2015年10月30日

参観日×2日

今週はキキとシナモンの授業参観日が重なり、あわただしい週でした。

キキは通常の授業参観ではなく、合唱発表会@体育館。
各クラスが体育大会直後から練習に励んだ合唱をステージで披露してくれました。
もともとはキキのクラスの出番が終わったらすぐに会社へ向かうつもりだったのですが、
中学生の合唱がなつかしく、歌声がきれいだったので、予定を変更して、5クラス分まで見てしまいました。
それ以上は時間的に無理でした。
全体的にクラスの人数が(わたしが中学生当時より)少ないので、女子がソプラノとアルトに分かれると、メロディーであるソプラノが小さく聞こえるという、ちょっと残念ではあったんですが、
それでもキキのクラスの合唱はきれいだなあと思って聴いていました。
翌日の結果発表、、、1年生の部で賞をもらえたようです。
朝や放課後に練習した甲斐があったとキキもよろこんでいました。
ソプラノのパートリーダーとして、クラスのみんなを鼓舞するような新聞や手紙を他のリーダーと一緒に作って、配ったりしていたみたいです。(全然知らなかった)
ひとつ大きな役目を果たしたので、ほっとしていることでしょう。

シナモンは本来の授業参観は5時間目(午後)だったのを、わたしの仕事の都合がつかず、1時間目の授業(国語)@教室。
この日は「オープンスクール」といって、授業参観以外の授業でも参観できる日となっていたので、1時間目の授業を参観することに問題はないんですが、当然のことながら、他の保護者はいません。
保護者、わたし一人だけだったってことです。
「だれのおかーさんなん?」
「えー、シナモンくんのお母さんなん!!」
「シナモンくんのお母さんは仕事してないん?」
「シナモン、めっちゃ赤くなってるでー」
などなど、、クラスの子ども達にひととおりはやし立てられてから(苦笑)授業がスタート。
参観となると先生もいささか緊張されているように見えるのですが(保護者がたくさんいるから)
この日は保護者の目が少ない分、のびのびと授業をされているように思えました。
つまり普段の様子にかなり近い状態だったと思います。
子ども達も普段どおりな感じだったし。
授業参観で、背後からお母さん達が見ていれば、どうしても意識してしまいますよね。
だからそういう意味では、イレギュラーな授業参観が結果的には「いいものが見れた」感じでした。
ラベル:授業参観
posted by ナツメグ at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | キキとシナモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

コピー機

先日の記事で「新しいプリンタを買ったばかりだけど、コピー機がほしい」というようなことを書きましたが、その後、その新しいプリンタを初めて使ってみて、コピーが簡単にできることが判明しました。(苦笑)
今のプリンタは、とっても簡単にコピーができるんですね。知らなかった。



一日に数枚のコピーをするだけで、何十枚もとるわけじゃないから、わたしにはじゅうぶんな機能。
手軽にコピーができることが分かって以来、必要な分のコピーをとって、日々のキキの勉強に活用しています。
中間テストの結果がよほど悔しかったのか、テストが終わってからもキキのやる気が継続しているので、この調子で期末テストまでがんばってくれるといいなー
もちろんそれ以降も!

期末テストは実技教科を含んでの9教科。
暗記ものが多いので、コピー機能がさらに活躍しそうです。
ラベル:プリンタ
posted by ナツメグ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

担当する楽器

11月に小学校で音楽会があります。
シナモンの学年では、大半の児童はピアニカかリコーダーなのですが、数人だけ他の楽器を担当することができます。
木琴、鉄琴、タンバリン、、などあるなかで、シナモンは打楽器を希望していて、
先日のリコーダーのテストに合格し、シナモンのクラスの打楽器担当に決まったそうです。
もともと希望者は3人いたらしいのですが、最終的にシナモンに決まったとのこと

先生から「では打楽器の担当はシナモンさんに決まりました!」と告げられた時、
シナモンは人生初めてのうれし涙が出たらしい。
「おれ、うれしくて涙が出たの、はじめてやったわ〜」とうれしそうに話してくれました。
もちろん号泣したわけではなく、ぽろっと出たくらいですよ。

とにかく念願の打楽器を担当できることになって、やる気じゅうぶんのシナモン。
明日は打楽器のうち、ボンゴ、コンガ、大太鼓、小太鼓のどれをするかが決まるらしく、学校に行くのが楽しみな様子。

練習もしっかりがんばってよ〜!
ラベル:音楽会
posted by ナツメグ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | シナモンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

いろいろ考え中

昨日返ってきた社会の答案でも、カカオのことを「カオオ」と書いていたキキです。
泣けちゃいます。
社会の答案だけで、これと同レベルのケアレスミスが10点分。10点分ですよ!
実際の点数に10点加算したら、、、
あー、勉強がんばったのに、本当にもったいない!!

塾をやめて以来わたしがキキの勉強を先導してきましたが、この中間テストをきっかけにキキの弱点がはっきりしてきたので、これからの勉強方法について軌道修正が必要だというのが今の段階での結論。
参考になりそうな方法をわたしなりに探しています。

とりあえず、自宅にコピー機がほしい。
先日、新しいプリンターを買い替えたばかりなんですが。(苦笑)
プリンターを使ってのスキャンじゃ分量的に間に合わないから、コピー機がほしいところなのです。
posted by ナツメグ at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

ケアレスミス

ケアレスミスを完全になおせる方法ってあるんでしょうか?

キキの先日のテスト結果が続々と返ってきています。
全く覚えてなかった事項が解答できなかったのは仕方ないとして、特に目立つのがケアレスミスの多さ。
「源氏物語」を「源子物語」とか「係り結び」と文中から抜き出さないといけないところを「係結び」とか書いていたり。
「上皿てんびん」のことを「じょうざらてんびん」と間違って覚えていて、なぜかひらがなで解答したために得点にならなかったとか。

答案を見ていて、ケアレスミスほど切ないものはありません。
まだ全部の答案が返却されてきていないですが、ざっと見ただけでも10点は軽くケアレスミスで落としています。

職場やPTA役員の中にも、こういうケアレスミスの多い人っています(いました)けどね。

わたしは、自分が書いたものも他人が書いたものも、文書をチェックする時は「どこかが間違っているはず」という気持ちで読み返すのですが(他人の作った文章を校正していて、ミスがないと『残念!』と思ってしまう←イヤな人だ)
ケアレスミスの多い人達は「間違えていないはず」と思って読み返すので、なかなかミスに気がつかないそうなのです。
キキも絶対そうだと思います。
さらに、根底に「見直しなんてめんどくさい」というのがあるとダメですよね。

キキはまさにこういうタイプ

ネットで調べていると、こんな記述がありました。
”テストで10点落とすのももったいないですが、高校受験の時には同点に数十人が並んで不合格になる、、なんてこともあるわけですから、まさに1点が命取り”

つまり、そのことをキキがまずしっかりと自覚して、ケアレスミスをなくしたい!と心から思わない限り、ケアレスミス撲滅は無理そうです。

とりあえず、今回のテストのすべての答案が返ってきたら、高校受験の時の1点がどれだけのものなのか〜という話をちょっとしてみようと思います。
ラベル:テスト
posted by ナツメグ at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする