2014年10月22日

なにかといろいろ

記事にして残しておきたいことはあるのに、なかなかパソコンの前にゆっくり座る余裕がありません。
今月に入ってから急にPTA役員の仕事がだだだーっと押し寄せてきて、精神的な余裕もなくなってしまいました。
もちろんナンプレをする時間もありません!
通勤電車の中でも、前年度の役員さんが記録しているノートを見返して、今後の仕事の段取りを考えてるくらいなのです。

2週間前にシナモンがじん帯を痛めました。
1週間前の診察で「あと1週間で治るでしょう」と先生のコメントをいただいていたので、
予定通りに行けば今日でギプスとはおさらば〜のはず。

それなのに昨日、キキがスイミングスクールで泳いでいる時に足の裏を負傷してしまいました。
今朝になっても痛みが取れておらず。(今日はなんとかそのまま学校に行ったけど)
プールの中に沈めている「台」があるんですが(身長の低い子や泳力のない子が一時的に休憩するためのもの)
隣のレーンに沈めてあった台に、キキが平泳ぎをして足を出した時にガツッとぶつけてしまったらしい。

今日の夕方、ふたりを整形外科に連れて行きます。
ひとりは今日でギプス卒業、ひとりは今日からギプス、なんてことに、
どうか、どうか、なりませんように。(祈)
ただでさえ時間がないのに、この上、通院が増えたら大変です、、(涙)
こんな時に限って、だんなさまは出張で不在だし。
ラベル:ギプス
posted by ナツメグ at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | キキとシナモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

ブラックジャックとナンプレ

ブラックジャックとナンプレ、、、最近わたしがはまっているものです。
あまりに唐突な組み合わせかもしれませんが、8月中旬頃からはまって、かれこれ2か月になります。

別記事にしようと思っていますが、8月にシナモンが入院したんです。
で、その際に、シナモンの退屈しのぎにと思って買ったのが「ブラックジャック」でした。(シナモンのリクエスト)
学校の図書室にあったのを少しずつ読んで好きになったらしく、入院を機に全巻買い揃えました。
予算の都合上、古本ですが、、

病室にいる時、シナモンは術後、のどが痛い症状があり、家族といても話がしづらかったので、
黙々とブラックジャックを読む時間が結構ありました。
シナモンが寝静まった後も、ひとりで読むふけることもあり。
そうして、わたしもブラックジャックにはまったというわけです。

シナモンの退院後、わたしはしばらく遠ざかっていましたが、なぜか急にこんどはキキがはまりだし(笑)キキはあっという間に全巻を読破してしまいました。
実はわたしはまだ7巻を読んでいるところなのです。
結構読み応えのある漫画なので、一巻を読み終わるのに時間がかかるのです。

同じようにナンプレもシナモンの入院中にはまりました。
ブラックジャックだけじゃあきて、キキのリクエストで病院内の売店で薄い問題集を購入。
最初はキキが遊んでいたけど、最終的にはわたしの方がはまりました。
結果的に、今は通勤電車のお供になっています。
だいたい片道で1問解けるかな、というペースですが、集中して頭を使うのがとても気持ち良いです。
パズルがもともと大好きなので、ちょうどはまった感じ。
それにしても今頃ナンプレにこんなにはまっている人も珍しいのかもしれませんが。
日頃「流行」とは無縁の暮らしをしているので、いつも乗り遅れてます。(笑)

そんなこんなで、最近の通勤時間はブラックジャックを読んでいるか、ナンプレを解いているか、というアラフォー女ですが、これって客観的に見たらやっぱり変なのかな?
posted by ナツメグ at 12:31| Comment(2) | TrackBack(0) | キキとシナモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月02日

これで話題についていけるー

キキとシナモンと3人で、話題の「アナと雪の女王」を観に行ってきました。
ユーチューブで何回も聴いた歌を覚えたキキとシナモンがしょっちゅう口ずさむのを聞いていたけど、ストーリーの詳細についてはほぼ知らないまま参戦。
姉妹愛がテーマということくらいは知ってたんですが。

子ども達が連れて行ってというから(仕方なく)一緒に行くことになった感じでしたが、映画館で観てよかったです。
ディズニー映画だからどれでも言えることでしょうが、雪を題材にした映像がとてもきれいでした。
雪景色や氷のお城が本当にすばらしい☆
日本語吹き替えを見たんですが、あまり期待していなかった神田沙也加や松たか子の歌声も美しかったです。
子ども達が口ずさんでいたのを耳にしてた歌詞の意味が、映画を見て、深く理解できた時点で、とても感動しました。
途中で何度も姉妹愛に泣けてきました。

とまあ、わたしにとってはかなり感動的な映画だったわけですが。
肝心の子ども達、クラスの友だちの大半が見てるから観に行きたいーと言って、わたしを説得したんだから、ようやく念願の映画を見てどう感じたか気になるじゃないですか?

ところが、「どうだった?」と聞いた時の一声が本日の記事のタイトルです。
二人揃って「あ〜、これでやっとみんなの話についていける!」だって。
それって、映画の感想じゃないし。(泣)
はっきり言って、ストーリーがどうだったとか、どうでもいい感じでした。
連れて行った身としては、はぁー、なんだかな〜、、、な気分です。子どもってそんなもん?
確かに話題について行くのが、友達関係の中で大事なことだということは分かるけどさ。
でも、なんだかな〜、、、

子ども達の間では、「○○(話題のモノ)を見たー or 聞いたー or 行ったー」ってことが大事なんでしょうね。
そこで感じたものとか、具体的なことを話し合うみたいなことはされていないのかもしれません。
それってなんだか上っ面だけの会話で淋しく思えるのは、わたしだけでしょうか?

ちなみに、わたしが感想を聞く前に、映画を見終えた直後のキキの第一声は、
「さっき結局見ただけで買わなかったブラウスの下に、そのお店の後に見たお店に売ってたタンクトップを着たらいいんじゃない?」というものでした。
これこそ映画と全く関係ない!っていうか、なんで今その話?
キキの頭の中はいったいどうなってるんでしょうかね?
あきれてしまって、わたしは何も言えませんでした。(苦笑)
posted by ナツメグ at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | キキとシナモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月27日

テレビを見ない夜

以前に比べたらずいぶんゆる〜くなってしまった我が家のテレビ&ゲームの制限時間ですが、それでも一応「今日はもう何時間も見たでしょっ!」という日は、きっちり時間制限をしています。

特にひどいのが週末。
まあ、子ども達がテレビを見てる間にこっちは片づけものをしてたりするので、都合のいい時もあるにはありますが。

日曜日の夜、9時になったらテレビを消して寝なさいよーと言い残して、わたしは入浴へ。
30分後、リビングに戻ると、まだテレビがしっかりついていました。

・・・はい、翌日テレビ禁止令。(当然です)

それでも、翌日、わたしが仕事から帰宅するまでの時間はこそっと見たりするんだろうなー、と思っていたのですが、
キキは約束を守ってテレビをつけていませんでした。
真面目とも言えますが、要領が悪いとも言えるかも?
ここはあえて真面目ということにしておきましょう。(苦笑)

夜ももちろんテレビはつけません。
シナモンは前日の自分が悪いのを棚に上げてすねていましたが、そのうち「あたしンち」を読み始めました。
キキは黙々とミサンガを作っていました。
足につけていたものの取り換え用だそうです。有効に時間が使えてるじゃん!

家事が終わったら一緒にボードゲームでもしたいなと思っていたけど、
わたしの家事が終わるなり「もう寝る」
テレビがないと、よほどすることがないの??

8時半に寝室に行き、おしゃべりをして9時前には二人とも寝入ってました。
おかげでわたしの夜が長いこと〜。
(だんなさまは今出張で不在)
ネットをして、レンタルしていたドラマを見て、、時間があっても結局その程度のことしかしてませんが。

キキとシナモンがテレビのない夜をどう感じていたかは?です。
今朝、登校の用意が済むと速攻で「(学校に行く時間になるまで)テレビ見ていい?」って聞いてきて、うれしそうに見てました。

そんなに好きなのね、、、

posted by ナツメグ at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | キキとシナモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

今朝のできごと

久しぶりに子ども達の記録です。

今朝、シナモンは学校に持っていく持ち物が多くて焦っていました。
前夜に持ち物は揃えているのに、几帳面な性格のシナモンは、なぜか毎朝持ち物を再確認する習慣がついていて、その再確認をする時間が足りなくて、焦っていたのです。

ちなみに、再確認するようになった習慣に、わたしは全く関与していません。(笑)
入学して間もない頃から、シナモンは自分ひとりで荷物を揃え、自然とマイルールとして定着した模様。
ついでに時間が足りないと焦っている状況でも、家を出る時間までには余裕で15分以上あります。
それでもシナモンには時間が足りないらしい。(気分的に焦るみたいです)

そんなシナモンを見かねたキキが、珍しく「見てあげようか〜」と助け船を出していたではありませんか。
ひとつずつ、シナモンに確認しながらランドセルに入れていきます。
特に今日は「やごとりセット」なるものを持っていかなくてはいけなくて(数日後に行われるやごとりに必要なビーチサンダル・タオル・袋など)それも丁寧に「濡れたビーチサンダルは水を払ってからこの袋に入れるんやで。そうしないとびしゃびしゃになるから、、」なんて教えてあげてる!
2年生で恒例のやごとりをキキはすでに経験してるから、知ってるんです。
シナモンもふんふん、、と素直に聞いていて、朝からふたりの様子を見ていてなごみました。

ようやく持ち物の再確認が終わったシナモン、今度はとことことわたしのところにやってきて、小声で
「おねえちゃんの給食セットに入れるおはしってこれでいいの?ナプキンはこれでいいの?」
と聞いてきました。
どうやらキキへのお礼として、朝に用意するキキの給食セットの用意を代わりにしてあげようと思ったらしいです。
「それで大丈夫^^」と教えてあげると、そーっときんちゃく袋にそれらを入れて、
「はい、おねえちゃん」と渡してあげていました。キキも「ありがとう」

キキに生意気なことを言ったりするシナモン、シナモンの遊び相手になかなかなってあげないキキ、
性別も性格も違うふたりなので、
いつも“なーかーよーしー”ということもないんですが、
やっぱりこういう場面を見ると、まだまだふたりともかわいいです♪
朝からうれしかったので、記事にしてみました。
ラベル:きょうだい
posted by ナツメグ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | キキとシナモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする