2011年09月07日

プログラミンと折り紙

虹色教室に行って以来、シナモンのために取り入れた新たな遊び。


201109_プログラミン.JPG
「プログラミン」


20110905_おりがみこうさく.JPG
「おりがみ」


平日は見たいテレビが決まっていて時間がないからか、プログラミンをしたいと言うのは週末だけです。
テレビも見て〜、プログラミンにもどっぷりはまってしまったらどうしようかと心配していたから、この反応は予想外でした。


折り紙も地道に続けています。
簡単に作れそうな作品をシナモンが選んで作るのですがー、
初日に“簡単な作品と言えばこれでしょう!”とわたしがコップを作ることを提案したら、
以前に同じような作品を一緒に作ったことを思い出して、自ら「おかーさん、黄色の折り紙ある?」と聞いてきて、さらに、はさみを出してきてチョキチョキと切り始めました。


そしてできた作品がこれです。
201109_作品.JPG
左のフライドポテトね。


右の手裏剣は、キキが作っているのを見て作りたいと言い出したので、2枚の刃をわたしと1枚ずつ折って完成させました。
(組み合わせたりする作業は難しく、もちろんわたしがしました)


今まで折り紙を「嫌いだから」という理由で、ほとんどやってこなかったシナモン。
まだ数日ですが、作業している手を見ていると、なんというか、ほんとに要領を得ていません(苦笑)
指で角を押さえつつ、折り目をつける作業をする時に、押さえた指はずれてしまうし、折り目のつけ方もあいまいだし、、、仕方ないんですが。
ある年齢になればできるようになることもあるだろうけど、こういう手先を使う作業って、使ってないと発達しないんだなとあらためて実感しました。
今、このタイミングで、そのことに気がついてよかった。
やっぱり指先は、不器用よりは器用な方が何かと役に立つことが多いと思うのです。


救いなのは、シナモン自身が「もっと折り紙をきれいに折れるようにがんばろう!」と思っていることです。
なおみ先生に言われた言葉が励みになっているんだろうな、、、。


夕食後は片付けやら入浴やらでなにかと慌しいので、夕食の準備をする前の時間にいつもこうやって一緒に遊んでいます。
イライラしないで、おだやかな気持ちで、見守っていこう〜


応援よろしくお願いします☆
posted by ナツメグ at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | シナモンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック