2016年03月14日

縮毛矯正後のパーマ

春が近づいてきたこともあり、髪形を変えたくなったので、週末に美容院へ行ってきました。
タイトルのとおり、昨年秋からストレートにしていたのですが、そろそろあきてきたので、長さは変えずにパーマをかけようと考えました。
ただ、縮毛矯正後にパーマをかけても、かかりにくいんじゃないかということは、素人のわたしでもなんとなく想像できたので、その辺の判断は美容師さんに相談して判断しようと思いました。

施術前に希望のヘアスタイルを3種類見てもらいました。
第一希望は、大きなウエーブが全体にかかっているスタイル
第二希望と第三希望は、毛先だけにくるんとパーマがかかっている長さ違いのスタイルでした。

かかりにくいからやめた方がいいと言われれば、あきらめるつもりでした。
無理を押してまでパーマをかけて、すぐにとれてももったいないですし。
でも、担当美容師さんは、きつめにかければいけるでしょうと第一希望のスタイルでゴーサイン。
いいのぉ〜♪とその時はよろこんだのですが、、、

パーマをかけてから2日後の月曜日。
どう見てももうウエーブがない。
ウエーブがあるように見えるのはわずかに毛先のみ。
髪の大半のパーマをかけた部分は、ぱっと見た目はストレートな感じに見えますが、よく見ると縮れているような感じ。
もちろん手触りもごわごわして、前とは比べ物にならないほど悪い。

一応、今朝はそれなりにセットしていきました。
結んでいくのもしゃくだったので、ダウンスタイルで。
席が近くの先輩から、ちょっと言いにくそうに「今日のナツメグさん、髪がぱさついてるけどどうしたの?」と言われました。
パーマをかけたことには全く気がついてない様子で、、、(涙)

そりゃあわたしも事前に自分でもっとリサーチすべきだったのかもしれません。
そこは少し反省しています。
でも、美容師でしょ?ヘアケアのプロでしょ?
こんなことになる可能性が少しでもあったなら、きっぱりと「やめた方がいいです」とどうして言ってくれなかったのでしょうか?
年下の美容師さんですが、わたしは決して高圧的な態度をとって「やめた方がいいです」といいにくいような聞き方はしませんでした。
あくまで「大丈夫ですか?もし無理ならこっち(毛先のみの方)でもいいんですけど、、」とお伺いしたんです。
信じていたのに、本当に残念です。

保証期間とやらがあるので近いうちに行くつもりですが、この状態でまさかもう一度パーマをかけなおす勇気はありません。
縮毛矯正した髪は本来の髪の組織がすでに変化している状態なので、そこにパーマを(しかも半年以内に)かけるなんていうことは、かなり無謀なことだと知りました。
すでにそれを1回してしまったわけです。
だからわたしの希望としては返金です。これ以上のダメージは避けたい。
実際にはお金を返してもらっても、もう元の髪の毛には戻らないわけですから、本当はお金よりわたしの元の髪の毛を返してほしいという気持ちです。
ただ、美容院として返金というのは、たぶんあまりしたくないことだと思うんですよね。
だから、そう言われた時には、妥協案として、金額相当のトリートメントの施術で返金代わりにしてもらえたらいいなと考えています。
それならまあ少しは納得できるかな、と。

明日もどうやら定休日のようですので、水曜日に決戦に行ってくるつもりですが、うまく行くでしょうか、、?
posted by ナツメグ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック