2009年08月28日

薄くなったんだね・・・

タイトルだけ見たら、「だれかの髪の毛の話?」みたいに取れなくもありませんが、ちがいますよ〜。(笑)


普段、本屋さんに行くことがほとんどない生活を送っています。
(必要な本はほとんどオンラインショッピングで)


先日、会社から最寄の駅に向かっている途中にふと時計を見たら、ちょうど電車が出発したばかりで、次の電車が来るまでに10分近くあったので、近くにあった本屋さんで立ち読みでもしようと立ち寄りました。


あんまり時間があるわけじゃないので、入り口付近の雑誌を物色。
特集が気になってぱらぱらと見たところ、もう少し読みたい衝動に駆られたので雑誌「anan」を衝動買いしました。


もともと雑誌ってほとんど買わないのだけど、ananを最後に買ったのはいつだろう??
全然記憶がありません。(苦笑)


で、本屋さんを出て、電車に乗りこみ、ゆっくり読んでいて気がついたのですが、


いつからananってこんなに薄っぺらい雑誌になったのでしょうか?


わたしが知っているananは、もっと分厚かった、と記憶しています。
メインの記事があり、それと同じか、それ以上のおびただしい広告のページが雑誌の後ろの方にひしめいていました。


最近、ネットの普及で本が売れなくなり、雑誌がばたばたと休刊する話は聞いたことがありました。
休刊まで追い込まれなくても、付録を付けて購買意欲をそそる作戦をしたり、雑誌も売れなくて大変なんだなと思ってはいたのですが。


たぶんananの記事のボリュームは以前とそれほど変わっていないと思うのですが、不況のせいで広告がかなり減ったんでしょうね。
わたしは別に広告が読みたいわけではないので、メインの記事がしっかりとあれば、かえって広告はない方が読みやすいとも言えますが。


くるくる丸めても、簡単に片手で持てるボリュームになってしまったananに、びっくりしてしまった出来事でした。


応援よろしくお願いします☆
ラベル:雑誌 anan
posted by ナツメグ at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック