2013年11月26日

PTA本部役員抽選会

前回の記事で、子どもの登校時の旗当番のことを書いてますが、
その旗当番がまた今月の終わり(今週ですね)にやってきます。
キキが小学1年生の頃は約3か月に一度だったのが、だんだんサイクルが短くなってきて、ついに1か月半で回ってきました。
これって思いっきり少子化の影響。
ピーク時の小学校は各学年6クラスあったらしいですが、今はなんとか3クラスを維持している状態で、
これもシナモンが高学年になる頃に入学してくる1年生は、2クラスになってるんじゃないかと。
これが旗当番だけのことならいいんですが、、、

先日PTA本部役員の抽選があり、くじを引いてきました。
対象となる人は、全校生徒600人以上いるうちの、たったの70人弱。
いろんな家庭の事情やきょうだい分の役員をすでに終えた方などはすべて免除されます。
(子ども一人につき、役員経験一度が原則で、この「役員経験」にはクラス役員他、PTA本部役員とは比較にならないほど、まあ仕方ないか〜程度の仕事を一年任されるお役目が含まれています。)

少子化で子どもの人数が減ってる=役員をする保護者の数も減ってるんだから、
役員そのものの人数も減らせばいいんじゃないかと思うのですが、
増やすならともかく、減らすというのはなかなか難しいようで、議題にのぼったこともありません。

ちなみに、わたしはキキのクラスで一度役員をやりましたが、シナモンのクラスではじゃんけんで負けて役員になれず、まだやっていないので今回のくじ対象者でした。

本題に入るまでが長くなりましたが、厳正な抽選の結果、なんとか本部役員は免れることができました。
ガラガラくじを引く順番を決めた時点で、最後から10番目くらいだったので「これなら大丈夫かも!」とタカをくくっていたのですが、これがなかなかアタリが出ない!
で、わたしの順番のわずか2人前の人まであと一人の役員が残っていて、ドキドキしながら待つことになりましたが、
結局その2人前の方が最後のアタリを引きまして、わたしの前にいた方と「よかったですね♪」と喜びあいました。
(こういう時は全然知らない方とでも盛り上がる)

でも来年度のシナモンのクラスで役員ができないと、またこのガラガラくじを引くはめになってしまうので、
次の春にはぜひともクラス役員を射止めたいと思います!
じゃんけんが弱いから、「あみだくじで決めましょうー」と言い出すことがとりあえず目標です。(笑)
タグ:PTA 役員
posted by ナツメグ at 12:54| Comment(2) | TrackBack(0) | わたしのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする