2016年12月15日

真田丸 第49話

過去に1年間通して見た大河ドラマは「平清盛」「八重の桜」ですが、いずれも出演俳優のファンだったということが大きなポイントだったことはまちがいないのですが、
今年1月に真田丸を見始める時、見ることを決めた理由が出演俳優じゃなかったので、このドラマを見ても誰のファンにもならないだろうと思っていました。
そしてそのまま第48話まで見ました。

ところが、先日の第49話を見た直後から、、今、主演の堺雅人にココロをつかまれかかっています!(笑)
最後の最後にきた、きりとのシーンです。
演技がよかったということになるのでしょうけど、堺雅人の表情、視線がとにかくよかったのです。
今までまったく興味がなかった堺雅人という俳優のことを、通勤電車の中でかなり調べました。
あと1話で終わってしまうのが、ほんとうに残念、、、
posted by ナツメグ at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック