利な世の中です。

わたしとしては第一志望にしてほしい、キキとしては仮の第一志望(苦笑)の学校のオープンスクール。
実物を目で見て、意識が変わってくれることを切に願う母です。

その他にもまだまだ行っておきたい学校がいくつかあるので、夏休みは受験勉強と並行して、結構忙しくなりそうです。
その度に、わたしは有休休暇を取らないといけないのが心苦しいのですが、、
ラベル:高校受験
posted by ナツメグ at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | キキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

めがね

キキのめがねを購入しました。

今までずっと視力だけはよかったんですが、先週、急に「黒板が見えにくい」と告白されました。
一日も早くめがね屋さんに行きたかったのですが、塾やら部活やらでなかなか時間が取れず、週末にやっと。

左が1.0
右が0.7

視力検査の後、店員さんが言いにくそうに「これだとめがねを作る必要もないかもしれないですけど?」と。
まあ確かに。(笑)
でも、当の本人が「黒板が見えにくい」と言っている以上、買わないわけにはいかないので、きっちりと購入させて頂きました。

原因はipadでの動画の見すぎ。
もう、絶対にこれだと確信しています。

普段から気になってたんですよね。
うちはスマホは持たせていなくて、ipadもリビングでのみ使うことというルールを決めているのですが、
ルールを守ってリビングで使うのはいいけど、いつまで動画を見るのか、、とわたしの視界に入るのが嫌で嫌で。
ガーッと言うと口げんかになるだけなので、
わたしが学生の頃は、気分転換にテレビを見たり、本を読んだり、音楽を聴いたり、友だちと電話をしたりしてたけど、
キキは、気分転換にipadで動画を見てるんだ
だから、もうちょっとだけ見守ってあげよう〜
と、わたし自身はかなり我慢しつつ、もうこれ以上は見すぎだよ!という限界に来た時に「もうやめようよ」と促すということをしていました。
(さすがにその時点での注意はキキも素直にききます)

バトルを避け、ゆるく見守った挙句の結果がこれ。

でも幸い、今回めがねを作ったことで、キキが動画の見すぎの悪影響をしっかり自覚したらしく、めがね購入後、こっちが言う注意を割にすんなりと聞くようになりました。
不幸中の幸いとでもいうのでしょうか。

かくいうわたしは、めがねを高校1年生で作りました。
原因は姿勢の悪さ。
勉強のし過ぎと言えなくもないかも。(苦笑)

その後、一番悪い時で両目の視力が0.05という時期がありましたが、
現在は左が1.0、右は0.2
どうしてここまでよくなったのか、自分でも不思議なんですけどね。
posted by ナツメグ at 12:51| Comment(2) | TrackBack(0) | キキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

さらさら〜の髪

中学生になる時に、短めのヘアスタイルにしたのですが、それ以来、クセがひどく出るようになっていたキキの髪の毛。
幼い頃はさらっさらーだったのですが、少しずつクセが出てきて、ショートヘアにした途端に見事に、、という感じです。
ちなみに、わたしも少しクセのある髪の毛なんですが。

梅雨入りしたことと、前回の中間テストの結果がまあまあよかったので、思い切って初の縮毛矯正をしてみました。
部活がオフになりそうな日曜日を狙って予約をしていたのですが、予約日の1週間前からキキはなにをするにも美容院が楽しみだったようで、それはそれはごきげんで。

まだ伸ばしかけのショートヘアで、ボブまでには少しかかりそうな長さの髪だったので、全体をするか一部をするか、担当の美容師さんと悩んだのですが、最終的にはお任せすることに。
結果的には全体をしてもらって大正解でした。
心配するほどピンピンとした毛先になることもなく、自然な感じでさらさらヘアに♪

当たり前ですが、キキは超ごきげん。
仕上がりにも満足、毎朝のクセとの格闘からも解放。

でもって、親の目から見ても、さらさらヘアのキキはちょっとかわいくなった感じです。
親ばか発言、すみません。
でも、ヘアスタイル、、というか、クセのあるないで、印象ってこんなに変わるんだなとあらためて実感したのは事実です。
お金はかかるけど、娘がかわいくなるのならこれくらいの出費は、、とついつい次も出してしまいそう。
ただ、次があるとしても、数カ月後でしょうね。
2学期の期末テストの結果次第かな。

縮毛矯正をして、とても満足したという話でした。
ラベル:縮毛矯正
posted by ナツメグ at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | キキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

教育費

わがやの出費の中で、結構な割合を占めている教育費。
年数に限りがあるとはいえ、まあなかなかしんどいものがあります。
で、今、まさにその教育費が我が家史上ピーク。
これまでもある程度の習い事はしてきていましたが、やっぱり塾代にはかないません。
中学受験のための塾代と高校受験のための塾代。
しかも毎月ですから〜

シナモンは受験まで2年間ありますが、めでたく中学に合格してくれれば、その後は塾代は不要なはずと目論んでいます。
で、キキも中学入学以来の過去の塾代はともかく、今年1年がんばって、めでたく公立高校に合格してくれれば安泰かなと。
もちろんその場合も、大学受験が近づけば塾代が必要になってくることは覚悟していました。

ところがなんと。
突然キキが、志望校を私立高校にしたいと言ってきました。(驚)
理由を聞けば、なんかまだあやふやな感じはするのですが、もし本当にそうするなら、こちらも真剣に考えなくてはいけません。
問題は学費です。

公立中学からは、ほとんどの子が公立高校へ行くのですが、中学受験に向けて勉強している弟が横にいるだけに、キキに対して私立高校はだめだよとは言いにくい状況があります。
シナモンは、私立中学に行くことになれば、もちろんそのまま私立高校に行くわけで、、
そこだけ見れば「どうしてわたしはだめなの?」となるのは目に見えていますよね。

わたしの計画(?)としては、シナモンには私立中学〜高校と勉強をがんばってもらって、国立大学へ。
キキは、公立高校から国立大学へ行ってくれれば経済的に助かるけれど、もしそれが無理なら自宅から通える私立大学への進学になってもいいかなと考えていました。

キキが私立高校から私立大学へ行くとなると、経済的な負担が増えることは間違いなく、
でも親としては子どもの希望する進路へ行かせてやりたいし、、
数日前に「志望校は子ども本人に決めさせる大切さ」について校長先生から話を聞いたばかりでもあり、悩むところです。
どうしても私立高校へ行きたいというなら、これはもう大学は絶対に国立大学に行ってもらうしかないかな、と。←鬼母

ただやっぱり、いくら親でも、できることとできないことの線引きも必要だと思っています。
キキの私立高校進学を希望する本当のところ、真剣さについて、親子でしっかりと話し合う必要がありそうです。

今のところ、わたしが見ている限りでは、キキは高校で勉強を真剣にしたい!というタイプではなく(あくまで現時点ではですが、、、180度変わってくれるならありがたいですけど)ふつうに公立高校へ進学する方が合っているように感じているんですが、どうなることやら。
posted by ナツメグ at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする