2014年11月29日

学童保育、卒業しました

11月最後の平日だった今日、シナモンが学童保育を辞めることになりました。
もちろん辞めさせられたんじゃないです。こちらから自発的に。

1年生の4月からお世話になっていました。
学校のクラスとは違うクラス(1年生から3年生までの合同クラス)に馴染み、一緒に遊んでくれる楽しい先生にも恵まれて、1年生の間はとても楽しく通っていました。

ところが2年生になり、一緒に遊んでくれた楽しい先生は他の小学校へ異動してしまいました。
代わりに来た先生は、その先生とは全くタイプの違う先生でした。(詳しくは書きませんが)

そのうち(それだけが理由とは思いませんが)シナモンがだんだん学童保育に行くのを嫌がるようになってきました。
しかも、それはシナモンだけじゃなく、前年までいた先生を知ってる他の子ども達からも同じような声を耳にするようになりました。

そこに追い打ちをかけるように先日のシナモンのけが。
今まではまだ2年生だから毎日ひとりで留守番するのは危険だと思い、なんとか行かせていたけれど、このけがでさらにシナモンの「辞めたい」熱が加速されることになってしまいました。

そうかといって、わたしは仕事があるからそんなに早く家に帰ることはできません。
対応策として、週末に通っていたスイミングを平日に変更することにしました。
そうすることで、平日、シナモンがひとりで留守番をする日が少しでも減ることになります。
シナモンは習いごとが2日あるから、ひとりで留守番するのは残りの3日。
キキが小学生のうちは、キキの習いごとの時間までは一緒に家にいることになるから、完全にひとりでの留守番は1日だけです。

留守番とはいっても、最近はもっぱら友だちと公園で遊んでいることが多いシナモン。
(今までは学童保育から帰ってきてから、たった30分だけでも、公園で遊んでる友だちと合流して遊んでいました)
家でテレビを見たりゲームをしたりして過ごすだけの留守番なら絶対学童保育を辞めることはなかったと思いますが、
友だちと遊ぶ時間が増えるなら、それもまあいいかなということもあり、シナモンの意志に沿う形で決断しました。

ちなみにキキが今のシナモンくらいの頃、キキはまだひとりで留守番ができず、
しかも学童保育からみんなで下校するのがいやだという理由で、毎日学校までわたしが仕事帰りに迎えに行っていました。

同じきょうだいでも全然違いますね。
ラベル:学童保育
posted by ナツメグ at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | シナモンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック