2016年04月05日

なかなか治りません

毎週、経過観察に通っている整形外科。
今朝の診察でようやくシーネが外せるかと期待していましたが、まだ外すには早いとのことでした。残念。
レントゲンが発達して、昨今の整形外科では小さな骨折も見逃さなくなったようですが、少し前、、たぶんわたしが子どもの頃だったら、そんな程度の突き指は、きっと”突き指”としての処置しかしてもらえなかったんでしょうね。←と知人が言っていました。
結果として、意図的じゃないけれども突き指を放置することになり(骨折としての処置をしていない)、指の関節が変形したりした友人がそういえばいたなあと思いました。

話は変わりますが、
シーネの装着と並行して薬を処方してもらっているのですが、この薬の内容が間違えられていたことが発覚しました。
薬を持ち帰った日の夜、薬を間違えて処方した可能性があるということを薬局から電話で聞いて、その日のうちに正しく処方された薬を持参してくれ、後日、薬局の管理者の方が自宅まで説明に来たのですが、こちらが薬を間違えた原因を聞いているのに、答えが「成分が似てるので間違えた」との一点張り。
成分が似てることが薬を間違えることに繋がる根拠が分からず、薬剤師の方はおそらくいい大学を出て、頭だってよいはずなのに、どうしてこんな簡単な質問の答えがそんな説明になってしまうのかとがっかり。
たぶん、本当のことを言うと何か都合の悪いことがあるんじゃないかと疑っていたのですが、、

その薬の処方間違いのことは通院している先生の方にも報告が入っていて、診察の折に「薬局からはどういう説明を受けましたか?」と聞かれたので、成分が似てると言われたたものの納得できないことを伝えると「成分が似てるなんて、そんな説明を受けた?どうなってるんだ、、、どうせ処方せんに印字されている漢方の番号を見間違えただけだろう」と言われました。

先生曰く「3」と「8」の見間違いじゃないかと。
そうだ!と納得。
だってそれ以外に間違えようがないですよ?
成分が似てるだなんて、患者をなんだと思ってるんだ。(怒)

漢方なので大事には至りませんでしたが、もっと大きなことになっていたらと思うと怖い。
キキは間違えられた薬を飲んだ数回、飲んだ直後に腹痛を訴えていましたが、ちょうどその時から薬が混合薬になったので軽い副作用かな?と思って軽く考えていたのです。
素人には、薬剤師さんが出してくれた薬を飲むことに何の疑いも持ちませんよね?見ても分からないし。

ひやっとしたできごとでした。
みなさんもお気をつけください。
ラベル:骨折
posted by ナツメグ at 12:42| Comment(2) | TrackBack(0) | キキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

キキちゃん、大丈夫ですか?
確かに今の医学は本当に発達しているので、レントゲンに限らず
色んなことが分かるようになりましたね。私たちの子供の頃には
なかったアレルギーなどもたくさんありますし。
ただ、薬の件はダメですよね。子供ならなおさら怖いです。
私は以前腎盂腎炎(膀胱炎のひどいようなもの)をインフルだと誤診され
タミフルを飲んだことがあります。確かに一時的に熱は引きましたが・・・。
とにもかくにもお大事に。

Posted by かんな at 2016年04月05日 19:07
◆かんなさん

おかげさまで、キキはその後(ゆっくりですが)経過は順調です。
ありがとうございます^^

周囲に薬の処方間違いをされたという人を聞いたことがなかったのですが、かんなさんも経験されてたんですね。
インフルエンザと誤診されたんですか、、でもそう言われたらそうだと思っちゃいますよね。
医師も薬剤師も人間だから間違えることもあるだろうけど、でもやっぱり人命にかかわることを職業にされているからには、慎重に判断してもらいたいものです。
Posted by ナツメグ at 2016年04月10日 15:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック