2009年07月14日

感動の名作。さて泣いたのは・・・

先日、キキとシナモンのいとこがくれたこの本。





名作「フランダースの犬」



こどもの頃、アニメで見て大好きだったからなつかしい〜。
アニメを見ていた頃は幼かったせいか、話のすじはところどころしか覚えていないし、あいまい・・・。
でも、あの感動のラストシーンだけは今でも鮮明に記憶に残っています。


いとこからもらった翌日、こども達に「これね、よいお話だからお母さんがよんであげるね」と言って一緒にソファーに座り、いよいよ読み聞かせスタート。



開始から5分経過したところで、




母、号泣。




その後、とめどなくあふれてくる涙のため、読み進めることができず、




読み聞かせ中止。(笑)




号泣する母のとなりで、キョトンとしているキキとシナモン。
そりゃそうですよね、始めの数ページだけで特に感動する話があったわけではないですから・・・。
わたしは最初の数ページを読んだところでラストシーンを思い出してしまったために涙が出てきてしまいました。



やっぱり「フランダースの犬」はおとなになって読んでも名作でした。
思いきり泣きたい方へ、オススメです。



応援よろしくお願いします☆

posted by ナツメグ at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック