2012年11月28日

廃線ウォーキング

キキが1歳になったくらいの頃から「いつか家族で行ってみたいな」と思ってガイドブックまで買ったのに、
なかなか実現できずにいた廃線ウォーキング。
あれから8年の月日を超えてキキはすでに9歳ですが(笑)やっと先日行ってきました!!

こんなとこ。
廃線ウォーキング1.jpg

最寄駅からこの廃線までの道のりを駅(JR)の駅員さんに尋ねても、道は教えてくれないそうです。
それくらいJRにとっては非公式なハイキングコースってことで。

この日は、本当に気持ちのよい秋晴れで、ハイキングにはうってつけのお天気♪
ハイキングコースのすぐ脇には切り立った山があり、その下を川が流れています。
昔の線路のなごりの枕木を踏みながら、のんびり歩きました。

正確にはのんびり歩いていたのはわたし達夫婦で、
キキとシナモンは、好きに走ったり歩いたりを繰り返して、
「まだー?おーそーいー。早くーー」と後から歩いてくるわたし達を急かす急かす。(苦笑)

いいお天気だったから全然苦にはならなかったけど、歩きながら困ったのが、
わたし達は今このハイキングコースのどのあたりを歩いているのかが分からなかったこと。
全行程のどのあたりを歩いてて、コースの終わりまであと残りがどれくらいなのかが分からないまま、
ずっと「あとどれくらいなんだろうね?」って言いながら、のんきに歩いていました。
廃線がゆえに、気のきいた案内板は一切ありません。
代わりに「落石等による責任は一切持ちません」の看板が多数ありました。

こんなトンネルも。
廃線ウォーキング2.jpg
当然電気なんてありませんから、懐中電灯は必須!
わたしは懐中電灯があっても足元がよく見えなくて不安だったくらいです、、、
でもなぜかシナモンだけは、懐中電灯なしでどんどん一人で先に走って行くんですよ。
どうしてそんなことができるのか不思議で。
(一つしか持って行ってなかったので、ずっとだんなさんが持っていたのです)
・暗いところでもよく見えるくらい抜群に視力がよい
・本当は全然見えてないけど、テキトーに走ってる
どっちなんだろう??(笑)

トンネルの他には鉄橋もありましたよ。
実際に鉄橋の部分は危険すぎるので人が歩くのは作業用の通路だったけど、眼下に川の流れを見ながら細い通路を一列になって歩くのはかなりスリリングでした。

途中でおにぎりを食べて休憩を30分くらいした以外は、ほぼ2時間半ずっと歩き通し。
でもずっと気持ちよく歩けました。
最初に今回ハイキングしようと持ちかけた時は子ども達は全然乗り気じゃなかったのに、
帰る頃には「また来たい!」と。
はい、また来ましょう^^
今度は違う季節、、、来年の春あたりにでもね。

応援よろしくお願いします☆
posted by ナツメグ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック