2012年03月12日

宮尾本 平家物語

松山くんが主演の大河ドラマ「平清盛」は毎週録画してかかさず見てますが、
ドラマにはまると読みたくなるのが関連本ですよね。

以前、かんなさんがおススメしてくれた「宮尾本 平家物語」を図書館で借りてきて読みはじめました。



なんと言っても学生時代は日本史が全然頭に入ってこなかったので、こういう歴史本を読むのももちろん初めて。
でも、“とっつきやすいかも”というかんなさんのコメントどおり、どんどん読み進んでいます。
大河ドラマの松山くん効果、絶大です。(笑)

大河ドラマの平清盛がわたしの知識の唯一のベースなのですが、ドラマの内容とは若干異なっているシーンもあるけど、それはそれとして。

個人的には、平清盛と待賢門院璋子の関係が、ドラマではあっさりと流されているように感じているけど、この平家物語では義姉弟の関係がもっと濃く描かれていて、もしそれがドラマでもそうだったらどんな感じだったかな、、と想像したりしています。

松山くんと壇れいの共演シーン、、、(コメントはご想像にお任せします)


図書館で借りた本がハードカバーなので通勤電車での持ち運びにはかなり不便ですが、なんとか全巻制覇したいな、と。
全4巻を読み終えるのは、いつのことになるやら〜ですが、気長に読もうと思いますー♪


応援よろしくお願いします☆
posted by ナツメグ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック