2017年04月13日

新しいクラス

春休みがあけて、始業式。始業式と言えば、クラス替え。

その日、お昼ごはんを食べていたらシナモンからメッセージがきて「今日、塾を休んでもいい?」と。
いやーな予感がします、、よね?
途中のメッセージのやりとりについては割愛しますが、要するに、新しいクラスにひどくショックを受けていて、塾に行けるような状態じゃないと言いたかったようです。

4年生で仲良くしていた友だちとは、ことごとく離れてしまい、新しいクラスには遊ぶ人がいない!
というのがシナモンの言い分。
(結果的としては、その日はきちんと塾へ行きました)

小学生にとってクラスのメンバーは、すごーくすごーく大事なことだと思います。
でも、そうかといって、こればかりは親の力でどうすることもできません。
新しいクラスが憂鬱だと言って泣くシナモンには、新しい友だちもできるって!というようなありきたりな励まししか浮かばず、、
と思っていたら、シナモンに話しているうちに、わたし自身の友人の中で、学生時代から今までずっと仲良い友だちとの最初の出会いは小学5年生だったことを思い出しました。
それを話すとシナモンの顔がぱっと明るくなり、、「今のクラスでいい出会いがあるかも♪」な流れになり、なんとか一件落着した感じに。

その後、数日間の登校日は、なんだか憂鬱そうな様子のシナモンで、わたしとしても内心心配だったのですが、少しずつクラスの中を冷静に見渡してみると、何人か遊べる友だちがいたそうです。
そしてついに昨日「今のクラスで1年間、やっていけそうな気がしてきた」と。

クラス替えの瞬間(初日)は、それまでの友人達と離れたことで頭がいっぱいで、今のクラスの中に誰がいるかをほとんど見れていなかったようです。本人曰く、視野が狭くなってたらしい。
でも、数日を過ごすうちに、このクラスもそんなに悪くないぞと^^

今のクラスでもまたたくさん友だちを作って、元気に毎日、楽しく学校に行ってくれることを祈っています。
ラベル:5年生
posted by ナツメグ at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | シナモンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック