2016年12月25日

いよいよ年末

大人にとってはただの(?)3連休。
子ども達にとっては、もう冬休みに突入した週末です。
おかげさまでこの連休中に年賀状の投函も終え、まだ出勤日が数日あるにもかかわらず、気分的にはかなり年末モードなわたしです。

そんな中、我が家のキキとシナモンが初の二人旅。
わたしの実家への帰省です。
わたし達夫婦は仕事が休みになってから向かうのですが、一足お先に出発していきました。
今日は空港までお見送り。

初めて自分の子ども達を空港で見送った時、自分がこれまで両親にしてもらっていた時には分からなかった親心が初めて分かりました。
わたしと別れた後、こういう気持ちで展望台から飛び立つ飛行機を見送ってくれてたんだなあ、と。

無事に実家の両親と出会えたとキキからメールが来た時、心からほっとしました。
ひとつまた成長したふたりが愛おしくもあり。
数日後に会えるのが、もう、今から楽しみです。
ラベル:冬休み 帰省
posted by ナツメグ at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | キキとシナモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

最終回、翌日

ここ最近の記事がずっと真田丸なのはおいといて(苦笑)
昨日、とうとう最終回を迎えてしまいました。
録画したものを、その週の水曜日か木曜日に見るというのが我が家の流れだったのですが、
最終回はどうしても当日に見たくて、その結果、夕食の支度を5時前には始めていたという。(笑)
いろいろあって、見始めたのは7時でしたけど。(我が家はBS録画)

最終回を見て。
戦闘シーンの幸村(堺雅人)はかっこよかったし、
逃げ惑う家康の描き方とか、本当にこんな様子だったのかと思うほど、真実味がありました。
他にもいいシーンはたくさんありました。(長くなるので割愛)

ただ、幸村の最後のシーンにはちょっともやもや。
あれ?そうくる??って感じで、わたしとしてはすっきりしなかったです。
もう少しはっきりと描いてほしかったな。

最終回ってことは、もう終わり。
世間でよく言われる「○○ロス」っていう言葉があまり好きではないのですが、今回ばかりは真田丸ロスを認めざるを得ません。
朝から、そして出勤してからも、真田丸のことばかり考えていて(もちろん仕事しながら)あっという間に昼食時間になってしまいました。

帰ったら、最終回また見ようっと。
posted by ナツメグ at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

真田丸 第49話

過去に1年間通して見た大河ドラマは「平清盛」「八重の桜」ですが、いずれも出演俳優のファンだったということが大きなポイントだったことはまちがいないのですが、
今年1月に真田丸を見始める時、見ることを決めた理由が出演俳優じゃなかったので、このドラマを見ても誰のファンにもならないだろうと思っていました。
そしてそのまま第48話まで見ました。

ところが、先日の第49話を見た直後から、、今、主演の堺雅人にココロをつかまれかかっています!(笑)
最後の最後にきた、きりとのシーンです。
演技がよかったということになるのでしょうけど、堺雅人の表情、視線がとにかくよかったのです。
今までまったく興味がなかった堺雅人という俳優のことを、通勤電車の中でかなり調べました。
あと1話で終わってしまうのが、ほんとうに残念、、、
posted by ナツメグ at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする