2016年01月06日

小さな紳士

今年初の記事ですね。
記事の大半をわたしのひとりごとが占めているつたないブログですが、今年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、年始のとある日。
我が家にしては珍しく電車でおでかけをしてきました。
(ちなみにこれも珍しいことですが、外食をしてきました。普段の外食は車で行ける近場ばかりなので、、)
帰りの電車に乗ったのが夜の8時頃。
そこそこ人が乗っていたので、家族で固まって座れず、いくぶん離れて座っていました。

ある駅で、わたしの隣の人が降りたので、席が空きました。
車両入口でその空席を見つけたおっさんがいました。
わたしにはそのおっさんの様子は見えなかったのですが、わたしの向かいの席に座っていたシナモンが、わたしの隣の空席に滑り込むように座りに来ました。

ちょうどわたしの隣が空いたから来てくれたのかな?かわいいやつ♪  なんて思っていました。

シナモンに席をとられたおっさんは、ぶつぶつ何か文句を言いながら、仕方なくシナモンがもともと座っていたわたしのだんなさまの横に座りました。

そこでわたしは初めて気がついたのですが、そのおっさんはかなり酔っ払っていました。
隣のだんなさまに何かちょっかいを出したり、スマホを見せたり、しまいにはメールを送ってくれと言いつけたりしていました。

シナモンが隣に座ってくれてなかったら、、と思うと、心底ほっとしました。

子どもの言うことだから、100パーセント信じていいものかどうか、というところはありますが、
シナモン曰く、そのおっさんが酔っぱらっているのを察知して、わたしの隣におっさんが座るのを阻止するために席を移動したということです。
もし、本当に本当にそうだったんだとしたら、わが子ながら、スバラシイ!!と思いました。
なにせ、こういうわけのわからないおっさんにからまれるのが、わたしは死ぬほど嫌いなのです。
誰でもそうでしょうけど。

まだまだ子どもだと思っていたら、思いがけないシナモンの大人の対応にうれしかった出来事でした。
幸先のよいスタート☆
今年も充実した1年になりますように。
posted by ナツメグ at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | シナモンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする