2010年10月05日

キャンプ、ふたたび☆

すっかり秋らしくなり、過ごしやすくなってきました。
今年の夏から火がついたキャンプ。
夏にデイキャンプデビューした我が家は、まだ9月に初キャンプをしただけ、、、。
このままでは終われない〜と、先週末またまたキャンプを決行しました。

行き先は前回とは違う近場のキャンプ場です。

行く前にここのキャンプ場について、それほど知識がなかったので期待は特にしてなかったのですが、
このキャンプ場、なかなかよかったですぴかぴか(新しい)

なんと言ってもキレイ☆

トイレもシャワー室も炊事場も〜
管理人さんがマメにお掃除してくれているのが分かりました。
決して新しいってことはない施設ですが、これくらいキレイなら十分っていう感じ。
虫が得意じゃないキキも「ここはいい〜」と太鼓判(笑)

車からキャンプサイトまでの大量の荷物も、こんなリヤカーの貸し出しがあるおかげで大助かり。
20101002_キャンプ4.JPG

到着直後にセッティングをした後は、お決まりのバーベキューをして〜、
夕食までは広場で野球ごっこをしたり、なわとびをしたりして遊びました。
いつもなら家事に追われて参加できないわたしも、こういう場所だと思う存分子ども達と一緒に遊べるのがキャンプならではの醍醐味♪
子ども達もうれしそうだったけど、わたしも楽しかったです。

20101002_キャンプ2.JPG

前回は夕食の支度を始めたのが遅く、真っ暗闇の中での調理になってしまったので、
今回は明るいうちに調理スタート☆

20101002_キャンプ3.JPG
お昼にバーベキューをしたので、夕食は軽めにやきそば。

キキが作るのを一緒に手伝ってくれました。
家のキッチンだと、背の高さが合わないからステップを使うのだけど、キキはそれでもキッチン、特にガスコンロの前に立つのが怖いんです。
小さい頃に軽くフライパンの淵でやけどをしたのが今でもトラウマになっているみたいで、、、。
でもバーベキューコンロなら背よりも断然低いからやけどの心配もなくてキキも安心なのか?進んで調理を手伝ってくれました。

前回も今回も、主食はごはん。
キャンプと言えば飯盒炊爨なんでしょうが、炊事場でかまどを使うとずっと火のそばを離れられないし手間だからという理由で、2回とも鍋を使って持参したバーナーで炊きました。
実は我が家は普段からごはんを炊くのは鍋。
だから鍋でごはんを炊くのは全然抵抗ありません。
ただ自宅のガスコンロとは使い勝手が違うから、1回目のキャンプの時は火加減がむずかしくて少し鍋を焦げつかせてしまい。
今回は水を心持ち多めに入れて、火も前回よりは弱めの加減で炊き始めたら、少しも焦げつくことなくきれーいに炊けました。
(写真を撮ってなくて残念ですが、炊きあがりは写真を撮り忘れるくらいいつも自宅で炊く仕上がりと全く変わらなかったから)

夕食を早めに済ませると、夜は長い〜
ゆっくりシャワーを浴びて(お湯の出具合もばっちり)、テントの中でUNOやドラえもん将棋で“まわり将棋”をしたりしてまったり過ごしました。
眠たくなった頃に「じゃあもう寝ようか〜」と。
眠たいから寝るっていうのは考えたら当たり前のことなんだけど、普段なかなかそういうわけにもいかないから(子ども達が眠るまではもちろん、眠ってくれてからだって家事とか雑用とかいろいろとすることがあって忙しいですよね)
こういう当たり前のことができるってことがすごく幸せ〜♪

20101002_キャンプ1.JPG
シュラフでおやすみなさい☆

翌朝は朝食後、キャンプ場の裏手の山を少し散歩してからテントを解体して、お昼前には帰宅できました。
このスケジュールだったら、週末のキャンプでも月曜日までそれほど疲れを引きずらなくてよかったです。

今回の車内の様子。
20101002_キャンプ5.JPG
前回とあまり変わらない?

前回の車内の様子。
20100919_camp3.JPG

でもキキ曰く「足元は前の時よりも広いよ」とのことですが、見た目はほとんど一緒です。(苦笑)
今回のキャンプ場なら、テーブル&チェアは備え付けのものが炊事塔の前に設置されていたし、お天気もちょうどいい感じだったから(日よけするほど日差しも強くなかった)タープもいらない、調理道具だってレンタル料を払えば貸してもらえるそうなので、これを分かった上で荷造りをすれば、かなりすっきりとした荷造りができると思います。

現在こちらのキャンプ場にバンガロー泊を計画中です。(バンガロー泊にすればテントも不要でさらに荷物軽減!)
来月あたり、実現できるといいな〜

応援よろしくお願いします☆
ラベル:キャンプ
posted by ナツメグ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック