2014年06月16日

独眼竜正宗

突然ですが、「独眼竜正宗」を見ています。
総集編でDVD1枚分を見終えたところ。
1987年の作品だけあって、演出に古めかしさがあるのは否めませんが、楽しく見ています。
放送当時、後藤久美子の出演が終わったあたりから何か月か目まで見たという記憶はあるけど、
はっきりいって主役が渡辺謙だったってこと以外、ストーリーに関してはなにも覚えていませんでした。
だから一度しっかりと見直したいなと思っていたところだったのです。

(歴史人物の中で、わたしが興味を持っている数少ない人物のひとりが伊達正宗。
春日局の総集編も見直したいのですが、こちらはDVDが出ていない模様。
ただしこちらは他の民放系のドラマを見たから一応ストーリーを読み返す意味では解決済み)

大河ドラマだから子どもたちが寝静まるのを待つ必要もないかな、、と、週末の夜9時半頃からおもむろにDVDの用意を始めたら、キキが「わたしも見たい!」と。
シナモンは早々に寝てしまいましたが、キキは最後まで一緒に見ていました。
翌日に続きを見て、DVD1枚分を見終えたところで、次を借りないと続きは見れないことを言うと、とっても残念そうだった、、そんなにはまったのかとこっちが驚きです。

総集編でも十分おもしろい。
ただ、ウィキペディアで調べると、当時の渡辺謙というのは「知名度の高くない若手俳優」という位置づけだったらしいですね。へー、そうだったんだ。
右目をなにで閉じていたのか(特殊なのり?)まではウィキペディアに書いていなくて、気になっています。
実際どうしてたのでしょうか?単にウインクの状態をキープしてただけってことはないと思うんですが。

気になる歴史人物の大河ドラマ総集編DVDをレンタルすることに、しばらくはまりそうです♪
posted by ナツメグ at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする