2017年07月24日

やっぱり放っておけない

連日、中学3年生の夏休みについて思うことを書く記事が続きますが。

部活があり、午後からは塾もあった日の夜、早く学校の宿題を終わらせてしまおうと遅くまで勉強をしていたキキ。
このペースで行けば、7月末までには終わるんじゃないかと思った矢先、
昨日、部活から帰宅するなり「今日、友だちから夏祭りに誘われたから行ってくる♪」と言って出かけてしまいました。

前日、せっかく遅くまで勉強したのが、チャラになっちゃた。
夏祭りに行くために、前日遅くまで勉強していてよかった、、という考え方もありますが。

7月末までには学校の宿題を終わらせることというのは塾の先生から言われていることで(おそらく8月の夏期講習から塾の課題の量を増やすためと思われます)最初こそやる気がありましたが、夏休みに入り、部活と塾に行きながら、学校の宿題と塾の宿題をやっているうちに、だんだん腹が立ってきたのか、
「なんでわたしだけこんなに勉強しないといけないの?」
⇒ わたしだけじゃないって〜
「みんなはもっと遊びに行ってる」
⇒ 他人は他人。自分は自分。キキは遊びに行く前に、先にやらないといけないことがあるんじゃない?
「部活が大変だから、そんなに勉強できない」
⇒ 大変なのは分かるけど、家で長時間動画を見る時間はあるんだから、それは言い訳にはならないって。

のオンパレードで。

今さらながら、どうして勉強して高校に行かないといけないのか、というところが納得できていないようです。
このままじゃ、本当に大した努力もせずに行ける高校に行くことになってしまいそうです。
うぅ。

昨夜は特に門限を決めずに送り出したものの、あまり遅くなることはないだろうと思っていたら、帰宅したのは午後10時前。
通常の塾通いでは、塾の終わる時間(9時45分)に一人で自転車で帰るのは怖いからということで、車で迎えに行っていました。
でも夏祭りでこの時間に自転車で帰ってこれるなら車のお迎えはいらないんじゃ??ってなりますよね。

少し勉強をがんばると「すごくがんばった!」と、すぐに息抜きをしたくなる性格のようです。
それが本当にすごーくがんばった時ならいいのですが、その「すごく」のレベルが低い低い、、、

まだ夏休みに入って1週間も経っていないのに、すごく疲弊した気分です。
黙って目標に向かってくれていれば(少なくとも7月末までに宿題を終わらせるように勉強している姿を見せてくれれば)安心していられるのでしょうが、こういうストレスを抱えること=受験生を持つ母ということなのでしょうね。

持病のある胃を痛めないように注意しなくては、、
まだまだ長い夏休み。ふぅ。
posted by ナツメグ at 12:56| Comment(2) | TrackBack(0) | キキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする