2010年05月06日

プチトマト

チャレンジ2年生の5月号で届いたトマトセット。
早く種を蒔きたいとキキから言われていたのだけど、いつになく寒い春だったから、なかなか種をまくタイミングがありませんでした。

ようやく春らしく?暖かくなってきたので、今日やっと種まきをしました。

キキ_プチトマト_20100505.JPG
今はこんな感じです。

上にかぶせてあるカバーのことを、わたしが“カバー”と言っていたら、シナモンに「ハウスやで」と指摘されました。
まあ確かにハウス・・・なのでしょう。(苦笑)

チャレンジ2年生を始めて2ヶ月になります。
受講の申し込みをした時期の関係で4月号が届くのがとっても早かったせいで、4月号のテキストを終わるまでに通常よりも長く期間がありました。
ところが5月号からは通常どおりの時期にお届け。
今までのペースでテキストを進めていたら、赤ペン先生の問題を提出する目標日までに全然終わらないことに最近気がつきました。

あまりチャレンジのことでキキのペースをせかしたくない、というのが基本的にわたしにあるのですが(あくまで楽しく勉強するための副教材として受講しているので)もう少しテキストを進めるペースを速める必要がありそうです。
キキも少しは危機感を持っている様子なので大丈夫・・・かな?

最初はわたしの声かけなしで、自分からテキストを開いて勉強するくらい夢中だったチャレンジですが、最近はそこまでの熱はなくなったようです。(早っ!)
でも、「チャレンジしようか〜」の声かけには嫌がることなく「あ、そうだった!」っていう感じでやっています。

ただ、チャレンジの進み具合が学校の進度よりも早いので、特に漢字のページの取り組みが難しいみたいで・・・
算数は問題を読めば、新しいことでもある程度は頭に入ってくるようだけど、学校で習っていない漢字を初めてチャレンジで練習するのは苦しいようなのです。
もともとキキは漢字を書くのがあまり好きでない模様。
わたしが横で見てあげれば、ブツブツ言いながらも、なんとかかんとかって感じでやってはいるけど〜。

テキストをこなすのに精一杯で、同封されて届いているはてな?はっけん!ブックやら、すでに届いている漢字すらっとマシーンなどまでは全然手がまわっていません。
時間のある時に、一緒に読んでみたりしてあげようと思いつつ、なかなかです。

チャレンジといえども、教材1か月分をキキひとりでしっかりこなすのは、まだまだ難しいみたいですね。
嫌がられない程度に声をかけて、キキが少しでも活用してくれたらいいなあと思います。
posted by ナツメグ at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | キキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック