2012年02月15日

起きますよ?

シナモンが熱を出した夜、ふと気がつくと、

「のど、、、かわいた〜、、、」

とシナモンの声が。
熟睡してたけど、その声で飛び起きたわたし。
熱があるからのどが渇いたんだね、ちょっとまっててよ〜、とぶつぶつ言いながらキッチンへ行き、グラスに麦茶を入れてシナモンの元へ。

「はい、お茶持ってきたよー」

の声もむなしく、シナモンは完全に眠ってて。

あれ?もう寝ちゃったのかな、、、なーんて思いつつ、まあいいっかと気を取り直して、手に持ったグラスをキッチンに置きに行き、わたしは自分の布団へ。
たぶん10秒以内に眠ったはず。(なんにも覚えてない)

熟睡中のわたしに再びシナモンの声で、

「のどがかわいたー、、」

とシナモンの声が。
あー、ホラ、さっきお茶を飲まなかったからだね、はいはい、ちょっと待っててねー、とぶつぶつ言いながらキッチンへ。
で、さっきのお茶入りグラスを手にシナモンの元へ戻ると、

シナモン、熟睡中〜。

「ねえ、シナモン、お茶持ってきたよー」と声をかけてもピクリともしない。

まさかの寝言でした。

お茶のリクエスト(寝言)で2度も起こされて、はあぁぁぁと深いため息をついて再び眠りへ。(すぐに熟睡)
結局、この後3回目のリクエストがあったけど、さすがにその時はわたしの「はいっ、お茶持ってきたよー」の声のトーンの変化に気がついたのか、
シナモンもちゃんと起きて、お茶をごくごく飲んで再び寝ました。

それにしても、、、子どものこんな寝言にもしっかり反応する母性ってすごい。
こんなわたしでも、やっぱり母なんだわ!と。
目覚まし時計では、ここまでピシッと起きれないわたし、、ははは。


応援よろしくお願いします☆
ラベル:寝言
posted by ナツメグ at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | シナモンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする