2012年02月27日

出会えた日の記憶と痛み

少し前からキキの体育の授業の一部が保健の授業に変わっています。
前回の授業では、おなかにいた頃のわたし達というテーマで勉強したらしく、「へその緒を見せてほしい」とリクエストされました。

今まで取っておいた記念の品が、ついに日の目を見る時が来ました〜

へその緒の箱を開けるだんなさまの手元をこわごわと見つめるキキとシナモン。
一体どんなモノが出てくるのやら、、、と怯えていました。(苦笑)
すっかり乾燥しきった実物を見て、なーんだ^^って感じでしたけどね。

で、一緒に出てきたのが“うぶごえカセット”です。
キキの分は初めての子どもということもあって、はっきりと聞いた記憶が残っていたけれど、
シナモンの分に関しては、何故かわたしはもらった記憶がなくてー、
てっきり録音できなかったんだな、、くらいに思ってたのだけど、これがあったんです!
しかもカセットから少し進歩してMDで。

わたし自身が全く聞いた記憶がないので、まずこっそりと試しに聞いてから披露したいところだったけど、
もちろん子ども達はそんなことおかまいなしで「聞きたい!聞きたい!!」
そりゃそうだよね。

キキのうぶごえカセットは、キキがすっかり産まれてきてからのキキの声が主体の内容だったから、
子ども達と一緒に聞いても比較的安心して聞けたのだけど、
一方のシナモンのMDは、、、

なにやら助産婦さんの掛け声が聞こえてきて〜、
ひゃあ〜、なんか、、、わたし、、、、なんか言ってるよぅ〜○×%#◆△!$(詳しくは書けません)

一緒に聞いてて冷や汗が出てきました。
しかもシナモンはなかなか出てこないし!(苦笑)

おなかにいたキキやシナモンに出会えたことを思い出してなつかしかったことは確かだけど、
その時の喜びよりは、むしろ痛みの方がリアルに思い出されました。

自分のうぶごえを初めて聞いて、ふたりはなんとも言えない表情をしていたけど、
キキはわたしの○×%#◆△!$~な声を聞いて、
「そんなに痛いんや、、、わたし、男がよかったなー」なんて言い出す始末。
あれこれフォローの言葉をかけたけど、果たしてちゃんとフォローになったんだかどうなんだか。

痛みを伴っても、母親だからこそ感じることのできる喜びだってたくさんあるのに、
それを伝えるって意外とむずかしい、、、
このうぶごえカセットを聞いたことがキキのトラウマにならないことを祈るのみです。

ちなみに、今日の保健の授業では約3キロの赤ちゃん人形を抱っこしたらしいのだけど、
次回の授業あたりで、いよいよ妊娠のメカニズムの核心に迫りそう。
質問された時の答え、今から考えとかなくては、、、。(汗)


応援よろしくお願いします☆
posted by ナツメグ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | キキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック