2019年02月27日

シナモンの通塾終了

先週をもって、シナモンの通塾が終わりました。
今月は週1になっていたので、もうあと少しだな〜というカウントダウンには入っていましたが、最終日は少し感慨深いものが。
いつもはシナモンを塾終わりに迎えに行くだけなのですが、その日は塾にふたり一緒に行き、授業が始まる前に教室長の先生に最後のご挨拶をしてきました。

この教室長の先生は、キキのこともよく知っている先生で、ずいぶんとお世話になった先生です。
懇談でも進路のこと、勉強の取り組み方、いろいろ相談にのって頂きました。
キキが小学校5年生の時の算数の授業で担任になったのが最初で、シナモンは入塾当初から最後まで算数を担当してもらいました。

大規模な大手塾ではなく、地味で家庭的なところが気に入って(もちろん教育理念に一番共感していたんですけど)入塾を決めたのがキキ4年生のとき。

通塾を始めた頃は、わたしが会社帰りのタイミングで、キキと自宅最寄駅で待ち合わせをし、電車に乗って〜塾の入り口まで一緒に行く。
塾の帰りは車で迎えに行って、というようなことをしていました。
帰りの車は、幼いシナモンを一緒に乗せて(ひとりで留守番できないから)キキのテスト居残りが終わるまで、小一時間車内で待ってたこともあったなあ。(笑)
小一時間って、、、かかりすぎやろ。

そういえば、シナモンは一度も居残りしたことがありませんでした。立派だ。

ひとりで自宅から塾に行けるようになったのも、シナモンの方が断然早かったな。
キキは慎重で怖がりな性格なので、、

中学生になってから部活との両立ができなくなってキキはやめちゃいましたけど、シナモンは無事に最後まで通えてよかった。
めでたく第一志望の学校に合格することもできたし。

最終日の帰り、車で待っているわたしの近くで、これまで2年間同じクラスで、唯一話の合う友だちといえる子と最後の別れをしていました。
「今までありがとうなー」と車内のわたしにも聞こえるくらいのはっきりした声で言ってました。
お互いスマホとかもっていないし(シナモンは家に自分が使えるipadはありますが)電話番号やらメールアドレスやらを交換することもなく、おそらくこの先もう会うことはないかな?と思います。
もう会えないと思うと淋しくなったのか、「できたらまだ週1だけでいいから塾に行きたいな」と。
できればそうさせてあげたいのはやまやまですが、我が家は授業料の支払いだけでもういっぱいいっぱいですから、、、ごめんねってことで。

でも、その友だちがいたおかげでシナモンが2年間、塾をがんばれたことは事実です。
わたしとしても塾の教室でシナモンがいい友だちに恵まれたことには感謝です。Kくん、ありがとう。
posted by ナツメグ at 12:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

通学路交差点の見守り当番

シナモンが通う小学校の保護者の仕事のひとつに「通学路の見守り」があります。
見守り当番というと、旗を持ってニコニコしながら通学中の子ども達に「いってらっしゃ〜い」と声掛けするお母さん、というイメージを持たれがちですが、わたし達がやっているのはそんなゆるい活動ではなく、交通量の多い交差点にある横断歩道を渡る子ども達を安全に渡らせる、交通整備に近いくらいの活動でした。
こっちが「おはようございます」「いってらっしゃい」と声をかけても、まだ寝起きで覇気のない子ども達からは、あまり返事がなかったりもしましたね。さびしいことですが。

交差点があるのは国道ではないのですが、校区内では一番交通量があります。
赤信号に変わっても、出勤に急ぐ車が平気で交差点に突っ込んで来たりすることがあるので危険。←そのため保護者の見守りがある
2か月に1度回ってくるこの当番が本当に憂鬱でした。
(仕事も遅れて出勤しないといけないですし)

それがそれが、昨日めでたく最終回を迎えました〜。パチパチパチ

キキの入学時からなので、シナモンが来月卒業するまでということで、まるまる10年やっていたことになります。
歳の差のあるきょうだいを持つ保護者あるある。
2歳違いなら8年で終わるわけですからね。

そんな当番も終わるとなるとさびしいものかと思いきや、そんなことはまったくありません。(笑)
当番用の旗や腕章の入ったバッグを次の当番の方へ手渡した瞬間、あーー終わったーーー!と喜びがこみ上げてきました。
だっていろいろ大変でしたもん。
しかも、わたしがこれだけやってるのに、父親は1度もしたことがないというのはどういうことなんでしょうか?
うちだけのことじゃありませんけど。

小学校最後の授業参観も終わり、小学校へ行く機会も残すところ卒業式だけとなりました。
信じられない気持ちですが、中学入学のこと、キキの大学進学のことで常に頭がいっぱいなので、さみしいっていう気持ちはほとんどわいてきません。
寂しさを紛らわすには忙しいのが一番というのは、こういうことなのかもしれませんね。
posted by ナツメグ at 12:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

バレンタインデー 2019

昨日はバレンタインデーでしたね。
わたしは前日に百貨店で買っておいたチョコレートをだんなさまへプレゼントしました。
ときめくことは特にありません。(苦笑)

キキは、クラスの男子に女子全員からのサプライズでチョコレートをプレゼントしたようです。
(チョコレートは市販のもの)
当日の朝、自分たちの教室ではない別の教室(予備の部屋)に朝一番に来るように、教室の黒板にお願いを書いておき、あとから来た男子は、その予備の教室の黒板に女子全員が朝からハート型にはりつけたチョコレートをプレゼントされるという手の込みよう。
男子が喜んでくれたこともうれしかったみたいですが、女子全員で、その計画を立てて、材料を準備をして、当日いつもより早い電車に乗って集合してサプライズの用意をして、、という一連の行動がすごく楽しかったみたい。
ザ・高校生☆って感じですね。

ちなみに本命チョコを渡す相手はおりません。(苦笑)
クラスの男子以外では、友だち達とお互いに手作りしたチョコレートをたくさん交換しあいっこしてました。
わたしの時代にはなかった文化なので、見てる方からすれば、楽しそうでもあり、大変そうでもあるかな。

仕事から帰って、夕方、シナモンにわたしからプレゼント。
「ほかにだれかからもらった?」と聞くと「ううん」
うれしいようなさみしいような。(苦笑)
すると、少しあとで玄関のインターホンがなり、画面を見ると女子2人がきゃあきゃあ言ってる。
シナモンが「おれ、行ってくるわ」と言って出て行き、玄関先でこちょこちょしゃべってから、手にチョコレートを2つ持って戻ってきた。
やるやん。
実は、去年も別の女子からチョコレートをもらっており、その時はひどく困った様子だったのですが、今回はまんざらでもない様子。
いただいたチョコレートはお菓子を収納する引き出しにそっとしまって、まだ食べてはいないみたい。
まだ食べてもないのに、お返しのことを気にしていて「ホワイトデーっていつ?」「お返し、した方がいいやんな」みたいなことを言っていた。
去年とはあまりにも違う態度に、おもわず笑ってしまいました。シナモンが成長したってことでもあるのかな?
posted by ナツメグ at 12:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

中学受験が終わって

シナモンの受験がひと段落して、数週間が経ちました。
合格発表の翌日に入学金を振込み、振込みを証明する用紙とその他の書類を週末に中学へ持参するまでが合格発表から1週間。
翌週末には学校に親子で集まり、入学に向けた説明会(第1回目)に出席。
通学靴とバッグの購入と、あとは制服や体操服の採寸がその日の主な目的です。
少し大きめの制服を購入するのがお決まりですが、その大き目の制服に袖を通したシナモンを見ると、本当にここの中学に入学するんだなと感慨深かったです。
説明会の会場に開始時間の40分前に到着していたおかげで、採寸の順番が1番のグループでした。
待ち時間0分でスムーズに採寸してもらえたので、めちゃくちゃ早く終わりました。
第2回目の説明会は1か月後。
その時は学校生活についての詳しい説明と春休みの宿題が渡されます。
宿題、、どれくらい出るんでしょうね。
たぶんこの宿題の量で私立中学と公立中学の違いをはっきりと見せつけられるんだと覚悟しています。

受験は終わったものの、通塾は続けています。
わたしが無理やり行かせているわけではなく、シナモンの希望です。(念のため)
さすがに週に4日ではなく、週1日だけ、算数の文章問題で思考力を使う授業のみを受講中。
もうそれも今月3回で終わりますけどね。(塾は3月から新学期になるので)
あと3回の授業で、中学から春休みにもらう宿題までの中だるみを少しでも避けられればいいかなと。
最近はすっかりマンガを読む時間が増えています。それも今のうちだけ。(苦笑)

そうそう。
私立中学について知らなかったこと。
私立中学で使用する教科書は、公立の学校で使用する教科書と種類は同じなんだそうですね。
無知なわたしが「教科書の購入はいつですか?」と中学で質問した際に、「義務教育ですから、学校が始まってから無料で配布されますよ」と先生に言われました。(汗)
全然知りませんでした。てっきり私立中学だから、オリジナルな独自の教科書を購入して使うのかと思っていました。
確かに中学は義務教育ですもんね。そっか、そっか、、と納得しましたけど、その場ではとても恥ずかしい思いをしました。
先生に直接質問したので、他の保護者には聞かれてなかったのが救いです。
posted by ナツメグ at 12:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする