2015年09月09日

実力テスト

2学期入ってすぐの実力テストの答案がすべて返却されました。
夏休みが終わる10日前からテスト勉強モードに無理矢理入れて勉強してきたので、結果をある程度は期待していました。

実際に返ってきた答案の結果は、まあまあってところでしょうか。

キキは自慢じゃないけど漢字がとっても苦手です。
中学1年生がどのくらいの漢字がかけて当然なのかというレベルが分からないですが、
意味から考えたらそれはないんじゃないのーというようなミスが結構あります。
地道に覚えていくしかありませんね。

平均点はさておき、得点のよかった順は
1 理科
2 英語
3 社会
4 数学
5 国語
でした。

得意の理科のできがよかったのはさすが。
英語はまだ1年生レベルだからこれくらいは取れて当然でしょう。
(さらに言わせてもらうと、キキの中学の英語のテストははっきり言って難しくないです)
社会と数学は僅差、平均点と苦手な度合いなどを考えたら(社会は苦手科目)この結果はぼちぼちかなというところです。
問題はやはり国語なのです。

小さい頃は結構絵本を読み聞かせたりしていた方だと思うのですが、
いかんせん本人が活字にあまり魅力を感じないまま成長した模様。(苦笑)
おはなしを読む楽しさまで伝えきれなかったわたしの力不足もあると思います。
読書も最近はほとんどしないし、新聞も読まない、、
Z会の教材についてくる子ども向けのうすっぺらい小冊子なんかも、読むのをめんどくさがって「いらない」と。

読解力の不足はもちろん、それ以外にもやれることがあるのは分かるけど、いかんせん反抗期なので、こちらがやらせようとすればするほどやらない方向へ。
さて、どうしたものか。
posted by ナツメグ at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック