2013年02月19日

おかあさん、おとうさん

先日、キキの小学校で「1/2成人式」というものがありました。
4年生=10歳なので、、ということらしいです。
ひとりずつ、授業参観に来ていたお母さん達に向けて、感謝のメッセージを発表してくれました。
(何を言うんだろうかとドキドキしてたんですが、わたしの心配をよそに、キキは予想以上にしっかりしたことを言っていて驚きました)

で、その発表の時に思ったこと。

コンセプトが両親に向けた感謝の気持ちってことだったので、「お父さんとお母さん」っていうフレーズが出てくることが多かったんですが、
語順が、例えば「お母さん、お父さん、いつもありがとう」っていうのが大多数でした。
これって、わたし個人的には驚きで。

わたしの子ども時代は、父母の語順は必ずお父さん、お母さん、
出席番号は、まず男子の1番から最後、次に女子の1番から最後、
例えば、身体測定とかがあれば、まず(クラスの)男子全員の後、女子〜、っていうのがごく普通でした。
男性があって、その次に女性、みたいな。
それとも、もしかしてわたしの地元だけだったのかもしれない?

キキの小学校では、出席番号はあいうえお順で、男女の区別はありません。
(男女が混ざっています)
背の順も基本的には男女区別されずに並んでいるようです。
(もちろん男子、女子で別れることもあるんでしょうが)

なので、わたしの中では「お父さん、お母さん」の順番がしっくりきます。
ここに、別にお母さんを低く見てるとか、そういう感情はなく、、、
単に言い回しの違いだけです。全く深い意味はありません。

でも最近の子は、お母さん、お父さんの方がしっくりくるのかな?
誰が教えたとかでもないんでしょうが、、
わたしの母に言わせれば、
「お母さん」が先に言われるのは(言い方は悪いですが)“かかあ天下”なのよ、と。
ええっと、、、うちは、うちは、、どうでしょう?!
(ちなみにキキも父母の語順は「お母さん、お父さん」)

時代の流れで表現の仕方が変わってくるのは、なかなか興味深いことですね。

応援よろしくお願いします☆
ラベル:小学生 作文
posted by ナツメグ at 12:48| Comment(4) | TrackBack(0) | わたしのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする