2015年01月19日

語録

久しぶりのふたりの語録です。

(ある日のキキ)
テレビを見ていて「武勇伝」という言葉を聞いたシナモン。
即座に姉のキキに「“ぶゆうでん”ってなになん?」と質問していました。
しばし考えたキキが出した回答。
「ありました」ってことやん」
、、、はしょりすぎ。(笑)
一応、6年生です

(ある日のシナモン)
駐車場に車を停めようとしていた時、少し離れた所に猫がいました。
車内からその猫を見つけたシナモンが
「ねえねえ、あの猫のとこに行ってきてもいい?、、おしゃべりしたいから。」
どうやらシナモンは猫と話ができるらしいです。(笑)
本人曰く、本当らしい

いつまでもかわいいわが子です。(親ばか)
ラベル:武勇伝 猫
posted by ナツメグ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | キキとシナモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だんどりくるわせ

職場で、ある仕事の一切を任されました。
わたしが担当すべき仕事ってわけじゃなかったんですが、大きな会社でもないので、
上司が頼みやすい人(わたし)に頼んだ=それを引き受けてしまった、という結果です。

やるからには、きっちりとやらないと気が済まないし、
引き受けた以上、最後になって期限に間に合わなくなって、他の人の力を借りるようなことになるのは、わたしの(ささやかな)プライドが許さないので、仕事を言い渡された日から、自分で計画を立てて、発送日までのスケジュールを考えていました。
わたしは日頃から、残業がしにくい環境なので(子どもだけで夜遅くまで留守番させられないですよね?)急に残業という事態はできるだけ避けるよう、日々緊張感を持って仕事に優先順位をつけて片づけていってるつもりです。

そのため、今回の仕事に向けては万全に準備していたのに、後日、例の上司から、急な段取り狂わせがありました。
さすがのわたしも、今回は職場で暴れそうになりました。(笑)
詳細は省略しますが、あまりにも管理しなさすぎ。指示が不完全すぎ。
こちらに任されてるのかと思わせといて、急に「それくらい(指示しなくても)分かるやろ?」的な態度に豹変。
前々から、信用できないところのある人でしたが、この件で確定。
あちらは、わたしにどう思われようが関係ないと思っているでしょうけど

何が不満だったかって、
今回、上司に急に段取りを狂わされたせいで、
わたしがちゃんと段取りしてなかったんじゃないかと職場の人たちに思われた感が満載
準備段階の時点で、もともとの自分の仕事をする時間を大幅に取られていた結果、わたしの日常の業務がたまりにたまってしまい、結局今は自分のたまった仕事を片づけるために、ほぼ毎日残業

みんなが嫌がる仕事を即答して引き受けたのにこの結果、、、最悪です。
でも、きっとどっかでわたしの努力を神様が見てくれてるよね?ね?(笑)
そう思ってなきゃ、立ち直れないー
posted by ナツメグ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする