2011年06月24日

ニモコース

「わたし、『ニモコース』やねん」とプール初日にキキが言ってきました。

キキの小学校のプールの授業は、水泳が上手い子からレベル別にクラス分けをされて授業が行われているそうです。

上手い順に、

@イルカコース
Aペンギンコース
Bビーバーコース

、、、ときて、ニモコースはC。ちなみにD以下はありません。

「『ニモコース』の子っていうのは、どれくらい泳げる人なのかしら?」とキキに質問をしたところ、


「全然泳げない人」
、、、ガクッ。


でもね、言い訳するわけじゃないけどね、去年までは耳にチューブを挿入していて医師から潜水を禁止されていて、
プールで一度も潜ったことがなかったんです。


だから、今年がプール1年生。
泳げなくても、まあ当然かナって思いたいんだけど、
問題は彼女の態度。


保育所時代からの一番の仲良しのお友達と、今年は同じクラスで、席替えしても好きな人同士を選んで隣の席になることが続いていて、さらに、、、


ニモコースでも一緒、、、、。


そのおかげで、キキ、全く焦ってませんから。
ちなみに、3年生全体でニモコースは6人いて、キキのクラスのニモコースはキキと↑のお友達の2人だけなんだそうです。


もっと焦ろうよ!キキッ!!


今、できないことはいいからさー
「もっと泳げるようになりたいー」とか、
「(イルカとまでは言わなくても)すぐ上のビーバーに行けるようにがんばるー」とか、
そういう気持ちは

ないの?


仲良し二人で同じコースだから、「○ちゃん(お友達)と一緒やから、ニモコースでいいねん〜」って完全に開き直ってる、その態度が親としては気に入らない。


ついでにこの二人、水泳が始まる前に体育の授業でやっていた跳び箱3段が跳べないことでも共通でして。


わたしもだんなさまも、決して体育会系ではないけど、
人並みの運動能力はあって、体育ができなくて(苦手種目はもちろんありましたけど)苦労したってことはなかったんだけどなー。


要は、やる気の問題だね。


だんなさまは、
「イルカとかビーバーとかニモとかかわいい名前を付けてごまかしてるからあかんねん!
「泳げるヤツ」「泳げへんヤツ」で分けたらいいねんっ」と言っておりました。
わたしもその意見に賛成です。
じゃないと、ニモ=泳げへんヤツ→泳げるようになりたい、っていう意識にはなかなかならないと思うんですよね。


最近の学校は表現がやわらかすぎだと思うのはわたしだけでしょうか?


それからもう一つ。
ニモコースの子達に先生が泳ぎを教えてくれないのかとキキが聞いたところ、

「ニモ全員がプールに潜れるようになったらね」

とのこと。
それって、それって、、、まさかの放ったらかし?
それを指導してくれるのが先生かと思っていたのですが、それはわたしのオモイチガイデショウカ?


この週末から、だんなさまがキキを連れて市民プールに特訓に行くことが決まっています。(笑)
果たして今年のプールの授業が終わるまでに、3年生の目標「10メートルが泳げる」ようになれるのか?
posted by ナツメグ at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | キキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック