2009年08月13日

スイーツデコのキラキラボックス☆

キキは夏休み真っ盛り!
そして、わたしも週末からお盆休みに突入!
ということで、親子そろって普段は参加できない平日の工作イベントに参加してきました。


その名も、「スイーツデコのキラキラボックス」製作です。


“スイーツ”とか“キラキラ”とか乙女をひきつける言葉が目白押しのこの工作、申し込みをしたわたしも実際に参加してみるまで、どんなものを作るのか実はよくわかっていませんでした。


会場に入って、置いてある見本を見ると、なんとまあかわいらしい!
もともとあまり乗り気じゃなかったキキも、これでちょっと乗り気になってくれました。
(でもしっかりわたしはキキの座席横に密着するような格好で、最後まで目を離せませんでした・・・←キキはかなりの心配性。)


先生が親切にわかりやすい説明をして下さり、参加した小学生達も2時間集中して、しっかりそれぞれの作品を作っていました。


紙粘土に絵の具を混ぜて、アイスクリームや、クッキーやマカロンなどのスイーツを作り、それが固まると、それらをガラスの容器のフタの上部に乗せるんですが、その時にコーキングを接着剤として使用し、さらにそのコーキングを絞り袋に入れて、まるで生クリームを搾り出すように絞ってフタの周りを縁取りするんです。


大した材料は使っていないんですが、初心者でも十分かわいい作品ができました!


キキの作ったキラキラボックス☆(写真は容器のフタだけです)


キキ_工作_20090810.JPG


上に乗っているクッキー2個はわたしが作ったものですが、あとはキキが一人で作りました。
周囲の生クリームの先の向きは、すべて放射状になっていますが、これも先生のアドバイスに従ってキキが全部一人で絞りました。
ケーキを焼いたり、本物の生クリームを絞った経験は一度もないのに、なかなか上手にできていて、わたしもびっくり!


帰る時にはまだ作品が完全に固まっていないので、電車に乗る時にも慎重に両手で持って帰ったキキ。
家に着くまで緊張していたせいで、かなりお疲れの様子でした。(笑)


でもイベントは楽しかったみたいで、翌朝、絵日記でこのことを書いていました。


せっかくの夏休みだから、夏休みにしかできないことをたくさん経験させてあげたいなあと思っているのですが、今回は近場でよい経験ができたんじゃないかと思っています。(自画自賛?!)
(しかも参加料は1,500円で家計にも優しい☆)


また近場でこういうおもしろい企画があれば、ぜひ親子で参加したいものです。


この紙粘土でのスイーツ作り、なかなか楽しくて、今度はわたしがじっくり取り組んでみたいとひそかにたくらんでいますので、作品が完成した際には、ぜひこちらで紹介したいと思います。
ただし、ハンドメイドも最近ろくすっぽしていない有様で、なにぶん時間がありませんので、作品披露はいつになるかはわかりません・・・あしからず(笑)




応援よろしくお願いします☆
ラベル:工作 作品
posted by ナツメグ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック