2012年02月28日

語録

学童保育で開催される「なわとび大会」に向けて日々練習を重ねていたキキ。
(練習は学童保育中に)
昨日、その大会が行われ、なんと前とびは787回も跳んだらしい。
時間にして15分くらい?
跳び終わった時(=引っかかった時)は足が疲れて歩けないほどだったそうです。
よくがんばったね!!

ところで、そのなわとび大会で使用するなわとび、ほとんどの子は学童保育にあるなわとびを使うらしいのですが、
中には“マイなわとび”じゃなきゃダメって子がいるらしいです。
そのため、マイなわとびで跳ぶ子は(なわとび大会を)別の日にやるんだよーっていう話をしてくれて。

「キキは学童保育のなわとびで大丈夫だったんだ?」との質問に

「うん!わたし、学童保育のなわとびをペットみたいにしてるから」

それって、それくらいなわとびを手なずけてるってこと?
なわとびを手なずける=自分のなわとびと同じくらい自分の手になじませてるという意味?
朝からキキの不思議な比喩に笑わせてもらいました。


応援よろしくお願いします☆
posted by ナツメグ at 12:55| Comment(4) | TrackBack(0) | キキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする