2020年09月18日

コロナの影響を受けた体育大会

先日、シナモンの学校で体育大会がありました。
去年の大会には夫婦で見に行きましたが、今年は保護者観覧はできないとのこと、、残念。

最後の体育大会にあたる高校3年生にとっては、毎年「名物」ともいえる演目があり、それが保護者にとっても(ほかの学年の保護者にとっても)とても楽しみだったのですが、高校3年生の保護者でも観覧はできなかったようです。
わたしがその立場だったら、と思うとやりきれない気持ちですね。
うちはまだ中学2年生だからと諦めがつきますが、これはあくまで体育大会についてのこと。

中学2年生独自の学年行事は、未だに開催されるか中止になるかで協議中とのことですし、仮に開催されたとしても、前年までと同じ内容ではできない模様。
これはこれで楽しみにしていた活動だったので残念なことです。

大学受験を控えたキキにとっても、コロナの影響でかなり振り回されました。
学校が休校になったことを考えれば、すべての学生はなんらかの影響をすでに受けていますが、こうして開催されることになったとしても、規模を縮小しての開催だったり、保護者は観覧できなかったり。
学校によっては、体育大会、運動会そのものが中止になったところもあります。
運動会だけじゃなく、うちの場合は文化祭が中止になりました。
秋の校外学習も中止。

卒業アルバムに入れる写真が少なく、アルバムが薄くなるんじゃないかという心配が現実味を帯びてきました。
キキの場合は、修学旅行が昨年だったのは幸いでした。
でも、今年の修学旅行に行く予定だった子たち、中止になった学校もきっとあるでしょう。

修学旅行には行けたけど、文化祭はなし。体育大会もなし。
修学旅行には行けなかったけど、休校はなく、文化祭もできたし、体育大会もできた。

決してどちらの方がいいということは言えなくて、どの学年にも、その学年でしか経験できない行事や活動があり、それができなくなったことは、簡単に他の何かで埋め合わせができるというものでもなく、経験できなかったことを乗り越えていくしかないんでしょうね。
とても苦しいことですが。

シナモンに関していえば、これから部活ではチームの主軸として大会がいくつか予定されていますが、残念ながら今のところ保護者の応援は一切不可ということになっています。
シナモンが試合に出る様子を見るということはこれまで一度も経験がないことなので、いつか見れる日をそれはそれは楽しみにしていたのですが、まだ当分お預けになりそうです。
ただ、わたしたち夫婦の思いとは裏腹に、当のシナモンは「来れなくて全然構わないけど〜」っていうふうなのがくやしいですね。苦笑
posted by ナツメグ at 12:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

霰粒腫

突然ですが、霰粒腫(さんりゅうしゅ)って知ってますか?
まぶたの周囲にできるできものなんですが、7月に霰粒腫ができて、もう2か月以上になりますが、治療の甲斐もなく、まだ治りません。

はじめの1か月は目薬2種類と塗り薬
次の2週間は、目薬2種類(最初のものとは1種類だけ変更)と塗り薬
それでも治らず、大きくなってきたので、霰粒腫にステロイドを注射
いったん小さくなり、このまま治るかと期待するも、完治せず。今は塗り薬のみ

ネットで検索しても、病院の先生からも、完治までにはとても時間がかかりますと言われています。

痛みはないのですが、朝晩に患部に塗り薬をぬるため、アイメイクが全くできません。
これが一番のストレスかも。(←メイクの中でアイメイクが一番好きなので)

アイシャドウはもちろんできません。
まぶたに塗った薬が、まばたきのたびに落ちてくるのか、マスカラも気がつけばしたまぶたにぱらぱらと落ちている始末、、
でも塗ってますけど 苦笑

ただでさえマスクでメイクが控えめになりがちなところに、アイメイクがこれなので、ぱっと見はほぼすっぴんです。
かろうじてまゆげはしっかりしてるくらいで。

少し前に患部を温めて、代謝をよくすると小さくなるということを知ったので、最近「あずきのチカラ 目もと用」を使っています。
すこーーーしだけ、小さくなったような??
効果があったら、またこちらで報告します。
posted by ナツメグ at 12:40| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月04日

2学期が始まって

高校生キキの短い夏休みが終わり、早2週間。
この2週間は、いろいろあって、あっという間に過ぎていきましたね、、、
そろそろ普段のペースに戻さないといけないと思いますが、わたしはずっと目をつぶっておりました。

気にはなるけど、目をつぶる、ということが、最近あまりストレスにならずにできるようになったような気がします。ようやく。
気になることを発言して、結局いい結果を生み出さないことが多く、それではあまりに身がもたなすぎて、やっと学習したということでしょうか。苦笑

そうそう。
夏休み明けに、7月末の期末テストの結果が返却されました。
今年はコロナの影響で、いろんなことが例年とは違うスケジュールで行われていますが、このテスト返却の遅れもその影響のひとつです。
今回の期末テストは並々ならぬ気合を入れて臨んだキキでしたが、その努力が実を結び、3年間で一番よい成績を修めることができました!
やればできるって、こういうことを言うんですね。涙
キキ本人が一番分かったと思いますが。
このやる気を、もう少し前から出せていれば、、、とは、もちろん本人には言っていません。
これまでの紆余曲折があったからこその、今回の結果なのかもしれないとも思うので。
結局、周囲がどれだけ言っても、本人のやる気にかなうものはないということが、今回のテスト結果でしみじみと分かりました。
しかも、いつもなら、ほんの少し順位や点数がよかっただけでも「ごほうび」にかこつけて、何かしら買って〜と言ってきたのに、今回はそれがない!!
これは本気だな、と。

今朝、玄関から出る間際に「今日、雨降る?」と聞かれて、天気予報を全くチェックしてなかったわたしは「ん?調べてないから、よくわからない」と答えると、なんで調べてないの?と言わんばかりに、ぷいっと外に出て、ドアをがしゃんと閉めて行ってしまいました。
そんな気分屋なところはまだまだ健在で。

でも、お母さんは何にも悪くないと思うんだけどな。
posted by ナツメグ at 12:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月27日

夏休み 2020

気がつけば、最後の記事を投稿してから3週間も経っていました。
ステイホームの夏休みもあっという間に終わり、通常運転が始まってから早10日。
早いものです。

キキが受験生ということで、コロナが流行する以前から(去年から)今年の夏休みはステイホームが我が家では決定していました。
夏休みは受験生にとって大事な長期休暇ですから、、、
実際にはいつもよりもだいぶ縮んで3週間の夏休みになりましたけど、しっかりとやるべき勉強はしていたのではないかと思います。
部屋の中まで見れませんが、本人の様子からそのように感じました。

夫婦の夏休みは週末をはさんでの9連休だったのですが、見本のようなステイホームな夏休み。
外出先は、近所のスーパーAと少し遠い大き目スーパーB、サーティワンアイスクリーム、ニトリ、、主なところはこんな感じ。
必要な買い物に出ただけです。
あとは、家で普段できない掃除をしたり、片づけをしてました。

そして、朝食は少しばらつきがありながらも、昼食は12時、夕食は18時のリズムを9日間はきっちり守りました。
ほとんど寮生活のようですね。←わたしは寮母?!

20時過ぎには家族全員の入力が終わり、夜は夫婦でゆっくりとお酒を飲みながら、新聞を読んだり、テレビを見たりしてましたね。
ワインが一番多かったけど、あとはわたしは梅酒とかチューハイとか。
のんびり〜、最高。

そう!
夏休みの一番のイベントは、キッチンに鎮座していた食器洗浄機を、システムキッチンの中に埋め込んだことです。
実際には埋め込んだわけではありませんけど。 苦笑
もともとマンションを購入したときから備え付けの食器洗浄機があったのですが、中古でマンションを購入した時点ですでに古い型のものだったし、うちはうちで新しい据え置き型の食器洗浄機を持っていたので、それをキッチン上に置いて使用してました。
ただ、それだと、調理スペースがかなり狭い。
ずっと狭い狭いと言い続けてましたが、キッチンをまるごと替えるような予算はないし、どうするかと考えた結果、新しい食器洗浄機をキッチンの備え付けのものと交換しようということになりました。
専門の業者のかたにお願いして、値引きも少ししてもらえて、ありたがい♪
あと、ずっとデザインが気に入らなかった蛇口のレバーも、好みのタイプのものに交換してもらいました。

蛇口は直接効率には関係ないけど、食洗器がキッチンの上からなくなったことは、本当によかった!
工事をしてもらう前に想像していた以上の仕上がり。
こんなにいいとは思っていませんでした。
なにより、キッチン上のスペースが広いのが、もううれしくてうれしくて。
すぐに、さっと置けるんです、作り置きのものとか、なべのふたとか! 笑
posted by ナツメグ at 12:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月05日

オープンキャンパス

先日、キキと一緒にある大学のオープンキャンパスに行ってきました。
今年はコロナの影響で、学生数の多い大学ではほとんど行われていないオープンキャンパスですが、今回行ってきたのは「すべりどめ」として考えている大学。
たとえすべりどめだとしても、万が一、通う可能性があるのなら、一応見ておきたいということで参加しました。

事前に目を通していた大学の資料から考えていたイメージ(雰囲気)、通学の距離などは問題なかったのですが、オープンキャンパスのイベント後、大学の門を出たとき開口一番キキが「ここの大学は(行かなくて)いいかな、、、」と。

不思議なことに、わたしも同じようなことを考えていたので、そうだね、と。

夏休みに入り、もうすぐ進路について、担任の先生との三者面談があります。
その際に、希望校、進路について確認することになるので、しっかりとキキの希望の進路についてすりあわせをしておきました。
親子で意見が違うことがあるとまずいのでね。
(実際に三者面談で親子バトルが勃発することも、ままあるそうですが)

今年は夏休みが通常より短いですが、条件はみんな一緒。
自分がやるべきことをしっかりこなして、夏休み明けの模試では合格判定が一つでもランクアップしていることを期待しています!
posted by ナツメグ at 13:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする