2019年11月11日

少し早めの〜

もうすぐ誕生日を迎えます。
毎年言ってますが、ほんとうに早いですね。

誕生日当日は、全員がばたばたして夕食にそろえないかもしれないということで、早めの誕生日会?ということで、だんなさまがインドカレー、しかもナンまで、手作りしてくれました。
ちなみにコールスローも。

だんなさまがインドカレーを作るのは実は2回目なんですが、これがなかなかおいしいんですよ。
わたしは、だんなさまが作るコールスローも大好きなので、ありがたくいただきました。

もちろん食後は誕生日ケーキを。
ケーキのリクエストはしたけど、まさか「Happy Birthday ○○○ちゃん」とネームプレートまでつけてもらうとは思ってませんでした。
なんか照れるじゃないか。笑
さすがにろうそくは年齢分の本数もらってませんでしたけどね。

家族4人で、ゆっくりとした食事ができてよかったです。
みんな、ありがとう♪
posted by ナツメグ at 12:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通塾のこと(前回のつづき)

最後に更新してから数日が経過いていたので、なにを書いていたか覚えていなかったのですが、塾をやめようとしてたことを記事にしてたんでしたね。
結論から言うと、塾は続けることになりました。

わたしとしては99パーセントやめることになると思って記事にしていたのですが、あの記事を書いた後の塾に行ったときに「やっぱり続けるわ」と言ってきたのです。
それなら、どうぞーということで、今も続けています。

話は変わりますが、共通テスト第1期生になるキキの学年は一体どうなるんでしょうか。
新制度に振り回されて、本気で共通テストを受験することを考えている生徒にしたら、大変迷惑な話で。
英語の外部試験が中止になったことは、とにかくよかったです。
キキの学校でも、テスト本番に向けてGTECで予行練習をすでに数回していたし、あと12月にも予定されていました。
過去の分はもう済んだことだからいいとして、12月分は中止になりました。
キキはたぶん共通テストは受験しないんですが(たぶんね)たとえそうだとしても、子どもの学年のことですから、無関心ということはありません。
むしろ注視しています。

個人的には、共通テストの記述問題もなくなればいいと思っています。
採点が不公平になるとか、自己採点がしづらいとか、そんなことは考えればすぐに分かりそうなものですが、、、
今の今まで問題になってなかったことが不思議なぐらいです。
ようやくこの問題に関しても少しずつ動きがあるようですが、どうでしょうか。
(多くの生徒が人生をかけて受けるテストの採点を大学生のアルバイトに任せようだなんて、本当にどうかしてると思う。)
posted by ナツメグ at 12:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

通塾のこと

今の塾に通い始めたのは、いつだったかな?
確か高校2年生になる前、1年生の終わり頃だったと思うのですが。

通塾を始めてから成績はどうかというと、まあぼちぼちって感じです。
よいときもあったし、あんまり、、なときもあったし。
むしろ、通塾きっかけというよりは、部活を始めてからの方が、めりはりがついたような気がします。

と言いつつ、「今回の中間テストはたぶん信じられないような点数やわ」とテスト終了直後からさわいでいたキキ。
信じられない=ものすごく悪い ←もちろんそれしか考えられない 苦笑
部活を始めてからと言ってもこんな具合で、テストの結果はいつも波があります。

さて今日の本題。
キキが塾をやめたいと言ってきました。
理由は、学校から出る課題の量が急激に増えたから、だそうです。
先日、修学旅行が終わりました。
学校からは高校2年生の修学旅行が終わったら、いよいよ大学受験をめざす時です、というような話を聞いていたので、そういうことかなと思っています。
キキにはその心づもりはなかったらしく、「なんか」「急に」「めっちゃ課題出してくるねん」ということのようです。

塾の日だった昨夜、本当なら塾に行く時間はないし、塾を休みたいところだけど、今日は行くってことで。
まさかの、上から目線??「休みたいけど、行ってあげるわ〜」的なニュアンスがただよっていました。なんでよ??

まあ、以前なら絶対「休む!」と言ってきかなかったと思うので、そこは親の気持ち(塾代を払ってること)を感じているのでしょう。

そうは言いつつも、結局、やる気のない、気の進まないことをしても、身につかないタイプです。
本人がいやいや塾に通っても、成績を上げたいという気持ちにつながってなければ、時間の無駄じゃないかと。
その気持ちのまま通塾しても効率もあがらないだろうし。

一応、やめたいという気持ちを速攻で受け入れるのはどうかと思ったので、「少し考えてみたら?」と優しく促して。
たぶんその気持ちが変わることはないと思うので、わたしは退塾の手続に走ることになるんでしょう。

今、2回分の振替授業の権利を持ってて(通常、これは長期休暇中に消化します。返金はなし。)それは使わないままの退塾となるともったいないなあという気持ちがあるのは否めませんが、、

あと、もう来月分の授業料の銀行引き落としが済んでるけど、それは返金に応じてもらえるのかとかいう心配ね。

部活を引退したら、受験勉強に本腰を入れてくれるかなと期待しています。
少し前に、親が主導する大学受験はやめようと気持ちを切り替えたから、今までならこんなことがあると慌ててましたが、今回は比較的落ち着いていられています。
posted by ナツメグ at 12:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

修学旅行、いまとむかし

キキが修学旅行から帰ってきました。
行先は北海道。
今の時期、出発前は服装に悩んでいたけど、行ってみたらトレーナーやカットソー1枚で過ごせる超快適な気候だったらしく、現地でのいろんなアクティビティ(乗馬、牧場体験、ラフティングetc.)もとても楽しかったみたいです。
帰ってきてから初めての週末は、現地で撮ったたくさんの写真や動画を見て一日を過ごし、全く勉強する気になれないと嘆いていました。

あちらではキチンとしたホテル(4人部屋、4ベッド)に宿泊。
もちろん各部屋にトイレと浴室があり(セパレート)バスタオルやベッドメイキング付。
学生団体向けのホテルというわけではなく、一般客も宿泊している立派なホテルだったようです。
ちなみに北海道滞在中はずっと同じホテルだったので、慌ただしい荷物の移動もなし。←これ、結構大事だと思います。

わたしの高校時代の修学旅行は、長野〜東京〜京都を、記憶では1週間で回る旅で、今考えるとその行程はかなりハードなような気がしますね。
移動に費やす時間がもったいなすぎる。
(ちなみに出発地は九州)
お宿はお世辞にもホテルとは言えない旅館?
ベッドなんかとんでもない、和室に布団です。もちろん大部屋。
修学旅行生をはじめとする団体客を泊める専用の宿みたいなところで、今回のキキの話を聞いていると本当に快適すぎてうらやましい。
大浴場での入浴しか選択できなかったので、浴室を使う時間がきっちりクラスごとに決められていて、シャンプーするのもままならない、とにかく慌ただしかった記憶しかありません。
(その記憶もすでにかなり薄れてますけど)

高校1年生の時のクラスメイトで2年生から京都に転校した友だちが、京都の宿泊先に会いに来てくれたということだけは鮮明に覚えています。

キキたちは、宿泊用の荷物(スーツケース)も旅行前に業者が自宅まで来て引き取ってくれ、ホテルまで運んでもらってました。
もちろん帰りも。
だから重たい荷物を運ぶことなく現地までも帰宅までも、らくらく〜な移動で。
それなのにどういうわけか空港までは送り迎えしたんですけど。←ほとんど手ぶら状態なんだから電車&バスでも行けるはず(鬼母)

修学旅行ひとつ取っても、時代は変わっているようです。 笑
posted by ナツメグ at 13:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月02日

9月もおわり

夏休みが終わり、9月に入って、あっという間にもう10月。
時の流れが本当に早いです。
特に母というのは、自分の予定以外に家族の予定を常に頭に入れて動いているし、そのスケジュールに合わせて必要な連絡を取ったり、準備をしたりしなくてはいけません。
自分の予定がなくても家族の誰かの予定によっては、自分が忙しくなることもある、、(汗)

9月はキキとシナモンの体育大会がありました。
もちろんそれぞれが別の日。
しかもどちらも平日だったという。
有給がどんどん飛んでいきました。

シナモンは中学初ということに加え、キキとは違う学校で見る体育大会だったので、見る方もドキドキでしたけど、だんなさまと二人で一日、楽しく見ることができました。
私立校らしく?テントも椅子も学校が用意してくださっていので、快適でした〜
肝心のシナモンの活躍はぼちぼちといったところでしたけど^^

キキが高校生になった去年は「あまり見に来る親はいない」とキキがいうのを真に受けて行かなかったのですが、今年は部活対抗リレーに出場するということもあって(来年だと3年生だから出場できない)今年はと思い立って行ってきました。
(ちなみに観覧している保護者は、予想以上にたくさんいた)
高校近くの陸上競技場が会場なので保護者は全員スタンド席から見るのですが、生徒の様子を見るにはいささか遠かったです。
(もともと視力が悪いわたしは、かろうじてカメラのズームで顔が分かる程度)
それでもクラス対抗リレーや部活対抗リレーでのキキの走りを久しぶりに見れてよかった!
クラス対抗リレーではアンカーを務め、予選の時はゴール前で前方の2人を抜く快挙も。
その結果、リレーの決勝に出場できました。

10月にはキキの修学旅行があったり、学校の中間テストがあったり、わたしのいくつかの定期検診があったりするので、これまたあわただしいひと月になりそうです。
体調を崩さないよう、元気に乗り切りたいと思います。
posted by ナツメグ at 12:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする