2014年11月29日

学童保育、卒業しました

11月最後の平日だった今日、シナモンが学童保育を辞めることになりました。
もちろん辞めさせられたんじゃないです。こちらから自発的に。

1年生の4月からお世話になっていました。
学校のクラスとは違うクラス(1年生から3年生までの合同クラス)に馴染み、一緒に遊んでくれる楽しい先生にも恵まれて、1年生の間はとても楽しく通っていました。

ところが2年生になり、一緒に遊んでくれた楽しい先生は他の小学校へ異動してしまいました。
代わりに来た先生は、その先生とは全くタイプの違う先生でした。(詳しくは書きませんが)

そのうち(それだけが理由とは思いませんが)シナモンがだんだん学童保育に行くのを嫌がるようになってきました。
しかも、それはシナモンだけじゃなく、前年までいた先生を知ってる他の子ども達からも同じような声を耳にするようになりました。

そこに追い打ちをかけるように先日のシナモンのけが。
今まではまだ2年生だから毎日ひとりで留守番するのは危険だと思い、なんとか行かせていたけれど、このけがでさらにシナモンの「辞めたい」熱が加速されることになってしまいました。

そうかといって、わたしは仕事があるからそんなに早く家に帰ることはできません。
対応策として、週末に通っていたスイミングを平日に変更することにしました。
そうすることで、平日、シナモンがひとりで留守番をする日が少しでも減ることになります。
シナモンは習いごとが2日あるから、ひとりで留守番するのは残りの3日。
キキが小学生のうちは、キキの習いごとの時間までは一緒に家にいることになるから、完全にひとりでの留守番は1日だけです。

留守番とはいっても、最近はもっぱら友だちと公園で遊んでいることが多いシナモン。
(今までは学童保育から帰ってきてから、たった30分だけでも、公園で遊んでる友だちと合流して遊んでいました)
家でテレビを見たりゲームをしたりして過ごすだけの留守番なら絶対学童保育を辞めることはなかったと思いますが、
友だちと遊ぶ時間が増えるなら、それもまあいいかなということもあり、シナモンの意志に沿う形で決断しました。

ちなみにキキが今のシナモンくらいの頃、キキはまだひとりで留守番ができず、
しかも学童保育からみんなで下校するのがいやだという理由で、毎日学校までわたしが仕事帰りに迎えに行っていました。

同じきょうだいでも全然違いますね。
ラベル:学童保育
posted by ナツメグ at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | シナモンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

年末モード

早いものでもう11月最終週ですね。
去年、年賀状を早々に完成させたのがかなり気分よかったので、今年も11月に入った頃からデザインを考え始めていました。
その上、だんなさまが恒例の出張で不在の予定があったので、出張前に作った年賀状をチェックしてもらえるように準備したおかげで、今の時点でデザインはもう完成しています。
あとは印刷するだけ。これだけでも、もう年賀状の半分は片付いたようなものでしょう。
週末を使って一気に印刷するつもりです。

ところで、近頃は日本郵便で働く方々が年賀状の購入ノルマを果たすため、買ったものの使うあてのない年賀状を金券ショップに転売するせいで、年賀状が少しだけ安く買えて助かっています。
ついでに、年が明けても売ってくれているのも助かります。
わたしが子どもの頃などは、新年が明けた後、年賀状を売ってる郵便局を見つけるのに苦労したものでした。
近所の小さい郵便局だとだいたいもう品切れしていて、少し遠くの大きな郵便局に行かないと売ってなかったので。
出していない友だちから年賀状をもらったりすると、もろにこの影響を受けました。
結果、家族で家に残った印刷していない年賀状をめぐって争奪戦をしたものです。(笑)

年賀状の準備に加え、小学校では学期末に入るため、個人懇談があるし、PTA役員が主催する会合が増えます。
お客として出席するだけのものもありますが、わたしが主催する会合もあります。
自分が主催するものについては、配布するプリントの原稿づくり、印刷をしなくてはいけませんし、
会合で使うレジュメも用意しなくてはいけません。

毎日の家事と仕事と日々の雑用とPTA役員の仕事に加え、年末年始の準備をきっちり片づけようと奔走するあまり、
子ども達へのクリスマスプレゼントの準備のことを完全に忘れていました。
、、ということに、今日気がつきました。
それも職場の方に「今年はどうするの?」と聞かれて気がついたという、、、

完全にサンタ失格。(苦笑)

今年は12月24日に学校関係の会合があり、わたしが主催者なため、12月24日と聞くと反射的に「プリントの作成と準備」としか頭に入っていませんでした。
まだ今からなら、十分間に合います。よね? まずは目当てのものを聞き出さなくては。

とりあえず、週末にツリーを出すところからはじめましょうか^^

posted by ナツメグ at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

運動場にて

PTAの役員の仕事をしていると、当然のことながら小学校に出向く機会が増えます。
授業参観で授業風景を見ることはできますが、本人が「お母さんに見られてる」という意識のない授業風景を見られるのは、PTA役員をしていてよかったと思える数少ない特典のひとつだと思います。

先日、役員の仕事を終えて学校を出る時、運動場を見ると、体育の授業でドッジボールをしている子ども達がいました。
シナモンの担任の先生が分かったのでシナモンがいるはずですが、わたしは近視で普段はメガネをかけてないので、ひとめ見ただけではどこにシナモンがいるかがわかりません。
さっそくバッグからメガネを取り出してかけてみましたが、全員が体操服なので、なかなかシナモンが見つけられない。
どこかにいるはずなんだけどなーーー・・・
と思ったその時、内野から外野に飛んでくるこぼれ球めがけて突進している子を発見。
滑り込んでがんばって取ろうとしたけど、近くにいた他の子にボールを取られくやしがってる、、、

うちのシナモンでした。(笑)

外野であそこまで必死にボールを追いかけるか?というくらいの必死さでした。
でもそんなシナモンがかわいかったです。(親ばか)

家に帰ってそのことを話すと「え〜??どっから見てたん?」と驚いた様子。
がんばってたねと言うと、恥ずかしそうに照れ笑いしていました。
posted by ナツメグ at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | シナモンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月06日

知らない一面

キキ友のお母さんとお話しする機会がありました。
その時に「キキちゃんは、先生に怒られてもがんばって練習したんだってね〜。家でも練習してきたって○○(キキ友の名前)が言ってたわよー」と言われました。
少し前に市内で学校対抗の大縄跳び大会があり、その大縄跳びの練習を学校でしていた時のことを言っているのです。

大会のことも、学校での練習のことも、キキから話は聞いていたけど、
練習中にキキが担任の先生に注意された話は全く聞いていませんでした。
そのお母さんが○○ちゃんから聞いた感じでは、かなりきつく叱られたらしいのですが、、

そういえば、そのことがあったせいか、一度、担任の先生から自宅に電話があったんですよね。
キキちゃん、練習をがんばってますよー的な。
その時はそんなこと知らないので、そうですか〜、と和気藹々と話をして終わってました。

キキが自宅でどんな練習をして行って、結果的に引っかからずに跳べるようになったのかは不明です。
家で練習なんてしてなかったと思うんだけどな。(苦笑)
まあ、結果オーライってことで。

その時になぐさめてくれた○○ちゃんとは今一番の仲良しなんですが、こういうことがあったことが大きいんでしょうね。
キキが先生に叱られたことをわたしに話さなかったこと、、、
いいように取れば、自分で叱られた理由がはっきりしていて、わたしに言うまでもないことだと思ったから、
自分で危機を乗り越えよう、そしてそれを結果的に乗り越えて、キキも成長したんだなーとも思うし、
でも一方で、そういう話を母親であるわたしにしてくれなかったことを少しさみしく思う自分もいます。

でも、わたしもそういえば、悲しかったことやしんどかったことはあまり親には話さなかったナ。

留守番の時間が長くなると「何時に帰る?」といまだにメールがすぐに来るほどさみしがり屋のキキですが、たくましくなったと思うことにしましょうか。
posted by ナツメグ at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | キキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする