2017年02月14日

学校の靴箱事情

今日はバレンタインデー♪
だんなさまとシナモンにプレゼントするチョコレートは昨日購入しました。
今日の夜に渡す予定です。

ところで、数日前に急にシナモンがわたしに寄ってきて一言。
「今年のバレンタインデーは、たぶんひとつもチョコレートもらえないと思う」

???
”今年の”って言ってますが、シナモンがもらうチョコレートは毎年わたしからのみです。
今年はキキが気まぐれでおすそわけしてましたけど。(ラッピングは当然なしで 笑)
そもそもどうして急にひとつももらえないと思うなんて宣言をわざわざしに来たのか?

「うちの小学校の靴箱は扉がないから(つまり靴が丸見えってこと)外から見えたらはずかしいやん?」

つまり、なんだか知らないけど、シナモンは母に「たぶん誰かがオレにチョコレートを渡したいなって思ってるとは思うんだけど、靴箱に入れたら外から見えちゃうと恥ずかしいから靴箱には入れられない(=オレには渡せない)」ってことが言いたいようです。
息子がひとつもチョコレートがもらえなくても、かあさん、安心して!と言いたいのでしょうか?(苦笑)

まだ10歳だから、こんなことも母にいちいち話してくれます。
ちょっとピントのずれた?オレ様発言も、わが子だとかわいい。←親ばか
いつまでこのかわいさは続くんだろ〜。
posted by ナツメグ at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | シナモンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック