2017年07月28日

でもまだ終わらない

試合に負けたことで部活を引退することが確定したので、母としては「これで明日からは受験勉強モードに入ってもらえる♪」と喜んでいたのもつかの間、
翌日は、引退式なる、ミーティングが学校で開かれるそうで。
部活を去る3年生を送ってくれる会そのものはありがたいのですが、開始時間が塾の夏期講習とまるかぶり。
引退式は長時間あるものではないらしく、それならどうして午前中にしてくれなかったんだろうかという親の叫びは顧問の先生方には届くはずもなく、、
「今日も塾は休みます」と塾の先生に連絡を入れました。(涙)

いつになったら夏期講習にまともに通えるようになるんだろうか。
そしていつになったらキキは受験勉強に本腰をいれてやってくれるようになるんだろうか。

とりあえず今日は引退式に行くまでに、学校から出されている夏休みの宿題を少しでも進めるように念を押しましたが、わたしの出勤前に念を押した途端にキキは不機嫌になるありさまです。

実は引退式以外にも、夏休み中には「合同練習」やら「練習試合」やらが部活であり、そのお手伝いに3年生が駆り出されるのが恒例らしいのです。
この夏に3年生はそんなこと(とあえて言います)に時間を取る余裕はないはずなのですが、、、
少なくとも顧問の先生とわたしとの間には、受験に対するかなりの温度差があることにまちがいありません。
わたしとしては、キキに一日も早く受験モードに入ってほしい思いでいるのに、横槍を入れないでほしいと思うのですが。

部活に顔を出すことで息抜きになるのならいいのですが、仮にその息抜きをしたとしても、それで満足するわけではなく、友だちと遊びに行く息抜きもするのがキキなのです。
せめてどちらかだけにしてほしいのですが、それができなくて、結局、種類の異なる息抜きの時間ばかりがどんどん増えていくことは目に見えています。

だから、部活を引退してしまった後は、3年生を引き戻すお誘いは極力してもらわないでほしいのですが、このあたりの事情を顧問の先生に理解してもらうのはなかなか難しそうです。
そんなに高校受験って甘くないと思うんだけどな。
posted by ナツメグ at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | キキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後の試合

キキの晴れ舞台を見ようと夫婦で仕事を休んで応援に行ってきましたが、残念ながら一回戦、9−1で負けてしまいました。
これでキキ達は部活引退が決まりました。

県大会出場をかけた試合の決勝戦で負けた時には(準優勝)ほとんど全員がくやしくてくやしくて泣いていましたが、今回は相手があまりにも強かったことで点差が大きく開いてしまったことが影響していたのか、みんな試合後はカラッとしていました。
あとで聞いたら、全員「やりきった!」感でいっぱいだったそうです。
それを聞いて安心しました。

試合後、顧問の先生からのお話の中では、歴代の先輩方の引退時以上にたくさんほめてもらったようで、そのことを帰宅したキキが得意げに話してくれました。
先生からは、顧問の先生としての反省と謝罪の言葉があったようです。
先生が忙しくて、かなりの練習時間が生徒の自主性に任されていたこと、もっと指導してあげられていたら、あなた達はまだまだ勝てたかもしれない、、というようなお話。
保護者として思うところもあるにはありますが、なにはともあれ、大きなけがも事故もなく、キキが悔いのない部活生活を最後まで元気に送れたことに今は感謝したいと思います。

明日からはもう、汗だくのシャツ、泥まみれの靴下、廊下やリビングに持ち込まれた砂と格闘しなくていいかと思うと、つい笑みがこぼれてしまいます。
いやほんと、これ、大変だったんですから、、、

キキ、おつかれさまでした。
posted by ナツメグ at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | キキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

やっぱり放っておけない

連日、中学3年生の夏休みについて思うことを書く記事が続きますが。

部活があり、午後からは塾もあった日の夜、早く学校の宿題を終わらせてしまおうと遅くまで勉強をしていたキキ。
このペースで行けば、7月末までには終わるんじゃないかと思った矢先、
昨日、部活から帰宅するなり「今日、友だちから夏祭りに誘われたから行ってくる♪」と言って出かけてしまいました。

前日、せっかく遅くまで勉強したのが、チャラになっちゃた。
夏祭りに行くために、前日遅くまで勉強していてよかった、、という考え方もありますが。

7月末までには学校の宿題を終わらせることというのは塾の先生から言われていることで(おそらく8月の夏期講習から塾の課題の量を増やすためと思われます)最初こそやる気がありましたが、夏休みに入り、部活と塾に行きながら、学校の宿題と塾の宿題をやっているうちに、だんだん腹が立ってきたのか、
「なんでわたしだけこんなに勉強しないといけないの?」
⇒ わたしだけじゃないって〜
「みんなはもっと遊びに行ってる」
⇒ 他人は他人。自分は自分。キキは遊びに行く前に、先にやらないといけないことがあるんじゃない?
「部活が大変だから、そんなに勉強できない」
⇒ 大変なのは分かるけど、家で長時間動画を見る時間はあるんだから、それは言い訳にはならないって。

のオンパレードで。

今さらながら、どうして勉強して高校に行かないといけないのか、というところが納得できていないようです。
このままじゃ、本当に大した努力もせずに行ける高校に行くことになってしまいそうです。
うぅ。

昨夜は特に門限を決めずに送り出したものの、あまり遅くなることはないだろうと思っていたら、帰宅したのは午後10時前。
通常の塾通いでは、塾の終わる時間(9時45分)に一人で自転車で帰るのは怖いからということで、車で迎えに行っていました。
でも夏祭りでこの時間に自転車で帰ってこれるなら車のお迎えはいらないんじゃ??ってなりますよね。

少し勉強をがんばると「すごくがんばった!」と、すぐに息抜きをしたくなる性格のようです。
それが本当にすごーくがんばった時ならいいのですが、その「すごく」のレベルが低い低い、、、

まだ夏休みに入って1週間も経っていないのに、すごく疲弊した気分です。
黙って目標に向かってくれていれば(少なくとも7月末までに宿題を終わらせるように勉強している姿を見せてくれれば)安心していられるのでしょうが、こういうストレスを抱えること=受験生を持つ母ということなのでしょうね。

持病のある胃を痛めないように注意しなくては、、
まだまだ長い夏休み。ふぅ。
posted by ナツメグ at 12:56| Comment(2) | TrackBack(0) | キキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

迷走中

気分で考えが変わることがあるのはキキの特徴なので、今回にはじまったことではないのですが、昨夜から急に志望校が変わったようです。
正直「またか、、」という気分ですが。

この期に及んで制服がかわいい高校がいいとか言いはじめ。
学校選びを制服で決めるなんてこと、わたしは絶対に嫌ですが。
少し前までは私服の高校がいいわ〜なんて言ってたこともあり、まあ、またどうせ変わるのかもしれません。

絶対にこの高校に行きたい!という学校がないらしい。
勉強したくない、、誰も好きじゃないかもしれないけど、もう中学3年生の夏休み。
今からは、嫌でも勉強しないといけない時期だと思ってやるものなのでは??

最後まで勉強をやるところまでやりきった!という経験をしないまま、テキトーな勉強で合格できそうな学校に行ければいい、、ということになるのだけは避けたいのですが、これは親のエゴなんでしょうか?

今日は終業式。
通知表よりも、今日から始まる塾の夏期講習にまともに出席できないことの方が、わたしには頭の痛い問題です。
posted by ナツメグ at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | キキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

夏休みといえば夏期講習

小学校も中学校もあと2日で夏休みに入ります。早いっ!
給食は少し前に終わってしまったので、すでに毎日のお弁当作りはスタートしてるのですが、、

シナモンの塾通いは、今のところ特に問題なく進んでいます。
宿題は言われなくても計画的に進めるし、塾に行くことも嫌がらなくなりました。
ある授業の担当の先生のことがなにか気に入らなくて、その授業だけが好きになれずにいたのですが、少し前からそれもなくなってきて、、、本当に順調すぎるくらい順調。
毎回の小テストの点数も言うことなくて、よくがんばってるなあと思います。
漢字のまちがいを直すことを嫌がらなかったら、本当に言うことないんだけどな。(苦笑)
なにせ、字を書くのをめんどくさがるタイプなので困ります。
夏期講習は通常授業より時間が長くなるので、それについて文句は言っていますが、ぶつぶつ言いながらもちゃんと行ってくれると思います。

さて、キキですが。
県大会出場が決まり、学校では顔を見れば挨拶代わりにみんなから「おめでとう!」と祝福されまくった火曜日だったようです。
ありがたいことです。
それはそれでいいんですが、、、
県大会までの間にも塾の夏期講習はしっかりとスケジュールが組まれていますが、今分かっているだけでも5日の講習が受講できないことが判明しています。(涙)
これは不可抗力だから仕方ない。今は部活にがんばってほしい。という気持ちはもちろんありますが、
勉強がんばってほしい。というのが親というもので。
5日の夏期講習、全体の日数の3分の1ですからね、、費用の3分の1は受講できないってことです。
あまりにも悲しすぎます。
部活練習の後、遅れてでもいいから受講してほしい、受講できなかった分は家に持ち帰って自習してほしい(もちろん分からないところはわたしが付き合います)、とにかく夏期講習を受けられないことは仕方ないけど、不足分を「仕方ない」と流すんじゃなくて、取り返してほしいと真剣に思っているのです。
わたしが。(苦笑)

塾からは、学校から出された宿題は7月末までに終わらせるように言われており、すでにいくつかの宿題はテキストとしてもらっています。
県大会までは部活に時間を取られることが決まっているのだから、時間がある時に今はそれをどんどんやるべきだと思うのですが、キキは今、絶賛はまり中の韓国青春ドラマに夢中、、、
少しでも時間ができると、すぐにipadを手に取り、リビングに座り込んで見ています。
この状況は何度見てもイライラしてきます。

「今、そんなことをする時間なん?!」ってどれだけ言いたいか、、、

夏前にipadとのかかわりについて塾の先生に相談した時に、「これだけハードな部活をやりながら塾にも来て、学校の成績もまずまずなんですから、今は塾にきちんと行くだけでも御の字ですよ」と言われたので、とにかく塾に行って授業を受けて、宿題をやってくれればいいのだと思い、イライラしながらも黙っていましたが、ここ数日(県大会行が決まってから)このイライラがどんどん加速しています。
夏期講習に通えないことも「不可抗力だから」と気にしていない様子。
なんかその態度に腹がたちます。(苦笑)

自分が中学3年生の頃はどうだったかということをよく想像するのですが、わたしの受験当時の事情とキキとでは違いがありすぎて、ほとんど参考になりません。
わたしだったらどうしたかと考えると、もう少し勉強しようとしたんじゃないかといいように考えてみたり。
こればかりはどうしようもないですね。

なんだかまとまりのない記事になってしまいました。
今の状況をとりあえず記録に残しただけの記事です。すみません。
ラベル:
posted by ナツメグ at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | キキとシナモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする