2016年01月18日

ひとりの時間

キキの朝練のため、週末は朝5時起床でした。
送り出した時点で6時。
平日はだいたい寝不足気味だから、もう一眠りしようか迷いましたが、せっかく早起きしたんだしと思い直して録画していたドラマ(わたしを離さないで)を見ました。

ドラマが終わるころに起きだしてきたシナモンと朝食を食べ、ゆっくり新聞を読んで、洗濯をしたり、散らかっていた書類やDMを整理していたらもうお昼。
昼食後、シナモンが遊びに行った後はおひとりさまの時間になりました。

数年前まで、夢のような時間だった「おひとりさま」の時間が、
キキが中学生になり、週末もシナモンが友だちと遊ぶようになった途端に、ひんぱんに手にできるようになった幸せ。
ひとりになる時間ができたらやりたいことが山のようにあったはずなんですが、
こうやっていざひとりになった午後にわたしがしたことと言えば、
・テレビを見る(録画じゃなく、その時放送していた番組
 →録画してまでは見ないワイドショーを見ることはわたしにとってある意味ぜいたくな時間なのです
・教育関係の読書
・部屋の掃除(着なくなった衣類の整理と全部屋に掃除機をかける)
掃除機をかけ終わるころにシナモンが帰宅しました。

大したことはしてませんが、それでも夕食には少しだけ手の込んだおかずを作る余裕があったりしたので、やっぱりひとりで過ごす時間を持てるということは意味のあることなんだと思います。
posted by ナツメグ at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック