2012年06月25日

プッチンプリンづくりに初挑戦☆

週末に子ども達と一緒にプッチンプリンを作りました。

できあがり↓
201206_プッチンプリン.jpg
ぱっと見たところ、普通のプッチンプリンだけど、、、

201206_プッチンプリン3.jpg
でかっ!!

グリコのHPで見つけて、おもしろそうだと思って試しに買ってみたのですが、子ども達にも大好評♪
プリンをおなかいっぱいになるくらい食べられる機会なんて、めったにありませんから。
そしてこの先、しばらくはないと思いますが。(苦笑)

もともとお菓子づくりをほとんどしないので(わたしが)加減が分からず、超マニュアルどおりに進行。
手順どおりにしないと「プッチンができなくなります」「固まらなくなってしまいます」
という警告?が作り方に太字で書いてあったので、失敗が怖くてそれはそれはもう慎重に。

子ども達には材料を混ぜるのと型に流し込む作業をお願いして、
火にかけた液体を混ぜたり、カラメルを型に流し込む作業はわたしが担当しました。
プリン液を先に入れた型に、後からカラメルをそっと入れると、沈殿して見事に?型の底にカラメルが納まった時は3人で「すごーい!」と感動。
(プリンってそうやって作るって知りませんでした)

火にかけた熱々のプリン液を人肌に冷ますのに30分かかり、
冷蔵庫で冷やし固めるのに、さらに8時間!
昼食前に作り始めたプッチンプリンにありつけたのは、その日の夜の8時半過ぎでした。

一人ずつ手にスプーンを持ち、一口ずつ順番にプリンをすくっては食べ、すくっては食べ、、、
子ども達には至福の時のようでした。
大人は、もうそんなに食べられない。プッチンプリンだし。(笑)
201206_プッチンプリン4.jpg
ごちそうさまでした。

応援よろしくお願いします☆
posted by ナツメグ at 22:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

ふたたび、悩んでます。

前回の診察の後、もうかれこれ2週間前のことなんですが、最終的な先生との面談がありました。
前回のだ液検査と一緒に撮ったレントゲンの画像を見ながらの先生の最終的な診断です。

キキの骨格は、上あごが(標準位置より)前に出て、下あごが(標準位置より)後ろに引っ込んでいるという状況にあって、
これはつまり、この先矯正をしない限りは、自然に治ることはないそうです。

矯正することになった場合、上あごには固定タイプの装置を、下あごには取り外し式の装置を付け、
食事の時には取り外し式の装置は外し、
さらに食事の後にははみがき必須だと言われました。

重ねて、矯正装置を付けている期間は、キャラメル、グミ、おもち、果物のまるかじり、骨付き肉にかぶりつく、などの食事は一切禁止です。

先生の説明はわたし一人で聞いていたんですが、これらの注意事項を聞き、
「矯正治療は患者さんの積極的な参加なしにはありえません」との忠告(警告?)を受けた後、
わたしは激しく悩むことになってしまいました。

キキは、ほんの幼い頃から、自分が納得しない(できない)ことに対しては、親がいくら説得しても受け入れないという頑固な気質があります。
むずがゆって泣きやまない時、代わりのおもちゃを与えることで気分が変わる赤ちゃんがいますが、
泣いてる原因が根本から解決しない限り、代わりのモノで釣るといった作戦には一切乗ってこない赤ちゃんでした。
自分がやりたいと言ってはじめた習いごとはずっと続いているけど、
逆に、わたしが習わせようとする習いごとには話をしても全く乗ってこない。
ピアノ、水泳、かきかた、、、いろいろ気になることがあって誘ってた時期がありましたけど。

したくないことでも将来のことを考えて話せば分かってくれるかも?という期待もあったけど、
本人には、痛みはあるし(口内炎が必ずできる)、好きな食べ物は制限されるし(グミ&おもち大好き)、
給食の後の歯みがき必須だし(誰も学校で歯みがきなんてしてないらしく、はずかしい)、
これだけの苦行は、よほど本人が美しい口元にあこがれるか、親が鬼となって強制するか、
どちらかしかないと思うんですよね。

今でも習いごとと友だちと遊ぶ時間を確保するので結構忙しい日々を送ってるキキに、
この上、苦痛を増やしたくないというのがわたしの本音です。

わたしがこんな気持ちな時点で、歯列矯正は無理ですよね、、、。

キキには最終的にどうするか、近日中には確認するつもりですが、まだゆっくりと話はしてません。
本人が「やる!」と言えばスタートするだろうし、「やめとく」となれば今回は見送ることになるでしょう。

ちなみに前回のだ液検査では7万円弱の費用がかかりましたが、
歯列矯正を始めれば、さらにん十万円の支払いが必要なわけで、
全額を支払った後、矯正治療の途中でキキから「もう、やだっ!」と言われるよりは、ここでやめる勇気も必要かと、、、。
(自己都合で治療をやめる場合、支払い済みの治療費は一切返還されないらしいです)

今のわたしが歯列矯正するなら「痛み<美しい歯並び」の図式が成り立つけれど、
まだ9歳のキキにはそれはむずかしいかな、、、
世間のみなさんは、どうしてるんでしょうね?
こんな甘っちょろい考えでは、歯列矯正させる子を持つ母として、失格なんでしょうか??

応援よろしくお願いします☆
タグ:歯列矯正
posted by ナツメグ at 22:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 歯列矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

小学4年生女子のつぶやき。

キキです。
6月で、わたしがダンスを習い始めて、丸4年になりました。
わたしがダンスを習い始めたのは、保育所の年長組だった時です。
ダンス教室に入会する時に、お母さんから「本当にがんばるんだよね?」と念押しされました。
たぶんわたしがこんなに長くダンスを続けるとはお母さんは思ってなかったと思います。

3年生までは、学校の勉強が終わったら、放課後は学童保育に行ってたけど、
今はそれがなくなったから、放課後は家に帰ってから近所の公園でクラスの友達と遊ぶのが楽しいです。
今までは学童保育で一緒になる友達としか遊べなかったから。
その時は楽しく遊んでたけど、最近は今のクラスで仲良くなった友達と遊ぶ方が楽しいです。
習いごとがなにもない時は、いつもその友達と遊んでいたいくらいです。
夏休みには友達と一緒にプールに行く約束をしていて、お父さんが市民プールまで連れて行ってくれることになっています。
今からすごく楽しみです。

あんまりその友達と遊ぶのが楽しすぎて、最近ダンスがちょっとつまらなくなってきました。
今日もレッスンがあったんだけど、レッスンの時間になるまで友達と遊んでて、
「レッスンがなかったらずっと一緒に遊べるのにな」って思いました。
お母さんにわたしのそういう気持ちを言ったら、お母さんは
「キキが楽しくないんだったら、無理に続けなくてもいいよ」って言いました。
ゆっくり考えてみて、それでもやっぱりやめたいと思ったらそうしたらいいと思うので、
もうちょっと考えてみようと思います。
でもお母さんと話してたら、5年生の夏の発表会まではがんばって続けようかなという気持ちになってきました。
だから、もうちょっとがんばって続けるかもしれません。

それと、最近、クラスの友達と一緒に遊ぶのが楽しくなってきて、
その代わりに学童保育の時の友達と一緒に遊ぶのがあまり楽しくなくなってきました。
前に一度、わたしが「その日は遊べない」って断ったら、「なんでなん?」と言ってその友達が怒ったことがあって、
ますますいやになってきました。
このごろは、怒られたくないから、がまんして遊んでいます。
遊ぶ曜日を勝手に決められるのも本当はすごくいやだけど、それもがまんしています。
わたしがいなくても、3人で遊んだらいいのにと思うけど、
3人だったらすぐけんかになるから、つまらないって言います。
お母さんは、わたしがみんなの橋渡しの役になってて、
わがままを言う人がいたり、すねたりした人がいた時に、「まあまあ」と言ってなだめているから、
一緒にいてほしいんじゃない?と言っていました。

この前、お母さんが歯医者さんに行って矯正の話を先生としたそうです。
「どうする?」って今日きかれました。
矯正をすると、大好物のグミとかおもちとかが食べられなくなるから、それがいやだけど、
お母さんが「今の方が早く治りやすいよ」と言うから迷っています。
給食の後にはみがきをしないといけないのも、ちょっといやです。
お母さんがもうすぐ歯医者さんにお金を振り込まないといけないけど、もう少し考えてみていいよと言ってくれたので、
もう少し考えてみようと思います。

4年生は考えることが多くて大変です。

キキ(の心の声)

応援よろしくお願いします☆
posted by ナツメグ at 00:05| Comment(2) | TrackBack(0) | キキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

副班長、ひとりで電車に乗る。

今日から6年生が修学旅行に行ってしまったため、
繰り上がりで5年生が班長、4年生のキキは副班長に任命されました。
副班長の役目→ 班の一番後ろを歩いて、班全員を見守る。
ちなみに6年生が抜けた今朝のキキの班、全部で5人しかいません。(苦笑)
「たったそれくらいの班なら、副班長って言っても大したことないじゃん!」なんて
もちろん言ってませんよー
本人は至ってまじめに初めての副班長のお役目に緊張してましたので、、。

緊張した朝で始まったキキに、夕方にはさらに過酷な指令が。(指令元:わたしです)
急な残業で帰りが遅くなるため、いつもはお母さんが最寄駅まで一緒に通ってるオケイコに、
今日はひとりで行ってくだちい。←GANTZ風に
電話の向こうのキキの声は、明らかにテンション、ガタ落ちでしたが、
改札口を確認する声はしっかりしてたので大丈夫だろうと思い、電話を切りました。

駅まで自宅から歩いて〜、電車に乗って最寄駅で下車してオケイコまで、
全部ひとりで行けました!
これまで駅までだって一人で行ったこともないキキが、
今年の春までは、ひとりで留守番だってロクにできなかったキキが、、、!
成長したなあーとしみじみ。

きっとものすごくドキドキしたに違いない、でも絶対自信になったと思う、そんな貴重な経験を
今日一日で2つもしちゃったキキ。
よくがんばったね^^

応援よろしくお願いします☆
posted by ナツメグ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | キキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

すごいひと

先日、シナモンの担任の先生がご結婚されました☆
もう一人の担任の先生が書いてくださった連絡ノートによると、結婚された先生にあてたメッセージやイラストをそれぞれ作成したそうなのですが、
シナモンからのメッセージ↓

「シナモンも おおきくなったら すごいひとになります」

お祝いメッセージとしてこれはどうなの?というギモンはさておき、
(「も」って書いてあるから結婚した先生のことをすごいひとって思ってるってことかな?)
“すごいひとになる”なんて言葉が突然出てきてびっくり。

シナモンに聞いてみたら、「キヨハラみたいになりたい」んだそうで。
ええ、あの、元プロ野球選手のお方です。
シナモンの中では偉大な選手として映っている模様です。
(わたしは内心「イチローじゃあかんの?」と思ってますが^^)

去年までは「新幹線の運転手になりたい」って言うのが定番だったけど、
ここ最近は休日に野球観戦したり、だんなさまと公園で野球ごっこをしたり、
暇があれば選手名鑑を見てたり(笑)
すっかり野球小僧なシナモン。
どうやら将来の夢は「野球選手」に変わったみたいです。

応援よろしくお願いします☆
タグ:語録
posted by ナツメグ at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | シナモンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする