2010年04月30日

手塚治虫記念館

今、期間限定で「トキワ荘のヒーローたち」というコーナーが設けられている手塚治虫記念館に行ってきました。
この催事のポスターに、トキワ荘にかつて住んでいた漫画家達の描いたキャラクターが描かれていて、そのポスターを見るたびにシナモンに「これ見たい〜」と催促されていたのです。

でも、予想はしてたけど、キキもシナモンも肝心の展示物には目もくれなかった・・・。
漫画が特別に好きな子どもなら別だけど、そうでなかったら、もう少し高学年じゃないと難しい展示かもしれません。
大人のわたし達にはとっても興味深い展示(この特別展示はもちろん、手塚治虫の常設展示も含めて)なんですが、結局そんな子ども達のおかげでゆっくり見ることはできませんでした(涙)

ちなみにここは手塚治虫の漫画が読み放題です。
(もちろん入場料は払わなくちゃいませんけど)
特に手塚治虫のファンっていうことはないけど、興味深く真面目に読んでみたい漫画はたくさんあります。
まずわたしが最初に読破してみたい漫画は「ブラックジャック」と「アドルフに告ぐ」かな・・・

展示物に魅かれなかった子ども達を鉄腕アトムのアニメ放送第一回を見せたりして(わたしも初めて見ました)、なんとかその場をつないでいたら、なんと突然アトムくんが来た!!

アトムと♪_20100429.JPG
子ども達、びっくりしながらもはしゃいでました☆
ちょっと恥ずかしそうにしてたけど〜

帰る前にアニメ工房の体験教室に行ってみました。
自分で書いた絵をアニメ風にして動かしてみたり、背景をつけてみたり。
その他、パソコンにもともと入っている手塚治虫作のキャラクターを動かしたり、色を塗ったり、話を編集したりもできました。
かなり簡単なものだったので、ふたりにはちょうどよい感じ♪
がんばって時間内に仕上げました!

アニメ工房_20100429.JPG

あまりにここが楽しかったのか、シナモンは「まだやりたかったのに〜」と帰る時ふてくされていましたけど。

いつか、家族4人で漫画を一日読みふけりに来てみたいな〜☆
そのためには、シナモンにある程度の漢字を読めるようになってもらわないといけませんー
何年先のことやら?!
posted by ナツメグ at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

お弁当×2

シナモンの通う保育所には毎月1回のお弁当日があるのですが、それがよりによって今日、キキの遠足と見事にバッティングしちゃいまして。
今朝はがんばってお弁当×2人分を作っての出勤でした・・・。

お弁当作りが全く苦じゃない人、
1つ作るのも2つ作るのも、作るなら同じじゃんって言う人、
いろいろいらっしゃいますが、わたしはお弁当作りそのものが苦手なので、2人分になった挙句には苦×2。

小学校に入学して以来、学童保育に通うキキのためにお弁当を作る機会が増え、以前に比べればそれでもマシになったとは思いますが、やはりお弁当を作らないといけない日の到来に喜べる日はまだまだ遠そうです。

さらに、なぜか今朝は思ったように体が動かず。
たった2人分のお弁当を作るのに、なんと30分以上かかってしまいました。
事前にはっきりと献立を立ててなかったのも敗因ですが、どうにも体が重くて。(いよいよ歳のせい?)
危うく遅刻するところだったですよ、危ない危ない。

でもそのうちふたりが成長して中学校、高校に通うようになれば、必ず毎日お弁当を作らないといけなくなるんですよね・・・。
毎日、2つ。
作れるんだろうか・・・今から憂鬱たらーっ(汗)
タグ:お弁当
posted by ナツメグ at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピアニカケース

久しぶり〜なハンドメイドネタです☆

小学校にキキが入学した直後から作った方がいいなあとは思いつつも、のばしのばしになっていたピアニカケース。
のばしのばしになっていた理由は、ずばり「一度学校に持っていったら、しばらくの間は家に持ち帰ることがないから」つまり、ケースの出番は、学期ごとに持ち帰るとして年間多くても6回なんですよね。

でもピアニカの形って昔から今も全然変わってなくて、本体が入ったプラスチックケースの持ち手は、手で握って持つことしかできない形状で、腕には掛けられない・・・
新学期はただでさえ荷物が多いのに、こんな時に片手をピアニカ一台に取られてしまうのは辛いから、いつも腕に掛けられる大きいバッグにピアニカをナナメに入れて持って行かせていました。

そんなキキから、ついに「ピアニカケース、作ってー」と直々にお願いされまして。
お願いされたら、もう作らないわけにはいかないということで、作ったのがこれ↓

ナツメグ_作品_ピアニカケース.JPG

この生地は、入学用品として作ったサブバッグと同じ絵柄なんですが、すごく気に入ってくれているみたいで、
せっかく作るから違うプリント生地を使おうかと思って聞いたら「あのバッグと同じのがいい♪」と言ってくれました。

実は、今回仕上がったピアニカケース、少し前に一度完成させて新学期が始まった直後にピアニカを学校に持っていく時に使ったのだけど、ミシンの糸調子が悪くて縫い目がボロボロだったんです。
その時はやり直す時間がなかったから、仕方なくそのまま使ってもらったのですが、
その縫い直しをするために、ケースだけ持ち帰ってもらって今回全ての糸をほどいてやり直しました。

バイアステープで肩掛け部分のふちどりをして、かわいく仕上がり、キキも喜んでくれたのでよかったです。
タグ:ピアニカ
posted by ナツメグ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

おにごっこ

週末、キキのお友達が遊びに来て、みんなで裏の公園に遊びに行くことになりました。
キキのお友達は全員小学2年生の女の子。
自宅にいたシナモンがこの機会を見逃すはずはなく、一緒について行くことになったのだけど〜

公園に着くなり、「何する?」とみんなで相談。
「じゃあ、おにごっこしようかー」の誰かの発言に間髪入れることなく、

「じゃあ、シナモンがおに〜!」

の掛け声で、女子4人は一斉に逃げた。
この掛け声の主がシナモンの姉のキキですからわたしもあきれました。

わあわあ言いながら逃げる女子4人、それを短い足で(笑)追うシナモン。
まあ身長差からして追いつけるはずはないのですが、それでも相手が女の子だからなのか女の子の方が疲れてシナモンが追い詰める場面も。
ところがそんな時には冷たく「たんまっ!」と言われてしまい、おに役を変わってもらえません。
(注)「たんま」・・・子ども達の間で一時的に遊びを休憩するという意味に使われていて、この掛け声を言われた時におに役にタッチされてもおににはならなくてよいことになっています。

男子一人で、しかも学年で言えば4つも下なんですが、この冷遇です・・・。(涙)

それでもすねることもなく、怒り出すこともなく、もちろん泣くこともなく、にこにこと女子4人を追いかけているんですよ、シナモンが。
けなげ。

本人が一応機嫌よく遊んでいるようなので、親のわたしからは特に何も言いませんでした。
挙句、最後まで誰もおに役を代わってくれないまま、おにごっこは終了。
おに役と逃げる役の両方にわが子がいたわたし、なんだかやりきれない気持ちになったのは言うまでもありません・・・。

泣かずにがんばったシナモンには、後でしっかりとほめてあげました。
キキには、いつかこういう場面で弟をおに役にするんじゃなく、守ってくれるようなお姉ちゃんになってくれることを期待したいです。
そのためには、わたしがキキにもっと愛情を注がないといけないのだろうなと反省・・・。
愛情は上から下に流れる(父⇒母⇒子ども@⇒こどもA)って言いますもんね。
がんばろうっと。
タグ:おにごっこ
posted by ナツメグ at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | キキとシナモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

くじ運

昨日、キキの小学校で授業参観がありました。
進級後、初めての授業参観につきもの、お母さん達ドキドキのクラス役員選出もあったのですが、
わたしは見事クラス役員に

外れました・・・。

クラス役員に外れてがっかりしてるなんて、なぜ?と思ったでしょうか?
本当はもちろんすすんで役員をしたいなんて思っているわけじゃないです〜
でも小学校に子どもが在籍している間に、1度は役員を経験しなくてはいけないという規則があって、どうせやるなら学年の低いうちに済ませておきたいと思っていたのです。

今回のクラス役員に立候補した人数・・・4人。
クラス役員の定数・・・3人。

ええ、外れたのはわたし一人ってことです。
くじ運、悪すぎました・・・。

今回クラス役員に外れたってことは、今年の秋にある本部役員の抽選対象になるってことです。
ここでもし大当たりしてしまって、PTA本部役員になってしまったりしたら・・・あぁ、考えただけでも恐ろしい!

なにせ仕事をしている身ですから、あまり仕事を休みたくないわけで。
でも聞いた話だと、本部役員は、かなり頻繁に小学校に出向いていかないといけないらしいのです。

で、さらに、もし運よく本部役員のくじに外れたとしても、今度は地区委員の選出が待っていまして。
こちらも、本部役員に続く大役なんですよ。
もちろん当たりたくはないのですが、実は今年度の地区委員の抽選には補欠に当たるという結果を残しているわたしです。
(幸い補欠からの繰上げになることはなく、本決定された方が今の地区委員をしてくださっています)

当たってほしくない役員には当たり(補欠でしたが)、
当たってほしいものには外れてしまうこのくじ運、今年の秋までになんとか解消されないでしょうか〜

くじ運が強くなりたいです!(祈)
posted by ナツメグ at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする