2019年06月17日

今さらですが、、、中学生の通塾について思うこと

※この記事で書いていることは、あくまでわたし個人の感想であり、一般的な私立中学と公立中学を比較したものではありません。
文書中の公立中学は、娘(キキ)が通った中学、私立中学は、息子(シナモン)が現在通っている中学を指しています。


公立中学の子で塾に通っていない、という人は、わたしの知る限りごく少数派でした。「塾に通ってない」と聞くと「へー、珍しいね」という感覚です。
ほとんどの子は、学校で授業を受け、部活をして、夜に塾に行く、ということをしていました。
考えたら移動だけでも結構大変なことです。
部活帰りにそのまま塾へ直行するという人はたぶん少数ですから、帰宅して夕食を(かきこむように)食べて、飛び出すように塾へ向かう、という感じじゃないでしょうか。
通塾の回数によりますが、その生活を週に2回または3回。

キキの中学だと、基本的に宿題がほとんど出ない、出たとしてもとても少ない量でした。
比較対象が30年以上前のわたししかないのですが(苦笑)わたしの中学時代は、毎日の学校の宿題がとても多かったので、わたし自身は塾に通う余裕なんてありませんでした。
ただ結果から言うと、学校の授業と宿題をまじめにしていれば、高校進学時に困ることはほとんど何もなかったので、それで必要十分な量だったと言えると思うのです。
でも、キキの中学みたいに宿題がほとんど出ないとなると、自主的に復習しない限り、授業内容の定着はむずかしいと思うのです。
で、結果、それが通塾につながるわけです。

【結論】中学の先生がもっと宿題を出してくれれば、通塾の必要性が少しは減るのでは?


公立中学しか知らないわたしからすると、私立中学ではどういう風に授業や宿題が与えられるのか、ということにとても興味がありました。
受験前に通っていた塾の先生からは、「シナモンが通う中学は、とにかく宿題が多いからがんばって!」ということを事前に聞いていたこともあり、それを全部きちんとこなせるのかが不安でもありました。
が、入学してみると、そうでもない。
今日は結構出た、という日でも、机についてまじめに取り組めば、1時間程度で終わっているようです。
「全然終わりそうにない、どうしよう〜〜」というようなことになったことは、幸い今のところ一度もありません。
(入学前は↑これくらいのことも覚悟していました。)
少なくともシナモンにはちょうどいい量なんだと思います。

長引く時は22時までになることもあるけど、20時30分から21時30分までの間に宿題をすることにしています。

【結論】毎日、自宅で宿題をする方が、塾への移動がない上に、毎日同じリズムで生活できてよい。


ただ、こういう風な違いが出る原因として、ひとつには「1クラスにいる生徒の理解度のばらつきの差の大きさ」によるところが大きいのかな、ということも感じています。
指定された校区に住む生徒が一斉に入学する公立中学と違い、受験して入学してくる私立中学のクラスというのは、当たり前ですが、個人個人のレベルも似通っています。
宿題の内容、分量についても、個人の許容範囲はある程度近いと思っていいと思うのですが、公立中学ではそうはいかないんじゃないかということ。

先生に聞いたわけではないのであくまで憶測ですけど、少なくともキキが通った中学は、宿題が負担になる子のことを最重視したのかなと思います。(=宿題がほとんど出なかった理由)

1つのクラスの中に、勉強がとてもできる生徒とあまりできない生徒が混在しているために、全員に同じ量を出すのが基本となる「宿題」を出すのは先生としては配慮が必要だったのかもしれないと思えなくもありません。

でも、全員にとって負担にならない量にすれば、もっと学習したい生徒からすると物足りない量、はたまた根本的な演習量として少なすぎる量になるし、もっと学習したい生徒に合わせた量をクラス全員に出せば、授業についていくだけでも精一杯の生徒からすると、宿題がとんでもなく負担になることは目に見えていますよね。

クラスの生徒のレベルが似通っていない場合、ひとりひとりのレベルに合わせたオーダーメイドの宿題でないと、どこかに問題が出てくると感じます。
でも、それを公立中学の先生に求めるのは現実的には難しい、、、
だから結果的に学校の授業や演習量の不足分を塾で補うという図式が成り立っているんだと思います。

塾の費用は各家庭の負担になるのに、それが当たり前になっているというのもなんだかなあという気持ちになるのはわたしだけでしょうか。
posted by ナツメグ at 14:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

生活のリズム

この春からシナモンが中学に電車通学するようになり、朝の起床時間から、夕方の帰宅時間まで、いろんな「時間」に変化がありました。
そろそろ3カ月が経とうとしていますが、その変化について少し書きたいと思います。

自宅から中学までは、約1時間。
キキが通った地元の中学だと徒歩で20分くらいなので、その時間の差は歴然としています。
5月からは部活に入部したこともあり、授業の後に練習をしてからの帰宅となると、それはそれは遅くなるのだろうなと思っていましたが、実際にはキキが部活から帰宅する時間とそんなに変わらないような気がしています。
(すでにキキの中学時代がどんなだったかの記憶が薄れかけていますが。汗)

だいたい帰宅は19時。
今は夏時間なので、冬になれば部活の練習時間も日の入りに合わせて短くなる⇒帰宅時間も早くなるはず。

地元の中学でのキキの部活が終わる時間は、決まっているようで決まっていない、、結構、練習時間は長い方だったと思うし、徒歩20分の距離とはいっても、学校と自宅を往復するのに「こんなに重いの???」というくらいの通学かばんと部活用のバッグを持っての帰宅は、よほど元気がない限り20分では歩いて帰れないという状態でした。

シナモンは、帰宅してからも割に涼しい顔をしています。 笑
部活の練習、本当にあったんだよね?と聞きたくなるくらい。
練習はゆるいのかもしれません。←わたしは中学の部活動なんて、それでいいと思っています。

夕食を食べて、テレビを見て、お風呂に入って、だいたい20時30分くらいにはひと段落するので、そこから勉強をするようにしています。
宿題が多い時は22時くらいまでかかっているし、少ない時は21時30分には終えて、読書したりゲームしたり。

就寝時間は22時30分〜23時、という具合です。

入学するまでは、宿題が山のように出るとおびえていたけれど、実際にはそこまでの量は出ていません。今のところは、なのかな?
やるべきことをやって、毎日23時には寝てるのだから、安定した生活リズムを過ごせていると思います。

そう考えると、キキの方がよほど忙しかったですね。
塾がない日は結構ゆっくりしてたと思うんですけど(学校から宿題がほとんど出なかったから)塾がある日は本人はもちろん、親も大変でしたね。

(塾がある日 中学3年生で週3回)
学校近くまで車でキキを迎えに行っていました。夕食のお弁当を作って持参。キキは車内で着替えて、お弁当を食べてから、塾まで送っていました。確か授業の始まりが19時15分とかだったはず。
キキは21時45分まで塾。
小テストで不合格だと、居残りで22時を過ぎることも。親は駐車場で21時40分から待機してるので、居残りが終わるまで待つことに。
帰宅してから、入浴、就寝。

文章にすると、キキの方がだいぶ勉強してるように感じるのが不思議です。苦笑
このことについては、また続きを書きたいと思います。
posted by ナツメグ at 12:44| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

難聴の治療のこと

左耳の聞こえが悪くなってから、もうすぐ1カ月くらいになります。(あいまい)
少し前から通い出した勤務先近くの耳鼻科には、現時点で3回通院して、明日が4回目。
ありがたいことに、薬が効いてきたのか、もう左耳の聞こえに関しては違和感はなくなりました。
電話の「トーン音」も同じ音程で聞こえます。
毎回、聞こえの検査をするけど、たぶんこれで明日の検査はクリアできるのではないでしょうか。

それで、すっぱり通院が終わることを心から祈っています。

というのも、この病院、診察料と薬代にめちゃくちゃお金がかかりました。
結果的に、それだけの薬を飲んで治ったのなら必要経費じゃん?と言われればそれまでなんですが。
きっちりと治したかったのだから、文句は言いつつも、全部まじめに飲んでいますし。
ただ、1回の診察と薬代の合計が5000円オーバーは、なかなかきついですよ。家計に、、
初診の時は合計で8000円以上かかりました。
家計を引き締めようとせっせと節約しているというのに、この努力も通院代で今月は完全にパー。 苦笑

ま、とにかく、健康第一ってことですね。

このせいで、3週間前から予約をしていた歯医者の予約をキャンセルしました。
予定が重なってしまったわけではなくて、耳鼻科の治療費がかかりすぎたところに、歯科の治療費を払うのはお財布にきつかったので。
耳鼻科の通院はたぶん今月中には追われるはず(わたしとしては明日で最終回のつもり)だから、7月になったら行こうということで、延期にしてもらいました。

通院にかかった出費が大きくなったことが理由で別の診察予約を変更したことなんて、生まれてはじめてのことです。
ただ、治療費と薬代の臨時出費はきつかったけど、最終的にはきっちりと治してくれる先生に出会えたことには、心から感謝したいと思います。
posted by ナツメグ at 12:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

7月中旬まで待ってみよう

キキがダンスの発表会に出たのが去年の10月。
その時にダンススクールが撮影してくれた動画(USBで受け取り)をもらったのが、今年の4月末。
この時点で6か月が経っていたんですよね。
まあまあ時間かかってません?そんなものでしょうか、、

それでもここで「あー、やっともらえてよかった♪」で済めばよかったのですが、
なんと、キキの出番をはじめ、一部のクラス分の動画がすっぽり抜けていました。
抜けている、、と言ったらいいのか、とにかくUSBにデータが入っていなかった。

先生はもちろんそのことは承知で、USBを渡す時に「データが入っていないクラスの分については、また連絡するから〜」とだけ口頭連絡。

で、そこからもう1か月半が経過したんですが、なんにも連絡がない!
さすがにどうなってるのか気になって、スクールに連絡しました。

ちなみに我が家ではどういうわけか、こういう時にデータをほしがるのはいつも母であるわたしです。当の本人であるキキは、データがもらえようがもらえまいが、いつになろうが、どうでもいい感じ。いまどきの子は過去を振り返らない?常に新しいものを求めてるから?
わたしは写真とか動画とか、特に発表会みたいな特別な衣装を着たりしてるならなおさら、データは絶対にほしいです。 笑

もやもやした気持ちでずっと待ってるくらいなら、もっと早くに連絡すればよかったと思うほど、すぐに返信が来ました。
(ちなみにスクールは電話番号を公表していないので、連絡するのはメールのみ)
手違いでUSBにデータが入っていないのだけど、原本はある。
ただその原本をスクール側が撮影を依頼した業者から受け取るのに時間がかかっており、遅くなって申し訳ない。
7月中旬にはお渡しできるように努力する。
とのことでした。

いつまで待てばよいかが明確になれば、こちらも静かに待つことはできます。
キキは映っていなかったけど、受け取った発表会の動画のクオリティはとてもよかったので、キキのクラスの分のデータがもらえるのならいつになってもうれしい。
7月中旬の予定が、さらに延びないことを祈っておこう、、
posted by ナツメグ at 12:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

急性低音障害型感音難聴

突然、病名のタイトルですが、、
わたしが数週間前から罹っており、通院しながら薬を飲んでいます。

キキとシナモンが小さい頃に育児疲れで発症したのが一番最初で、それが1週間程度で薬を飲んで治った後、しばらくはなかったんですが、
数か月前に突然発症、薬でいったん治ったかと思ったら、また、、というのが続きました。

耳鼻科といえばいつも通っている病院があるのですが、あまりにおかしいので、はじめて勤務地近くの少し大きめの病院へ行きました。
ここに通院しはじめて今2回目ですが、薬が少し効いて、2回目の通院時点で聴力は少し回復していました。
でもまだ完治ではありません。まだ電話の受話器を上げた時に聞こえる「ツー」の音程の聞こえ方が左右の耳で違います。とても気持ち悪いです。

この病気(簡単に言うと、低音が聞き取りにくくなる。耳の中に水が入ったみたいに音がくぐもって聞こえる。片方の耳にだけ症状が出る)にかかると、@耳の聴力検査 A鼓膜の様子を見る B問診 で診察が終わっていました。

それが、2回目の通院時(1回目は予約が取れなくて通いの先生だったのですが、2回目は院長先生に診察してもらった)はじめて器具で耳の中の内壁(って分かりますか?)を触られて、ちょっと経験したことのないくらいの激痛を感じたのです。もちろん聞こえが悪くない方は同じことをされても痛くなく。

その症状から「神経痛を発症してる可能性があるね」とのこと。
血液検査をすることになりました。
今までの薬だけの治療から、別の症状が分かって、発症の原因を突き止めるのに一歩前進したように感じます。
これまでこの病気にかかると、「ストレス、疲れですね。ゆっくり体を休めるようにしてください」とかそんな感じだったので。 苦笑

さらに服用する薬が量が増えたことと、通院するたびに結構な診察代の請求があることがお財布にはつらいところですが、耳を大切にしたいので、根気よく通院してきちんと治したいと思います。
posted by ナツメグ at 12:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする