2010年03月30日

週末

ケーキデコレーション_20100328.JPG

先週末。

*地域の小中学生を中心に結成されたクラシックコンサートにおでかけ。
*市販のロールケーキを使って、キキとシナモンにフルーツと生クリームで好きなようにデコレーションしてもらって、みんなでそれをおやつに。
*キキの音楽の教科書に載っている「こいぬのマーチ」を家族4人で合奏。
*トランプ三昧。絵あわせ(要は神経衰弱)三昧。

こうやって書いてみるとそんなにいろいろ〜な感じでもない?
日曜日の夜の時点では、この週末は家族でいっぱい遊べてよかったなあと感慨深かったはずなんだけど。(苦笑)

こいぬのマーチの家族全員での合奏は初体験♪なかなか楽しかったです。
楽器は鍵盤(電子ピアノ)とタンバリンと木琴で、それぞれのパートを交代で演奏しました。
シナモンができる楽器といえばタンバリンくらい。やったことがなかったので、“うん(休み)パン(たたく)、うん、パン”の仕方をちょこっと教えたら、あっという間に要領をつかんだみたいで、すぐに上手にたたけてました。
(見事な親ばか発言ですね)
キキは鍵盤のパート1と2を春休み中に暗譜するのが宿題なのだけど、これももうあと少しでクリアできそうです。(1はもうクリアしている模様)

いろんなことに興味や関心をもってほしくて、初めて生のクラシックに触れる機会をもうけてみましたが、こちらの反応はいまいち・・・。
一応、最後まで着席はしていましたので、途中で「帰る〜っ!」とならなかっただけマシでしょうか。
会場で配布されたチラシ数枚に落書きして大半を過ごしていました。(苦笑)

ロールケーキのデコレーションは、親が何一つ注文をつけないで子ども達だけで自由に〜という発想でさせてみました。
つい「こうした方が〜」とか「あーっ、そんなにつけてー」とか、普段ならどうしても言っちゃいますので。
のびのび作った結果、いちごが多いケーキ(シナモン)、いちごが少ないケーキ(だんなさま)などいろいろアンバランスな仕上がりにはなったけど、子ども達はのびのびデコレーションできてイキイキしていました!
スポンジから作らないから短時間で仕上がるので、小さい子にはおすすめです☆

posted by ナツメグ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

心までぽかぽか

3月も終わりになろうかというのに、今週は雨が続いた上に、なんだか気温も低くて、一気に冬に逆戻りしたかのような天気が続いています。

そんな昨日。

保育所へシナモンを迎えに行き、シナモンとの帰り道。
手袋を持参するのを忘れて、すっかり冷え切ったわたしの手。
「ほら〜、お母さんの手、こんなに冷たいよー」と言うと、シナモンが興味深そうにわたしの手を取りました。
3歳のシナモンの小さな手は、あったかくてぽかぽかしています。

「うわあ、ほんとやー」
あまりの手の冷たさにびっくりして手を離すかと思いきや、しっかり手はつないだまま。

「お母さんと手をつないでたら、ほかほかのシナモンの手が冷たくなっちゃうから(手を離して)いいよ」
と言うと、

「いいよー、シナモンのあったかいのが、お母さんの手にいってー、お母さんの手があったかくなるから〜」と。

あまりにも愛おしくて、シナモンの小さな手をぎゅぅぅっと握り締めてしまいました。

子どもを持ったからこそ経験できるよろこび。感動。ぬくもり。
ありがとう。

ラベル:語録
posted by ナツメグ at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | シナモンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

フルーツフラワーパーク

週末の3連休。
前もって先の休日の計画をすることなんてほとんどない我が家なので、今回も何の予定もなし(笑)
でもそれじゃああまりにも子ども達がかわいそう〜ということで、急遽フルーツフラワーパークに行ってきました。

連休最初の2日は黄砂が吹き荒れて大変な天気でしたが、この日はおだやかないいお天気♪

最後にここに遊びに来たのは、シナモンが確かまだ1歳だったような・・・
その時は、ぶどう狩りに来たんです。

園内の噴水を眺めながら、持参した昼食を食べて腹ごしらえした後、まずはゴーカートへゴー!
ここのゴーカート、結構本格的でとてもおすすめです。
詳細は不明ですが(すみません)走行距離がかなり長いんです。
フルーツ狩りのできる農園のはるか向こうの方にまで道が伸びていて、ひとり留守番だったわたしは、あまりに遠くを走っている家族3人が乗っているゴーカートを見失うほどでした。

園内をひとしきりぶらぶら〜として、お決まりのソフトクリームを食べてから、今度は遊園地の方へ。

遊園地といえば観覧車♪なんだそうです。
キキもシナモンも観覧車が大好き。
4人で1000円也〜。

フルーツフラワーパーク_20100322.JPG

「いちごに乗りたい〜」というキキの淡い願いは外れ、ひとつ前のすいかに乗りました。

そんなにたくさんの乗り物には乗っていないけど、子ども達がどうしても乗りたい〜というものを選んで乗ったから、数は少なくても満足してくれたようです。
たくさん乗るより、思い入れのあるものに少しだけ乗るのが我が家流。
その方が楽しい思い出として記憶に残りやすいと思うんですよね。
(子ども達、まだ小さいですしね)

3連休の最終日でちょっぴり車は渋滞したけど、それでも所用時間は片道約1時間。
近場でこれだけ楽しめて大満足な一日でした☆

posted by ナツメグ at 12:56| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

ついに最終日

だんなさまが出張中でいないこの1週間。
大変でしたが、なんとか無事に最終日を迎えることができました。

一度30分寝坊してしまったけど、4時半起床を実行中だったおかげで、寝坊してもまだ5時・・・セーフッあせあせ(飛び散る汗)

ただね、今日はキキのお弁当日だったのだけど、用意していたデザート(果物)を冷蔵庫に入れたまま、持たせるのを忘れてしまいました。
きっと今頃残念がっていることでしょう・・・。

***


今日は卒業式で休校なのですが、学童保育はあるので、いつもの集団登校とは違い、学童保育のお友達との登校を約束していました。
わたしの出勤時間との兼ね合いもあって、少し早めに教室に着くだろうと予測したキキが、昨夜毛糸を切ってあやとりを準備していました。

1本ならまだしも、2本。

聞けば、登校した時に一緒に登校するお友達も一緒にできるように、とのこと。

いつのまに、そんなに思いやりのある子に育っていたのでしょう〜ぴかぴか(新しい)
(この程度で驚くくらい、普段は「・・・。」ってことですたらーっ(汗)

このあやとりを用意した後、結局もう一人お友達が加わることになったのですが、もう文章の展開読めますよね?

今朝、キキがもう1本追加であやとりを準備していました。
「2本しかなかったら、1人だけできなくてかわいそうだから」って。

その優しさを、ちょっぴり弟くんにも分けてあげましょうよ。(笑)

ラベル:あやとり
posted by ナツメグ at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | キキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

子ども達の成長記録

*キキが、学校から帰ってきて、自発的に勉強してる。(びっくり)
*わたしの残業が原因で、いつもより帰宅する時間が遅くなり「今日は勉強(自主学習)はできなくても仕方ないな」と思っていたのに、キキが自発的に勉強してる。(うそっ?!)
*入浴後、子ども達の体をひととおり拭いてあげて、先にリビングに行った子ども達。
後から遅れてわたしがリビングに行くと、パジャマに着替えてお茶も自分達でコップを出して飲んで、ぬりえをして待ってくれてた。(ありがとう)

キキとシナモンが、今回のだんなさまの出張中の数日間でずいぶん成長したなあと感じます。
同じ歳頃の子どもなら、別にこれくらいできていても当然〜っていうことかもしれないけど、今までできていなかったことが強制されずにやってくれているようになった変化が、キキとシナモンの母としてうれしいです。

だんなさまがいない=(家事)労働力がほぼ2分の1

の我が家なので、毎日家でてんてこまいになっている母を少しでも助けようと、自分達でできることはやろうとがんばってくれている子ども達の気持ちが伝わってきます。

わたしもその気持ちに応えるべく、毎朝の4時半起床続行中。
(子ども達と一緒に就寝して、早朝に片付けられることをやっています)

だんなさまの出張予定を聞くと、内心「え〜・・・また一人??」という気分になっていたけど、こんな子ども達の成長が見られるのなら、たまにはだんなさまの出張もいいかなというくらい、気持ちが変わりました。
(ただし1週間限定で)

子ども達に対して「早くなんでも一人でできるようになってくれないかなー」と長い間思ってきたけど、こうやって実際にやってくれるようになると「わたしのことを頼りにしてくれるのはあとほんの少しの期間なんだな」と、うれしい反面ちょっぴり淋しく思ったり。
フクザツな気持ちの母です。

応援よろしくお願いします☆
ラベル:成長
posted by ナツメグ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする