2018年07月09日

塾の個人懇談

シナモンが通う塾にて、個人懇談がありました。
最近の授業のこと、宿題のこと、志望校のこと。

シナモンが今、第一希望にしている中学は、入塾時点から決めていた学校です。
塾の先生にもそのように伝えてあり、私たち夫婦もシナモンも、ずっと変わらず第一希望のまま。

大変ありがたいことなのですが、先生からは「受験する学校のランクをひとつ上げませんか?」と言われました。
「最近の模擬テストの判定を見ると、今の志望校はほぼ射程内に入っているし、ランクがひとつ上の学校(具体的な学校名を挙げて)にも、これから十分狙えますよ」と。
普通ならここで奮起するのかもしれませんが、私たち夫婦の答えは変わりません。

私たち夫婦がシナモンに中学受験をさせるのは、地元の中学の方針(進路指導)がシナモンには合わないと感じているからです。
だから、シナモンに合いそうな中学(第一志望の私立中学)を選び、受験することにしました。
なにがなんでも「私立中学に」というわけではないんです。

なにがなんでも、、になれば、もっと必死に受験勉強をする必要が出てくると思います。
そして、少しでも難易度の高い学校を目指そうとするのではないでしょうか?
うちは、その中学受験に必要な必死さからは距離を置きたかった、なぜなら、シナモンが友だちと過ごす時間も大切にしたかったからです。
そこを削ってまでする受験にはしたくありませんでした。

塾に週3回(今月末からは週4回)通い、塾の宿題をきちんとやるだけでも、十分受験のために時間を割いていると思います。
時にはその時間さえいやで、もがくシナモンもいます。
でも、第一希望の中学のオープンスクールに行って以来、シナモン自身もその中学に合格したいという気持ちの芯の部分はぶれていないから、がんばって勉強を続けてこれています。

これくらいの受験で、十分じゃないかと私たち夫婦は考えています。
もしこれでだめなら、縁がなかったということで、地元の中学に通います。
だから、受験できる回数はすべてこの第一希望の中学のみ、ほかのすべり止めは受験するつもりはありません。

話がそれましたが、志望校は変えませんが、だんだんと模擬試験を受ける回数が増えてきています。
今回は、第一希望の中学対策用の模試、塾の実力テストが2回と、8日間の間に3回のテストを受けました。
テストを受けるのも疲れるようですが、本当の中学受験の時にも2日連続ということもありえるので、しっかり慣れてもらおうと思います。
posted by ナツメグ at 12:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]