2009年07月23日

却下された提案、並びにきつい一言

夕方、学童保育から帰ってきたキキが、「今度の土曜日、TちゃんとAちゃんと一緒に遊びたいんだけど」って言ってきました。


週末にキキがお友だちと遊ぶ機会ってそう多くはないので、せっかくの機会だし、もし遊び場所が決まらなかったり、例えば公園で遊ぶつもりが雨が降ったりした場合のことを考えて、「うちに遊びに来てもらってもいいよ」と提案しました。


「やった〜!」と喜ぶキキの反応を期待していたわたしがばかだった・・・。


キキから実際に返ってきた答え。



「シナモンがいると邪魔やから、いい」



“邪魔”って・・・。
なんとも淋しい返事に、夕食の支度をしながら、ちょっぴり泣けてきた母です。
弟も仲間に入れてあげたらいいんじゃないかと思うのだけど?


小1女子が友だちと遊ぶのに、3歳の弟は邪魔・・・。
こういう時、妹だったら一緒に遊べたのかな?
そういう問題でもないのかな?


かく言うナツメグにも2歳下に弟がおりまして。
わたしが小1の頃、どうだったかなーと思い返してみるのですが、友だちの家に遊びに行く時にわざわざ弟を連れて行ってはいなかったと思うけど、自宅に友だちが来る時は、一緒になって遊んでたような記憶が。
はっきりした記憶じゃないけれど。


時に子どもの一言はするどくて、ストレートで、その一撃にガーンとやられることもしばしば、のわたし。
今回の一言もきつかったなあ〜。
当のシナモンは、のんきにテレビを見ておりましたが。(笑)


こういうことって、なかなか難しいです。
いや、別に難しいわけでもないのかもしれませんが。
今回は、わたしの提案が受け入れられなかったことがショックだったのではなく、シナモンが邪魔扱いされたことがショックだっただけなんです。


娘のきつい一言に負けないよう、わたしも強くならなければいけませんね。(笑)


応援よろしくお願いします☆

ラベル:約束 友だち
posted by ナツメグ at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | キキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック