2010年07月16日

おにくはなにからうまれるの?

夕食を食べている時、シナモンが豚肉の入ったおかずの1品を見て
「おかーさん、おにくはなにからうまれるん?」
と聞いてきました。

どうやら「にわとり→たまご」の関係と思ったらしく。

「お肉は豚さんから生まれるんじゃなくて、豚さんなんだよ。
豚さんを小さく小さく切って、お店で売ってて、それをみんなが買ってきて食べてるの。
だから残しちゃったら、豚さんが悲しむよね。
シナモンがそのお肉を食べて大きくなってくれたら、死んじゃった豚さんはきっと喜んでくれると思うよ。」

というような説明をしました。
(こんな説明でよかったのかしら・・・?もっといい答えがあったかも)

豚肉=豚ということがシナモンにとってはすごーく衝撃的だったみたいでした。
「豚さんが死んでしまってかわいそう・・・」と言っていました。
「でもシナモンが残さずに食べたら豚さんは天国に行けるね、じゃあ全部食べるー」と。

命をいただく大切さがシナモンに少しでも伝わっていればいいな。

応援よろしくお願いします☆
ラベル:語録 
posted by ナツメグ at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | シナモンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック