2009年03月24日

同志が減る、、、。

突然ですが、

わたしの今の職場には女性が多いです。
それも年上の。
さらに独身の。

何が言いたいのかというと、ズバリ!

子育てしながら働く女性の気持ちをなかなか理解してもらえない

ということです。

断っておきますが、別にわたしより年上で独身の女性を否定するつもりはありません。
結婚よりも仕事を選択するのは個人の自由だと思いますし、それだけ打ち込める仕事に出会えているということは、とても幸せなことだと思います。

だから、結婚と出産を選択することも、個人の自由だと思うんです。
両者ともどちらが正しいわけでもない、お互いの生き方を尊重してうまくやっていきましょうよ、って思うんです。

これって都合がよすぎる考え方なのでしょうか?

わたしの職場では、こういう考え方は「単なるわがまま」と思う方がいらっしゃって(と急に敬語になる)
これが原因で今まで何度悲しい思いをしたことか、、、。
しかもそういう考えの人は、なぜか同性である女性ばかり。

残念なことですが、それが悲しい現実です。
でもせっかく得た仕事なので、文句を言われようと、無視されようと(!)、今の職場にしがみつくしかありません。(涙)

つい最近、働く主婦(子どもはいませんが)の一人が、今月末で退職することを知りました。

理由はともかく、わたしは職場から同志が減ることが淋しいです。
兼業主婦の勢力を、今の職場で少しでも広げていきたいと思っていたのに、残念ですたらーっ(汗)

職場では、結婚後も仕事を続けている女性も少しずつ増えてはいるけど、妊娠を機に辞める人もいて、やっぱりまだまだ少数派。
さらに出産後も仕事を続けている女性となると、、、。
第一号のわたしの後、一人は復帰後退職、二人が現在育児休暇中。
その二人が末永く仕事を続けてくれることを祈るのみです。
そうすれば、少しは状況を分かってくれる人が増えるかも?!

今の職場での産休取得&育児休暇取得第一号の身としては、まだまだ試練の日々が続きそうです。
逆風に負けずにがんばるぞダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)



ラベル:仕事 主婦
posted by ナツメグ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック