2016年08月05日

夏のおでかけ

中学生で部活をやってる子どもを持つ保護者の方なら分かると思いますが、
中学生になった途端、家族で外出できる機会がほとんどなくなります。
週末は部活、そして夏休みなどの長期休暇も部活ほぼ一色になるからです。
去年の夏も計画を立てるのに四苦八苦したのですが、今年はさらにいろいろあって、
当初、家族で出かける予定をしていたキャンプ(1泊2日)をキャンセル、その後、別の日にあらためてデイキャンプを予約するも結局行けなくなりそうになりキャンセル、わたしの実家への帰省に関しては、当初4人で帰省する予定にしてチケットも手配済みだったのを、キキとだんなさまは自宅に残り、わたしとシナモン2人だけで帰省する予定に変更(そして二人分は手数料を払ってキャンセル)、、ととんでもなく変更に変更が必要になってしまいました。

部活の顧問の先生へ。
もっと夏休みの練習予定を早めに立てて、スケジュール表を夏休みが始まる前にください。
スケジュール表をもらったのは、夏休みに入って2日ほど経ってからでした。

ぶつくさ言っても仕方なく、それはそれで対応するしかないので、、、とここからが本題。

本当は部活の練習を一日も休みたくないキキなのですが、家族のために一日休んでもらって、とある休日に家族で「保津川ラフティングツアー」なるものに参加してきました。
保津川下りって、前からずっと一度してみたかったんですよね。
優雅に船に乗って、川を下っていくやつ。
あれこれ探していたらラフティングというものを見つけ、おもしろそうだったのでこちらにしました。

2時間かけて、水をばしゃばしゃ浴びながらの川下りは、かなり楽しかったです。
途中で雨が降ってきたりもして、全体的には薄曇りな天気だったんですが、そのおかげで日焼けはほとんどしなかったので、それはそれでわたしはよかった。
4メートル級のがけからジャンプして川に飛び込むというアクティビティもあり(希望者のみ)アラフォーのわたしももちろんジャンプ!(苦笑)
水面に着水した時についた手のひらが、めちゃくちゃ痛かったです。
参加者は我が家以外にもいたんですが、だんなさま、シナモン、わたし、キキの順に飛び込みましたよ。
キキは4メートルがどうしても無理で、3メートルからでしたけど。
川を下って行くと、ところどころに遊園地にある「急流すべり」的な流れの激しいところがあるのですが、ボートで通過しながら「この流れはつくりものじゃないんだな」と妙に感心したり。(笑)
感心しつつも、水は思いっきりかかってくるし、ボートは揺れるしで、ギャーギャーさわいで。
童心に帰って、久しぶりにはしゃいだ2時間でした。

この日がたぶん我が家にとって唯一の家族そろってのおでかけだったので、お昼も夕食も子ども達が食べたいものを食べ、ジュースがほしいと言えば買ってあげ、だんなさまもわたしもその日はあまあまな両親でした。
外出してもあまりテンションがあがらないシナモンが「めちゃくちゃおもしろかった。また行きたいなー」と言ってくれたのがうれしかったです。
キキも楽しんでくれたようで、よかったです。
実はラフティングの後、キキは夜から塾がありました。
予めしっかり準備をして、文句も言わずに行きました。
そういうところも、キキはずいぶん変わったなあと感心しています。
posted by ナツメグ at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック